パタンナーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

パタンナーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

服飾製品を製作する上で欠かすことができないパタンナーは、どれくらいの年収で、毎月どの程度の給与を受け取っているのでしょうか。このページでは、パタンナーの平均年収、給与を紹介しながら、パタンナーの給与事情を紹介します。

パタンナーの初任給

パタンナーの初任給について紹介していきます。パタンナーでは、アパレルブランド、ファッションショー業界、デザイン事務所、ブライダル業界とさまざまな服飾製品で働くことができるため、給与も異なります。初任給はどの程度になるのでしょうか。

パタンナーの初任給

パタンナーの初任給は、平均して16〜18万円前後です。パタンナーとしての採用ではなく、就職した後にパタンナーとして振り分けられるため、同じ会社であれば入社したての頃は営業などに配属された同期とほぼ同じです。

最も高い給与が見込めるパタンナーは?

パタンナーとして少しでも高い初任給をもらいたいのであれば、大手のファッションブランドになるか、あるいはファッションショー業界のパタンナーとして働くと良いでしょう。

ファッションショー業界のパタンナーは、他の業界に比べて服をデザインする機会が多く、ファッションショーでは、企画が通ればすぐに生産できるため、効率よく仕事を行うことができます。

もし、少しでも高い初任給をもらいたいのであれば、ファッションショー業界のパタンナーを目指しましょう。もちろん、人気のブランドやファッションショー業界の企業になれば、パタンナーを希望している人が多く募集に殺到するため、会社が求めるスキルが必要になります。

パタンナーのボーナスは

初任給クラスの社員がもらうことができるボーナスは、平均して69.1万円です。もちろん、ボーナスはキャリアを積めばあがります。また、会社によって業績が良いとボーナスも他の会社に比べて高くなることが期待できます。

ボーナス事情については、会社によって大きく異なるので、知り合いに自分の希望する会社のパタンナーがどれくらいもらっているのか調査をしておくと良いでしょう。

10年までは給与に大差がない

20代のパタンナーは、大手、中小に限らず給与が比較的安いという特徴があります。そのため、パタンナーとして働いても、最初の10年は給与があまり高くないので、給与面でどの会社を選ぶことよりも、その会社でパタンナーとして働くと、どのようなスキルを得ることができるのか。

将来自分の理想としているパタンナーになることができるのかをしっかり検討した上で、働きたい会社を選ぶと良いでしょう。

パタンナーの平均給与の統計

パタンナーの平均給与の統計について、ここからは解説していきましょう。

平均給与について

パタンナーの平均給与は、34万円前後です。もちろん、働く場所によって給与は異なりますが、一般的には34万円前後の給与をパタンナーとして働けば受け取ることができます。

役職による給与

パタンナーでも、チームリーダークラスになると通常のパタンナーよりも少し給与が高くなります。パタンナーのチームリーダーは、一般企業でいうところの課長クラスで、給与にすると42万円前後です。もちろん、大手になればさらに給与が高くなるところもあるので、50万円以上受け取っている人もいます。

ボーナスの平均

パタンナーのボーナスは、30歳以降になると、86万円以上もらうことができ、40代になる頃には100万円を超えています。ボーナスも給与と同様、役職クラスにつけば高くなり、リーダークラスのパタンナーであれば180万円前後のボーナスを受け取ることができます。

給与には限界がある

パタンナーは、会社員として働いているとどうしても限界があります。後ほど詳しく紹介しますが、少しでも多く収入を稼ぎたいという方は、パタンナーとしての働き方を大きく変える必要があるので、パタンナーは収入が安いということではなく、パタンナーとして年収をあげるためにどうすれば良いのかを真剣に考えるようにしましょう。

パタンナーの年収統計

パタンナーの年収統計を見ていきましょう。どのように年収が変化していくかをここからは詳しく紹介していきます。

年収の推移

パタンナーの平均年収は、450万円〜480万円です。働く業界によって異なりますが、パタンナーとして働いていれば、480万円前後の年収を受け取ることができます。

業界による年収平均の違い

パタンナーといっても、さまざまな形態で働いているため業態によって年収が異なります。年収平均の違いは次の通りです。

業界 平均年収
アパレルメーカー 480万円
ブライダル業界 450万円
ファッションショー業界 480万円
デザイン事務所 470万円

微妙に給与が異なるものの、大手のアパレルメーカー、ファッションショー業界ではパタンナーとしての給与も高くなる傾向にあります。

年齢による年収の違い

パタンナーの年収は年齢によってどの程度異なるのか詳しくみていきましょう。

年代 平均年収
20代 276万円〜280万円
30代 344万円〜350万円
40代前半 480万円
40代後半 550万円
50代以上 470万円〜580万円

20代は、他の仕事に比べるとやや低い年収になりますが、30代を過ぎたあたりから一気に年収があがり、40代になれば550万円以上の年収を期待することができます。あくまでこれは平均の数値なので、600万円以上も夢ではありません。

パタンナーは、服飾業界の中でも職人としての仕事になるため、経験を積めば積むほどパタンナーとしての技術も向上し、さまざまな仕事を任されるようになります。その結果、年収も高くなる傾向にあるため、パタンナーとして年収を少しでもあげたいと考えている方は、技術を向上させることを意識してください。

年収を上げるために必要なこと

それでは、年収を少しでもあげるためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか。パタンナーとして収入を底上げさせる方法を紹介していきます。

実績を作る

パタンナーとして大切なことは、さまざまなデザインに携わるということです。自分が担当した商品数が多ければ多いほど、パタンナーとしての技術が認められることになります。また、実績が豊富なパタンナーであれば、ヘッドハンティングを打診され、年収が飛躍的にあがることもあります。

実績が多いパタンナーは、ファッション業界からも注目される存在なので、ぜひパタンナーとして少しでも評価され収入をあげてほしい方は技術力を磨きましょう。

海外に進出する

日本人パタンナーは、海外からも高い評価を得ています。日本人の手先の器用さは、パタンナーとしても優秀で、海外ブランドでも日本人パタンナーに依頼することも少なくありません。

海外からのオファーを待って日本で技術を磨くことも重要ですが、海外に赴きパタンナーとして採用してもらい働く方法も良いでしょう。海外での経験を積んで日本に帰ってこれば、日本でもパタンナーとして第一線で活躍することができるので、海外進出を視野に入れる方法もオススメです。

パタンナーで年収1,000万円以上は可能

パタンナーとして年収1,000万円以上は可能です。しかし、正社員として年収1,000万円以上目指すのは至難の技です。オススメは、フリーランスのパタンナーとして働くことをオススメします。

フリーランスになれば、さまざまなブランドを相手に仕事をすることになるため、報酬も一気にあがり1,000万円以上も夢ではありません。

もちろん、会社員以上に結果を求められるようになるため、技術力がなければすぐに仕事がなくなってしまうリスクがあるものの、会社員のパタンナー以上に稼ぐことができるので、将来的にフリーランスとして働く方法も視野に入れておくと良いでしょう。

パタンナーの給料・年収まとめ

パタンナーとして稼ぎたければ技術を磨こう

パタンナーとして給与を高くするためには、多くのデザインに携わり、いかにパタンナーとしての技術力が備わっているのかをしっかりと周りに示すことです。

パタンナーは、技術力が評価される仕事です。技術力が高ければ自然と収入も高くなります。パタンナーとして生き残りたいのであれば、パタンナーに必要なスキルを身につけ技術力を磨くようにしましょう。

パタンナーの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パタンナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB