販売促進になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

販売促進になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な販売企画のプロ、販売促進になるには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事で販売促進に必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

販売促進になるには何が必要?

販売促進になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは観察眼を持っていることが求められます。自社の分析に限らず、他社の売り上げやキャンペーン内容など世の中の流行りを分析してコスト面で抑えた効果を生み出す企画を考える必要があります。

商品がヒットした理由や世の中が求めている物など幅広く疑問を掘り下げていくことが販売促進の仕事には求められます。鋭い観察眼がある人は自社の商品に最適な売り方を見つけることが出来ると考えられます。

企画力が販売促進には欠かせないもの

販売促進の企画内容は企業によっても異なりますが、こうしなければいけないという決まりはありません。芸能人を起用してPRイベントを行うことや、展示会や実演販売会で直接説明する手法などいくつも方法があります。スタンプラリーやノベルティのプレゼントをすることで注目されるようにするなど幅広い方法があります。

販売促進の企画は自由であり、結果的に売り上げに繋がることが一番大切です。売り上げに繋がるような面白い一風変わった企画を提案することも販売促進の仕事には求められます。正解がないので悩みも不安も大きいですが、普通の人が考え付かないような新しいアイデアを生み出すことが得意な人にとっては挑戦できる仕事内容になります。

他とは異なる企画アイデアを出せる人が販売促進の仕事には求められるのです。

コミュニケーション能力も販売促進の大切な要素

販売促進の仕事に求められるのはコミュニケーション能力も一つあります。商品のキャンペーンを通して多くの人と連携をすることが多いので広報や営業はもちろんですが、マスコミやイベント会社、タレント事務所など多彩な業界の職種の人と円滑なコミュニケーションを行います。

キャンペーンやイベントの日には多くのスタッフに指示を与えることもあるので、基本的なコミュニケーション能力は必要になります。あまり知らない人にでも問題なくコミュニケーションが図れる人が販売促進の仕事に求められます。

体力も必要な販売促進の仕事

販売促進の仕事は意外とハードなので基本的な体力があることも大事です。新商品の販売促進の為のデータ収集や分析、企画案の作成や会議への出席と販売促進の1日は休む暇もありません。勤務先によっては早朝から出社してイベントやキャンペーンの準備などを行い、夜残業することも多くあります。

世に出す売れる商品を企画するためにも体が資本です。自己管理を行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないが販売促進に関する資格があるほうが有利

販売促進の仕事を行うには必ず何かの資格を取得しなければいけないことはありません。それでも資格を持っていればスキルや知識の証明にも繋がるので、転職の際に有利に働くことはあります。スキルアップでより収入を得たい人などは資格の取得をすることもおすすめです。

販売促進の仕事をする上で取得すると便利な代表的な資格は販路コーディネータやリテールマーケティングが挙げられます。

販売促進に向いている人、適性がある人

販売促進になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

リーダーシップは販売促進の適性のひとつ

販売促進に求められる適性としてまずはリーダーシップが挙げられます。販売促進の仕事は商品を売り出すために企画を作成して営業や広報と連携をとることも多くあります。その中で販売促進が営業や広報に指示を出すことも多く何にもの人に伝えることもあるのでリーダーシップが求められます。

イベントやキャンペーンの日にも多くのスタッフに指示やアドバイスをすることもあるので販売促進の仕事でリーダーシップを発揮できる人は適性があると考えられます。

販売促進は数字の強さを活かせる仕事

販売促進の仕事では数字に強い人が仕事の適正があると考えられます。新商品の販売促進のためのデータ収集や分析は、日常的な販売促進の仕事で地味な作業の繰り返しであることが多いです。

集めた情報を多くの統計手法で分析して解析ツールにて解析を行います。数字が多く出てくる手間のかかる作業であることから、販売促進の仕事には数字に強い人が適性があるといえます。

流行に敏感な人

販売促進の仕事には分析や調査を日常的に行うことがありますが、情報収集ということを考えると普段の生活でも価値観や社会の変化について情報を集める必要があります。

流行りのお菓子や食べ物、アクセサリーや会話やキャッチフレーズ、政治や経済の変化までもすべてのジャンルにおいてアンテナを立てて新しい動きを先読みすることが大切です。

プライベートでも仕事のことは片隅において生活しなければいけないので負担の大きい仕事ではありますが流行に敏感でミーハーな人ほど販売促進の仕事は向いています。

想像力が豊かな人も販売促進向き

販売促進は集めた情報や調査の結果から新商品のコンセプトを練ることも仕事の一つです。流行りの理由やキャッチコピーが心に響く理由、顧客や社会が求めている事を考えて、求めているものを反映させた商品を作るのであればどのようなものが良いか思い描く必要があります。

日ごろからあらゆることに対して疑問に目を向けている想像力の豊かな人は販売促進に向いていると考えられます。

出張や残業が苦に感じない人

販売促進の仕事は新商品の発売日の直前から忙しくなることが一般的です。全国で開催されるキャンペーンやイベントの場合には出張することも多く、休みが取れないこともしばしばあります。芸能人を起用して大きくキャンペーンを行う場合にはかなり忙しくなり、夜遅くまでの残業が必要になります。

多くの人が定時で帰りたいという気持ちがあると思いますが販売促進の仕事は残業も多く忙しい日には特に定時で帰れるわけではないことは覚えておきましょう。残業や出張に関してやりがいを感じて苦に感じない人が販売促進の仕事には向いています。

販売促進になるための学校

販売促進になるために学校に通うことは、自分と同じように販売促進を目指す仲間に出会えるということ。お互い切磋琢磨し、励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

マーケティングの基礎が学べる専門学校

販売促進になるには専門学校にてマーケティングを学ぶ人が多いです。職業柄、流行りや広角的な知識が必要になるので、世の中についていることも大切です。

専門学校に通うことにより消費者のニーズのつかみ方や流行り、情報収集など販売促進に必要な知識を身に着ける事が出来るのも大きな魅力です。専門的に販売促進について学ぶことが出来るのが専門学校の強みであると考えられます。

カリキュラムを比較して学校選びを

販売促進になるための専門学校は全国にあるので選択肢は幅広いです。学校によっては講義だけでなく、販売促進の情報収集や分析に関する実習を取り入れている専門学校もあります。

現役の販売促進から直接的な指導が受けられたり現場の雰囲気で学べたりする授業を行っている学校もあるでしょう。それぞれ学校によってカリキュラムが異なるので自身の理想とする販売促進になるために比較して専門学校選びをしましょう。

大学やでも販売促進になるための勉強が可能

販売促進の仕事をするための選択肢として専門学校に通う以外には大学でマーケティングを学ぶことも挙げられます。

以下のような学部の場合は、販売促進を目指すためのカリキュラムが用意されていることがあるので詳しく確認すると良いでしょう。

  • 経済学部
  • 経営学部
  • 商学部
  • ビジネス学部

販売促進になるには?まとめ

資格があればベター。まずはコミュニケーション能力や観察力と体力が販売促進を続ける原動力に

コミュニケーション能力とは観察力、体力。販売促進の仕事をするには残業や出張が多くても続けられる力が必要です。加えて想像力や企画力がある人は分析や調査も行う販売促進の仕事で強い武器になるでしょう。

未経験でも仕事に就くことは可能ですが、資格を取得しておくと有利に働くことはあります。自身の理想とする販売促進像を目指して資格の取得をしてみてはいかがでしょうか。

販売促進(セールスプロモーション)の参考情報

平均年収300万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

販売促進(セールスプロモーション)の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB