ドラッグストア店員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

ドラッグストア店員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

ドラッグストア店員は、どのような資格を取得していると有利に仕事をすることができるのでしょうか。本記事では、ドラッグストア店員に役立つ資格や取得しておきたい資格などについてご紹介します。

ドラッグストア店員に必要な資格とは?

ドラッグストア店員に必要な資格は特にありません。資格がなくてもドラッグストア店員に必要なスキルが備わっていれば、ドラッグストア店員として活躍することができます。

ドラッグストア店員に必要なスキルは次の通りです。

ドラッグストア店員に求められるスキル

ドラッグストア店員には資格よりも店舗を経営するスキルと、お店での接客スキルが必要になります。2つのスキルがしっかり備わっていれば資格を持っていなくても1人前のドラッグストア店員として活躍することができます。

接客対応

ドラッグストア店員はさまざまなお客さんに対して気持ちよくお買い物をしてもらうために、接客対応が求められます。最近では、海外観光客のお客さんが日本の日用雑貨を求めて来店することがあります。このようなお客さんが来店した時は、丁寧に接する必要があります。

接客対応を雑にしてしまうと、クレームが入ってしまうだけでなくアルバイトスタッフのお手本にならないので、日頃から丁寧な接客対応を心がける必要があります。

分析能力

お店によって売り上げ商品が異なります。どのような商品を売るとお店の売り上げに貢献できるのか、そのお店の立地状況を考慮した上で、どのような商品を発注するか検討しておく必要があります。

分析を間違えてしまうと売り上げの足を引っ張ってしまうため、売り上げに直結した発注を行うことがドラッグストア店員に求められます。

判断力

忙しいお店になると、状況に合わせた判断を行う必要があります。レジの混雑状況や売り場状況を判断し、アルバイトに指示を出すこともあります。

的確な指示を行うことができなければ、お店の売り上げを大きく低下させてしまう要因につながるので、社員としてドラッグストア店員で働きたいのであれば、瞬時に判断できるスキルを身につけておきましょう。

美術センス

ドラッグストアではお手製のPOPを作り販促をあおることもあります。美術のセンスがなければ見栄えの良いPOPを作ることもできません。美術センスがあれば、センスの高いPOPを作ることができるので、お店で任される仕事の幅も広がるでしょう。

このように、資格がなくてもさまざまなスキルを持つことでドラッグストア店員として活躍することができます。

キャリアアップを考えるなら登録販売者の資格は取得したい

ドラッグストア店員に資格は必要ない仕事ですが、登録販売者の資格を取得すると、ドラッグストア店員として重宝される可能性があります。

登録販売者の資格を持っていると、医薬品の第2類、第3類の商品を薬剤師が不在の状態で販売することができます。薬剤師が不在で、登録販売者の資格を保有していなければ、このような商品を販売することができません。

ドラッグストアで扱う商品の9割が第2類、第3類の商品が占めるので、資格保有者がいないドラッグストアは不利になってしまいます。

登録販売者のメリット

登録販売者の資格を保有していると、給与で手当てがつきます。そのため無資格のドラッグストア店員と比較すると必然的に給料が高くなります。また、この資格を保有していると、他のお店で働いても活用できるので、汎用性が高い資格です。

今後もドラッグストア店員として長期間働こうと考えている方や、いずれ店長となってお店の経営に関わっていきたいという気持ちがあれば、登録販売者の資格を取得するようにしてください。

ドラッグストア店員に役立つ資格「登録販売者」

ここからは、ドラッグストア店員でも多くの人が所有している登録販売者の資格について難易度や試験内容、合格率はどの程度なのでしょうか。登録販売者の資格難易度について紹介していきましょう。

試験内容

登録販売者の資格は薬局で販売する商品に関する問題です。

120問出題される問題のうち70%正解しなければ合格になりません。ただし、70%達成していても、特定の分野で40%以下の正答率であれば、不合格になるため満遍なく問題に正解しなければなりません。

解答方式はマークシート方式なので、知識をしっかり把握しているかどうかが重要になります。

試験資格について

登録販売者の試験資格は2015年の改正から誰でも受験することができるようになりました。以前まではドラッグストアでの経験が必要だったため、多くの人が試験に挑戦することが可能です。

合格率

登録販売者の合格率は各都道府県で見ると4割以上が合格をしています。

試験対策をしっかりしていれば、合格基準でもある70%をクリアすることは難しいことではありません。合格率を少しでも高くするためにも普段の業務を行いながら商品知識を少しでも増やす努力をしましょう。

登録販売者資格の唯一気をつけなければならないことが、年に1度しか試験がないことです。試験に落ちると1年間準備をしなければならないので、努力が無駄にならないように計画性を持って試験に臨むようにしましょう。

その他のドラッグストア店員に関連する資格

ドラッグストア店員としてあると役にたつ資格は次のような資格です。絶対に取得する必要はありませんが、ドラッグストア店員として活躍する上で役立つ資格なので、ぜひ取得を検討しましょう。

販売士

販売士の資格を取得していると、商品をどのタイミングで仕入れるべきか、お店として仕入れた方が良い商品は何か、お店としての戦略などを正しい知識を持って考えることができます。

お店の売り上げにも直結するので、店長として仕事を任されるようになった時に役立てるように取得しておくと良いでしょう。

薬剤師

薬剤師の資格を取得していると、第一類と言われる医薬品を販売することができます。薬剤師の資格を取得しているだけで、手当ても飛躍的に高くなるので、高待遇で働きたいのであれば薬剤師の資格を取得するようにしてください。

薬剤師の資格を取得するためには薬学科のある大学に通わなくてはいけないので、長期的な勉強期間が必要です。取得しておけばドラッグストア店員だけでなく薬品関係の仕事に就くことも可能になります。

ドラッグストア店員の資格が取れる学校

ドラッグストア店員に必要な資格を学ぶことができる学校はありません。

ドラッグストア店員としてスキルを身につけたいのであれば、アルバイトスタッフとして働き現場で必要なスキルを蓄えるようにしましょう。アルバイトとして働くと次のようなメリットがあります。

接客スキルを身につけることができる

ドラッグストアで働く上で必要な接客スキルを学ぶことが可能になります。

接客スキルが高ければアルバイトスタッフから社員に登用してもらえる可能性もあるので、接客スキルを身につけ1人前として活躍できるようになってから正社員に登用してもらいましょう。

登録販売者の試験勉強を働きながらできる

登録販売者の試験では、医薬品に関する問題が数多く出題されます。

テキストで勉強することもできますが、働きながら実践的に学ぶことができるので、自然に登録販売者の試験対策を行うことが可能です。少しでも早く合格したい方は、ドラッグストア店員として働きながら資格取得を目指しましょう。

ドラッグストア店員の資格・試験まとめ

キャリアアップのために必資格を取得しよう

ドラッグストア店員は資格がなくても活躍することができる仕事です。将来的にドラッグストアの店長やマネージャー職に就きたいと考えている方は、登録販売者の資格を取得してキャリアアップを目指しましょう。

資格を取得するだけで待遇が大きく改善する可能性が高いので、ドラッグストア店員として長期的に働こうと考えている方はオススメです。

ドラッグストア店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 登録販売者
資格区分 国家資格
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドラッグストア店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB