アスレティックトレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アスレティックトレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アスレティックトレーナーは、世間的にはまだまだあまり知られていない職業ですが、需要は増えつつある仕事です。アスレティックトレーナーの仕事は、スポーツ現場などにおいてケガの処置をしたり、高齢者の健康づくりをしたりと様々です。本記事では、アスレティックトレーナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

アスレティックトレーナーとはどんな仕事?

運動や健康管理に関する専門家をアスレティックトレーナーと呼ぶ

アスレティックトレーナーは、怪我の予防やリハビリのメニュー作成など健康管理からメディカルという医療系に関する指導やサポートするのが主な仕事です。

しかし、職場によって、アスレティックトレーナーとコーチを兼任する場合や、ジムなど選手ではなく一般の人を応対する場合にインストラクターとアスレティックトレーナーを同時にしていることもあります。職場によっては国家資格が必要になってくる場合もあるので、どこでも働けるように国家資格を取得しておく方が良いです。

アスレティックトレーナーの仕事は内容が多岐にわたり、ハードな仕事内容だからこそ精神的にもタフでないと働き続けるのが厳しい世界です。選手と一緒に炎天下の中、外にいる場合もあるので、自身の体調管理も気を付けておかないといけません。

現場に目を離さず、常に見ておくことが大事

勤務する企業や就職場所によって、対応する年齢も変わってきます。特に小学生や中学生のチームのアスレティックトレーナーとして働いていく上で、急なトラブルにすぐに応急処置できるように、一人だけではなくチーム全体に配っておかないといけない仕事です。

判断力から決断力、さらに即座に行動できる能力が求められる仕事

選手のサポートを行うアスレティックトレーナーの仕事は、選手達、ひとりひとりに対して、目をくばりながら、選手の変化に気づいて即座に行動できる能力が求められます。

選手の精神状態や、体の異変に対して、出来る限り早く、どうしたらよいのか判断して決断する力はアスレティックトレーナーに求められる能力です。

向上心が活かせる仕事

スポーツの世界のルールが変わるというのはよくあります。競技の内容が変わった場合などに今までの情報を主にトレーニングを組むのではなく、自分が携わっているスポーツに関してなんでも調べようとする向上心はアスレティックトレーナーに活かせるでしょう。

さらにアスレティックトレーナーはスポーツ以外にも医学についても知っておくべき知識が増えていきます。どんな情報でも選手やチームの役に立ちそうな内容にアンテナを張り、自分の知識や技術が向上させていこうとする心意気は働く上で役に立つでしょう。

アスレティックトレーナー具体的な仕事内容

アスレティックトレーナーの仕事は幅広い

アスレティックトレーナーの主な仕事内容として下記が挙げられます。

  • コンディショニング
  • リハリビテーション
  • 健康管理
  • アドバイスや指導
  • 怪我や後遺症についての予防
  • 応急処置

他にも、小さい所なら組織運営に関してもコーチやドクターと共に、協力していく場合もあります。スポーツの内容、あるいは企業によって、しなければいけない仕事は上記以外にも沢山あります。

アスレティックトレーナーの主な仕事内容について

上記に挙げた主な仕事内容についてさらに詳しく説明していきます。

健康管理というのはスポーツ選手やアスリートの体調など詳しく聞いたり、疾病にかからない様に予防をするなど常に健康を保持できるようにサポートすることです。健康管理を行いつつ、怪我の予防を行うなども健康管理の仕事のひとつといえます。

また、コンディショニングは筋力やパワーを向上させたり、スポーツに関する身体的な準備を整えさせトレーニングを手伝う、あるいは上記に挙げた通りアドバイスや指導を行ったりします。

そしてリハビリや後遺症の予防、応急処置は、いざ怪我をしてしまった時に出来る限り早く復帰できるようにサポートすることが業務内容となっています。出来る限り怪我をしないようにサポートするのがアスレティックトレーナーの業務でもありますが、いざという時にも支えてあげるというのも大事な業務といえるでしょう。

専門知識が求められる仕事

人間の体、運動の知識、スポーツに特化した医学の知識から怪我などの外傷などの医療関係の知識まで、高度な専門知識がアスレティックトレーナーには求められます。他にも選手のメンタルについてサポートできるように心理学についても学んでおく方が良いでしょう。

アスレティックトレーナーとコーチを兼任している場合には、指導者としての知識やトレーニングの内容を決めるための知識など想像以上に専門知識が問われる仕事です。

アスレティックトレーナーの仕事先は様々

アスレティックトレーナーを目指す人にとって、専属トレーナーになるのが夢である人もいます。しかし、すぐに専属トレーナーになるのは難しく、他の会社でアスレティックトレーナーとして働いて実績を積み重ねてから、専属トレーナーとして採用されるケースが多いです。

スポーツと医療の知識をフル活用してサポートする仕事は、経験も必要になってきます。また資格を取得する際にも、各都道府県のスポーツ団体に認めてもらう必要があるので、専属トレーナーを目指すなら実績を残していく必要があります。

またアスレティックトレーナーとして活躍する人のほとんどの人が、新卒での採用より経験者として雇われているケースが多いです。

専属トレーナーで働く場合

専属トレーナーの場合、選手のメンタルケアから、食事や栄養についても考えることが必要です。絶対ではありませんが、出来るなら料理や栄養学についても学んでおくと良いでしょう。

またアスレティックトレーナーの仕事は実業団のプロの専属トレーナーになる以外にも、整形外科医で国家資格を活用して、仕事している人もいます。複数のチームのかけもちをしている人や、ジムやフィットネスクラブでのトレーニング指導の仕事など就職先は多数あります。ほとんどが、兼任で雇われる場合が多いです。

派遣という道も有り

アスレティックトレーナーの仕事は、アスレティックトレーナー専門でやっている人より兼任で働いている人が多数います。

ですが、アスレティックトレーナーとしてメインで働いていこうとしている人は、アスレティックトレーナーを派遣する会社に就くことで、アスレティックトレーナーの仕事を主に出来る仕事先へ配属してもらえる可能性が高いです。

アスレティックトレーナーの仕事のやりがいや魅力

様々な人に頼りにされることがアスレティックトレーナーのやりがいのひとつ

スポーツから医学まで精通しているアスレティックトレーナーは、様々な人に頼りにされる存在です。主な治療はドクターがしますが、そのあとのリハリビテーションについて、サポートする本人から家族とも話し合いをするのもアスレティックトレーナーです。

自分の知識や技術が、チームや選手、あるいはお客さんにとって頼りにしてもらえることで有効活用できるのもアスレティックトレーナーのやりがいです。

選手が活躍、あるいはサポートしたことにより良い結果をだせた時

アスレティックトレーナーとして、今までサポートしてきたチームが活躍した時がアスレティックトレーナーとしての仕事に魅力を感じる瞬間です。

献身なサポートを重ねて活躍するところを目の前でみられるというのは、いままでの支えてきた努力が報われるというのが魅力のひとつではないでしょうか。

一緒に喜び、感動できる瞬間を共有できるのも魅力のひとつ

他にも、職場の環境でリハリビテーションをメインにサポートしていたなら、リハリビから動けるようになる瞬間や選手が怪我からの復帰した際、選手はもちろんアスレティックトレーナーも嬉しい瞬間といえるでしょう。

特に個人の専属トレーナーとなると、一緒にいる機会が多くなるからこそ、試合での悩みにも相談に乗ってあげることやアドバイスしてあげることもあります。その分、選手がいままでの悩みや苦労を超えて、活躍していく姿を近くでみて、一緒に喜び、感動できる魅力のある仕事です。

アスレティックトレーナーの仕事内容まとめ

アスレティックトレーナーは地味な経験と高いコミュニケーション能力が求められる仕事

アスレティックトレーナーに必要な資格でもスポーツ団体に認めてもらえる実績を積むには、地味な経験が大事になってくるでしょう。さらに色々な人のまとめ役としてアスレティックトレーナーの仕事内容をこなすためにも高いコミュニケーション能力が必要になります。

人の支えになれる仕事をしたい、スポーツが好きな人にとって、頼りにされることや良い結果が得られた時は、アスレティックトレーナーという職業のやりがいや魅力を感じることができるでしょう。

アスレティックトレーナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格
  • JATAC-ATC
  • JASA-AT
資格区分 民間資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アスレティックトレーナーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB