チアリーダーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

チアリーダーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

さまざまなスポーツが行われる試合会場でチアリーディングの素晴らしいパフォーマンスを行う「チアリーダー」。そんなチアリーダーになるためには、いったいどのようなことが必要なのでしょうか?本記事では、チアリーダーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

チアリーダーになるには何が必要?

特殊な職業の一種だが、特に資格は必要ない

チアリーダーは一般的な職業に比べて特殊な仕事の一種となりますが、なるために必要な資格は存在しないといわれています。職業によっては国家資格や民間資格などの取得が求められますが、チアリーダーは誰でもなれる職業といえるでしょう。

また、チアリーダーには学歴が求められないといわれているため、高校を卒業してから就職することもできるようです。ちなみに、資格や学歴は必要ありませんが、美容関連の知識は身につけておくことをおすすめします。

というのも、華やかで美しいダンスを行うにあたって、メイク術や知識を身につけることも大切です。部活やダンススクールに通っていれば美容関連の知識を学ぶことができるので、しっかりと身につけておきましょう。

必須条件として「ダンス」ができなければならない

チアリーダーになるための必須条件として、「ダンス」ができることがあります。みなさんもご存じの通り、チアリーダーはスポーツの試合が行われる会場でダンスを行い、選手の応援や見ている観客を盛り上げることが仕事です。

そのため、ダンスができなければチアリーダーになることができないので、学校の部活や専門のダンススクールでダンスの技術を身につける必要があるでしょう。また、チアリーダーの採用オーディションでは、ダンスの実力だけでなく歌も審査対象となっているようです。

ダンスの腕を磨くのはもちろんのこと、チアリーダーになるためには歌の技術も身につけておいた方が良いかもしれませんね。

ダンス経験者であれば就職に有利になれる

ダンス経験者であれば採用オーディションでの合格率もアップするといわれています。ですので、将来チアリーダーとして働きたいという方は、今のうちから部活やダンススクールに通って経験を積んでおくと良いでしょう。

ちなみに、最近ではさまざまな学校でチアリーディング部が設置されているので、専門のスクールに通うことなく経験を積むことができます。中にはチアリーディングで有名な学校も存在するので、将来チアリーダーとして働きたいという方は、このような学校への進学や専門のダンススクールに通うことを検討してみてはいかがでしょうか?

18歳以上でなければチアリーダーになれない

チアリーダーになるための必須条件はダンスだけでなく、18歳以上でなければならないという年齢制限もあります。というのも、チアリーダーはスポーツの試合が終わるまでが仕事で、試合の進行具合によっては夜遅くまでかかってしまう場合があるため、労働基準法に従って18歳未満の方の採用は行っていません。

ちなみに、チアリーダーを採用する会社によっては、年齢の上限を設けているところと設けていないところがあるようです。上限を設けている場合は20代までとされているところがあるので、オーディションを受ける際は事前に採用条件を確認しておきましょう。

チアリーダーに向いている人、適性がある人

健康的な体で体力に自信がある

チアリーダーはキレのあるダンスやアクロバティックな演出を行うなど、体を使った仕事になります。そのため、本番に向けて練習もハードになりますし、本番では屋内・屋外を問わずダンスを行うため、十分な体力がなければ務めることができません。

ですので、健康的な体で体力に自信のある方であれば、チアリーダーに向いているといえるでしょう。日頃から体を動かすことが好きな方、または何かしらのスポーツ経験者で体力に自信があるという方は、ダンスの知識や技術を身につけることでチアリーダーになれるでしょう。

人前でも自然な笑顔を振る舞うことができる

チアリーダーは大勢の観客の前でパフォーマンスを行うだけでなく、終始笑顔を絶やすことなくダンスを披露しなければなりません。しかし、楽しい・面白いといった状況でなければ笑顔を作ることは難しく、緊張してしまいがちの方であれば笑顔を作っても引きつった表情になってしまうもの。

しかし、どんな状況でも人前で自然な笑顔を振る舞うことができる方であれば、チアリーダーとしての適性があるといえるでしょう。華やかでステキなダンスを披露するためには笑顔であることが大切なので、人前で笑顔を振る舞える方には向いている職業といえるでしょう。

人前で何かをすることに慣れている

チアリーダーに適性がある人の特徴として、人前で何かをすることに慣れている方には向いているといわれています。チアリーディングは大勢の観客の前でダンスを披露するため、緊張しがちな方の場合は練習通りのパフォーマンスができないでしょう。

ですが、人前で何かを行うことに慣れている方であれば緊張することもなく、自然体でダンスを披露できるでしょう。

過去にダンスや新体操などの経験がある

過去にダンス経験や新体操などの経験がある方は、チアリーダーとしての適性があり、向いている人の特徴となっています。経験者であれば基礎トレーニングを行う必要がなく、採用後からすぐに活躍できるので、即戦力として採用されやすいといった利点もあるようです。

チアリーダーの経験はなくても、ダンスや新体操の経験者ならなりやすい職業なので、得意分野や好きなダンスを生かした仕事に就きたい方は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか?

チアリーダーになるための学校・教室

チアリーディング部が設置されている学校

チアリーダーになる一般的な方法として、チアリーディング部を設けている学校への進学がおすすめされています。

ダンスの基礎・技術・技などを身につけることができるので、将来的に「チアリーダーになりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した部活が設けられた学校へと進学してみてはいかがでしょうか?

また、採用率を高めるのであれば、チアリーディングで有名な学校への進学をおすすめします。有名校であればより高度な技術や技を身につけることができるので、本格的にチアリーダーを目指している方は、このような学校への進学を検討してみてください。

専門のダンススクールに通う

すでに通っている学校にチアリーディング部がないという方は、専門のダンススクールに通ってみてはいかがでしょうか?

チアリーダーになるための基礎や技術を学ぶことができますし、人前でダンスを披露するといった経験もできるので、なるための必須条件を習得することができるでしょう。

またダンススクールなどでは人間関係や人脈を築くことも可能になりますので、チアリーダーとして実際に活躍し始める際にそれらの人脈が有利に働くようなことも考えられます。そういった意味でも、しっかりとチアリーダーの学校で学ぶことは重要になってくるのです。

チアリーダーになるには?まとめ

チアリーダーになるにはダンスの知識・技術が必須

チアリーダーになるには、ダンスの知識や技術を習得している必要があります。

採用オーディションではダンス経験者が優遇されるため、未経験では採用してもらうことができません。しかし、チアリーディング部に所属したり専門のダンススクールに通うことで、将来的にチアリーダーになることができます。

また、ダンスや新体操などの経験者であれば、チアリーダーの経験がなくてもなれるといわれています。ダンスの経験があれば資格や学歴不要でなれる職業なので、ぜひチアリーダーを目指してみてはいかがでしょうか?

チアリーダーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

チアリーダーの参考情報

平均年収100万円~150万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

チアリーダーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB