健康運動実践指導者になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

健康運動実践指導者になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

健康運動実践指導者になるには専門的な世界だからこそ、知識や技術を磨く以外に精神的な強さも大切です。仕事として続けるには向上心を持って粘り強く指導し続けられるかがポイント。求められる適性、健康運動実践指導者になるための学校選び、取得すると役立つ資格をまとめました。

健康運動実践指導者になるには何が必要?

健康運動実践指導者になるにはいくつか必要な要素がありますが、まずは体を動かすことが好きという気持ちが必要です。

健康運動実践指導者は小さいお子様からお年寄りまで幅広い世代の人に運動の指導を行います。事細かく教える必要があるので、自分の体で表現したりすることもありますし、体を動かすことが好きということが求められます。

アスレチッククラブやフィットネスクラブなどが中心になっているので、運動が苦手では話になりません。運動神経が抜群である必要はないですが、プログラムに基づき指導を行うので自分がしっかり動ける必要があります。

体の仕組みに興味がある人

健康運動実践指導者はあらゆる現場で健康作りの指導も行ないますが、生理学や解剖学などの体に関わる専門的な知識も理解する必要があります。人体の仕組みや働き、筋肉の動きについての知識をより深められることが大切です。

運動だけでなく栄養も含めた健康づくりの知識も習得する必要があります。人体の体の仕組みや健康に意識が高いことが健康運動実践指導者の仕事には求められます。

教えるのが好きな事も健康運動実践指導者には求められる

健康運動実践指導者は実際に指導現場に出て業務を行います。人と接する時間が長く、人によって健康状態が異なるのでそれぞれに教えなければいけません。様々な人を相手に何かを教えたり伝えたりするのが好きなことが健康的運動実践指導者には求められます。

体力も必要な健康運動実践指導者の仕事

健康運動実践指導者の仕事はかなりハードなので基礎体力があることは重要なポイント。フィットネスジムやクラブなどが勤務先になるので、体を動かして見本を見せたり指導をしたりと一日中動きっぱなしということもあります。

満足してもらえるように健康や運動を指導するためにも体が資本です。自己管理を怠らずに体調を崩さないようにすることも大切です。

健康運動実践指導者は資格が必要

健康運動実践指導者になるには、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団が認定する健康運動実践指導者の認定試験を受けて合格しなければいけません。そのほかの資格は必要ありませんが、資格をいくつか持っていれば一定の知識やスキルの証明になるので就職や転職の面で有利に働くことでしょう。

健康運動実践指導者として働く人が取得する資格で代表的なものは、必ず取得が必要な健康運動実践指導者の資格に加えて、NESTA-PFTや健康管理士などが挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

健康運動実践指導者になるには語学力が必須というわけではないですが、英会話などが堪能であれば仕事の幅が広がる可能性はあります。

場合によっては勤務先に外国人に健康指導する可能性もありますし、英語が話せればより正確に指導することができます。英語が話せれば健康運動実践指導者としてグローバルに活躍することが出来るかもしれません。

健康運動実践指導者に向いている人、適性がある人

健康運動実践指導者になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

根気強さは健康運動実践指導者の適性のひとつ

健康運動実践指導者に求められる適性としては、根気強さが挙げられます。健康運動実践指導者が指導する人は子供からお年寄りまで幅広いです。教えた相手が内容を理解できなくても根気よく説明をしなければいけません。

分かりやすい手本を見せることが出来るかどうかがポイントです。どんなことに対しても根気強く指導できる人は適性があるといえます。

笑顔で明るく振舞える人

健康運動実践指導者の仕事は多くのお客様を相手にします。どの仕事でも言えることですが、何事にも明るく元気よく振る舞える人が求められます。

フィットネスジムで指導する時に暗い担当者であればその人に指導してもらいたくないと思うはずです。笑顔で振る舞える人が健康運動実践指導者として適性があると考えられます。

向上心がある人も健康運動実践指導者向き

健康運動実践指導者は常に新しい知識を習得していく必要があります。勉強会や研修なども定期的に行っていることもあるので、積極的に参加して新しい知識を習得する向上心がある人は健康運動実践指導者の適性があります。

健康な人も健康運動実践指導者向き

体力は健康運動実践指導者として必要なことですが、それ以上に大切なことは規則正しい食生活や睡眠を心がけて自分自身が健康であることです。

病気がちな人や不規則な生活をしている不健康な人では、人が健康になることをサポートすることはできません。規則正しく生活していて心身ともに健康な人が健康運動実践指導者として向いています。

健康運動実践指導者になるための学校

健康運動実践指導者になるために学校に通うことは、自分と同じように健康運動実践指導者を目指す仲間に出会えることです。同じ目標を持って励まし合いライバルとして良い刺激になるでしょう。

専門的な体の作りや運動指導の基礎が学べる専門学校

健康運動実践指導者になるには専門学校で基礎知識を学んでから目指す人が多いです。健康運動実践指導者という資格を取得しなければ業務に就くことは出来ないのですが、その資格取得にも条件があります。

体育専修学校を修了することが一つの条件になっているので専門学校で学び、資格を取得するケースが多いようです。

カリキュラムやサポートを比較して学校選びを

健康運動実践指導者になるための専門学校は全国にあるのでどこの専門学校に通うかがポイントになります。学校によって様々なカリキュラムがあり、プロからの直接的な指導を実習として設けている場合もあります。より現場に近い雰囲気で吸収出来ることも多い直接指導は魅力的なので、カリキュラムを比較することも大切です。

専門学校の中でも就職サポートがしっかりしている学校であれば、卒業後の進路も安心です。学校によってもサポート内容は異なりますので、慎重に専門学校選びを行うことが大切といえます。

大学でも健康運動実践指導者になるための勉強が可能

健康運動実践指導者になるために学校に通う選択肢として大学を卒業して目指す人もいます。資格の条件にも体育系大学にて学校を卒業したものという条件があるので、大学卒業後に健康運動実践指導者になる人も多いです。

大学で健康運動実践指導者に関連する学科としては、スポーツ健康学科やスポートツトレーナー学科、スポーツ栄養学科などが挙げられます。

店舗で修業を積み健康運動実践指導者になることも可能

健康運動実践指導者になるには、健康運動実践指導者という資格を取得しなければ業務は出来ません。しかしフィットネスジムやクラブで店舗経験を積むことでも健康運動実践指導者になることはできます。

資格の受験条件として、3年以上運動指導に従事した経験がある人という条件もあります。働きながらスキルを身につけて試験を受けることも出来るのです。最初から現場に飛び込むことで、必要な知識を早く身につけることが出来るメリットがあります。

雇用形態としてはアルバイトでのスタートが多く、最初のうちは下積みのような仕事が続くと考えられます。しかし経験を積むことで受験条件を満たし、健康運動実践指導者として活躍することが出来るでしょう。

健康運動実践指導者になるには?まとめ

資格取得は必須。コミュニケーション能力や教えることが好きなひとは健康運動実践指導者向き

健康運動実践指導者になるにはコミュニケーション能力や教えるのが好きなこと、そしてどんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて、体力や向上心がある人は健康運動実践指導者の仕事で強い武器になると考えられます。

業務に就くには健康運動実践指導者の資格を取得しなければいけません。専門学校や大学に通って専門的な基本を学び、試験の受験資格条件を満たすことが大切といえるでしょう。

健康運動実践指導者の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 健康運動実践指導者
資格区分 民間資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

健康運動実践指導者の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB