ロードレーサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ロードレーサーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

世界で活躍するスポーツ選手の中には、夢のような年収や年俸をもらっている人がいます。しかし、日本ではまだまだ認知度が低いロードレーサーたちの給与や年収については知らないことのほうが多いです。そこで、本記事ではロードレーサーの給与や年収事情についてご紹介していきます。

ロードレーサーの初任給

ロードレーサーに初任給という概念はないかも

ロードレーサーはそもそも会社勤めをしているサラリーマンのような職種と違い、常に同じ場所へ通勤を続けるというような生活スタイルではありません。もちろん、企業のチームに所属している場合ならば別ですが、ロードレーサーで獲得する給与となると話は別です。

そのため、ロードレーサーはプロ契約などによって余程安定した収入を得られない場合は、賞金などが主な収入源となります。ロードレーサーの収入形態を考えると初任給という考え方を当てはまることは難しく、そもそも収入を得られる段階も違ってきます。

それでも初任給を考えるのであれば、日本でプロのロードレーサーとしてデビューした選手をモデルに考えるほかにないでしょう。日本でプロデビューしたロードレーサーの初年度年収がおよそ250万円という例があります。この金額から単純に計算すれば、初任給は12万円から14万円前後ではないかと考えらえます。

会社が運営するチームに所属していると初任給という概念も出てくる

プロのロードレーサーとして活動するには大きく分けて2つのスタイルがあり、1つはプロ選手として有名チームと専属契約を結ぶ方法で、もう1つがロードレーサーのチームを持つ会社に就職し、働きながら選手活動に勤しむ方法です。

後者の方法であれば会社で仕事をした分は給料をもらうことになるので、入社してはじめの月にはもちろん初任給をもらうことになります。会社によって額は異なってきますが、一般企業で支給される額と同定額と考えるのがいいでしょう。

たとえば、ゲームディベロッパーでゲーム開発を行っている株式会社マトリックスだと初任給は約18万円ほどのようです。

ロードレーサーの平均給与

プロとして活躍するロードレーサーの年収は高め

ロードレーサーの平均給与は、全日本実業団自転車競技連盟などの年収データから考えると月給およそ34万円ほどになると思われます。この額は全日本実業団自転車競技連盟のJプロツアーに該当する22のチームを元にしており、プロ専属だけでなく企業に勤めながら活動する選手の額も含まれています。

企業チームに所属して活動するロードレーサーは、練習時間以外はその企業で普通に仕事をしており、チームを持つ企業はサイクルスポーツマネージメント株式会社や株式会社シマノなど名の知られた企業であることが多いこともあり、自然と給与は高めとなっています。そのため、一般的なサラリーマンの給与よりも多い場合もあります。

一方で、専属契約によってプロとして活動するロードレーサーは、仕事以外の時間はほぼ練習時間に充てられます。実力が付いて各レースで入賞などすればそれだけ獲得できる賞金額も増え、給与も自然と増えていきます。しかし、成績が悪ければ当然契約の打ち切りもあるため、収入の安定性は低いと言わざるを得ません。

ロードレーサーのチームは資金源集めに四苦八苦

日本のロードレーサー人口は2019年ではすでに30万人は存在していると言われており、一時期に比べると圧倒的に人口が増えています。しかし、それでもロードバイクが盛んな欧州に比べるとまだまだ認知度が低く、プロとして活躍している人もわずか一握りと言われています。

競技人口の問題もあってプロ選手がなかなか出現しない部分はもちろんありますが、それ以外にもチームとして運営していくための資金源も悩ましい問題として常に付きまとっているようです。

ロードレーサーがプロとして十分に活動するための資金は、各チームのマネージャーがスポンサーから必死に集めているお金で賄われていることが大半です。スポーツ選手のユニフォームや使っている道具などに企業ロゴが貼られているのを見るかと思いますが、あれはスポンサー費用をもらった代わりにPRをしているという訳です。チームの中には企業ロゴが見えやすいように胸のジッパーをゴール時に上げるなど、スポンサーにとってプラスになるような努力をしているところもあるようです。

こうした努力も虚しく、やはり認知度が上がらなかったり成績が悪かったりすると、すぐにスポンサーは離れていきます。そのため、企業が運営するチームでない場合は、スポンサーが離れた途端に経営が難しくなり、チーム名の変更や吸収・合併・消滅などを繰り返すことも珍しくないと言われています。

大会で好成績を収めれば給与にもプラスされる

資金集めはプロ選手にとって切っても切り離せない問題ですが、反対に大きなレースで優勝して賞金を獲得すれば、その分だけチームに入る額も多くなるので給料にもプラスになることがあります。また、成績を伸ばしたり世界から注目されるようなことがあり、チームに金銭的なプラスがあればおのずと給与も上がる可能性があります。

ロードレーサーの平均年収

年収でみるロードレーサーの懐事情

日本人ロードレーサーの年収は、全日本実業団自転車競技連盟などに所属する選手のデータを参考にすると380万円から1,000万円以上という金額になることが予想されます。

たとえば、日本人ではじめてチーム・バン・サイクリングに所属し、2006年の日本選手権のU-23部門で優勝を果たした新城幸也選手の年収は、当初300万円未満だと言われていました。

しかし、その後に彼は誰もが一度は名前を聞いたことのある「ツール・ド・フランス」に出場し、現在は資金力を持つチームと契約しています。そのため、現在の年収は2,000万円を超えているとも言われています。

世界クラスのロードレーサーが獲得する年収は桁違い

日本のプロに対して欧州を中心にしたプロのロードレーサーたちの注目度は大きく違い、契約金による年収の額もとびぬけています。

たとえば、現在世界のトップに君臨するとされている選手だと、およそ6億円の年俸契約を交わしています。ロードレース最大のレースである「ツール・ド・フランス」の賞金総額は約3億円となっており、この額のおよそ2倍となっているのがわかります。

ただし、この年俸を実現しているのは、契約している選手が所属するチームの資金源が豊富であることに加え、選手自体もツール・ド・フランスで3連覇を実現し、ブエルタ・ア・エスパーニャという有名な試合でも総合優勝するなど常人では成しえない偉業を達成しているからこその額となっています。

そうはいっても欧州には高額契約を交わしているエース級の選手は多く、1億円から5億円の間で契約している選手も多数存在しています。また、チーム内でアシストを担当する選手でも、名の知られた選手ならば1,000万円を超える年収となっており、平均すると世界のロードレーサーたちはおよそ2,000万の年収をもらっているようです。

他のスポーツと比べるとロードレーサーがもらう年俸は少ない?

世界的な活躍するロードレーサーだとおよそ6億円もの年俸をもらっていますが、他のスポーツ選手と比べるとどれぐらいの差があるのでしょうか。

まず、世界的なスポーツであるサッカーだと、欧州のサッカーチームの代表格でもある「レアルマドリード」などで活躍する選手になると、年俸はおよそ39億円になります。日本人でも活躍している選手だとおよそ6億円程度となっており、ここまできてやっと世界で活躍するロードレーサーと同じ年俸となっています。

また、メジャー野球で活躍する選手ならばおよそ約40億円、バスケットボールだとおよそ43億円の年俸契約をしている選手がいます。これらのスポーツに比べると、ロードレーサーで得られる額はちょっと少ないというのが正直なところです。

ロードレーサーの給与・年収まとめ

スタープレイヤーになれば年収アップも夢ではない

ロードレーサーは企業チームに所属していれば一定の給与をもらえますが、専属契約だと年俸制になっていることが多いです。

そのため、年収額は一長一短ですが、多い場合は1,000万円になることもあります。ただ、選手生命や契約打ち切りのリスクを考えると、安定した収入というのは難しいでしょう。

ロードレーサーの参考情報

平均年収380万円~2000万円
必要資格
  • UCIライセンス
  • JCFライセンス
資格区分 免許
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ロードレーサーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB