パタンナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

パタンナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

服を作る上で欠かすことができない「パタンナー」という仕事をご存知ですか?パタンナーは、服飾製品を製造過程で活躍し、ファッション界を陰で支えます。そんなパタンナーが実際にどのような仕事内容を行っているのか、このページでは詳しく紹介します。

パタンナーとはどんな仕事?

パタンナーとは、服を作る上で欠かすことができない仕事です。パタンナーの仕事は専門性が高く、クリテエイティブな仕事でもあります。パタンナーの仕事を実際にどのような仕事を行うか、まずはパタンナーのおおまかな仕事内容を紹介しましょう。

服の土台を作る

パタンナーの最も重要な仕事は、デザイナーにより作成されたイラストを元に服の型紙を作る「ファーストパターン」という仕事があります。これは、新たなデザインの服を作る上で欠かせない工程で、この作業工程にパタンナーの手腕が問われます。この段階でうまくいかなければ、新しい服が生まれません。

ファッション界の職人

パタンナーの仕事は、ファッション界で言えば職人気質のある仕事です。一見、型紙をデザインするだけに思われるかもしれませんが、パタンナーの腕がイマイチの場合、いくら型紙を作ってもデザインしたものとマッチしていないため、やり直しということもあります。

また、パタンナーによって腕を磨きあげれば様々なデザイナーから指名が入り、フリーランンスのパタンナーとして活躍を行うことができます。そのため、パタンナーの技術が向上すればするほど日本だけでなく世界を相手に活躍をすることができる仕事です。

服飾製品を陰で支える仕事

パタンナーは、表立って活躍することがない完全に裏方の仕事です。しかし、服飾製品を作る上ではパタンナーの知識や技術がなければ製品化を行うことができません。そのため、デザイナーのような、クリエイティブな能力と、実際に製品にした時にどのようなことが必要なのかを考える冷静さが必要になる仕事でもあります。

そのため、パタンナーの仕事はバランス感覚も求められる仕事であると言えるでしょう。このようにパタンナーは、ファッション界を陰で支える仕事で、一見地味なものに思われるかもしれませんが、世界的に活躍する人もいる仕事なので、将来的にも期待できる仕事であると言えます。

パタンナーの仕事の具体的な内容

パタンナーが実際にどのように仕事を行うのか詳しく紹介をしていきましょう。

型紙の作成

パタンナーとして最も重要な仕事が、型紙の作成です。この型紙作成こそがパタンナーとしての手腕が問われるようになります。一見簡単に見える型紙の作成ですが、次のような難しさがあります。

デザイナーのイメージを具体化する必要がある

デザイナーのイメージした服は、あくまでイラストです。実際に立体的なものに起こすとイラストからは分からなかった問題が浮き上がることもあります。パタンナーの技術力が高ければ、型紙がイメージ通り作られ、デザイナーのイメージしていたものを作りあげることができます。

しかし、パタンナーの技術力が低ければデザイナーの要求通りに型紙を作ることができず、何度もやり直す必要があります。そのため、デザイナーが作成したデザインを完成品としてイメージして、実現するためにはどのようにすれば良いか考える必要があるクリエイティブな仕事です。

製造工程の検討

型紙を作成しても、実際にどのようにして作り上げるのかを検討する仕事もパタンナーの仕事です。型紙がうまくできても、裁縫の方法、生地はどのようなものを使用するかで完成したイメージが大きく異なります。

そのため、製造方法をどのように行えばデザイナーが考えていたものを作ることができるのかを検討する必要があります。また、この時裁縫の方法などではなく、次のようなことも意識しなければなりません。

ユーザー目線での考えること

良いデザインの服を作っても、ユーザーに良いと思われなければ商品として販売することができません。この時重要なのが、服を着るユーザーとしての視点も必要になります。良いデザインの服でも、着心地やシルエットが悪いものは商品として悪いため、どのような生地を採用するかもパタンナーに託されます。

商品の良し悪しにも影響する仕事もパタンナーが請け負うことになるため、パタンナー次第で売れる商品とそうでない商品がはっきりと分かれることになります。

量産用のパターン作製

パタンナーが作製した商品が実際に採用されれば、量産体制に入ります。量産体制に入ると、さまざまなサイズの服を作ることになるため、各種サイズのものを作製する必要があります。

パタンナーは、企画の前段階から商品化まであらゆる工程で関わることになるため、服を作る上では欠かすことができない存在であることが分かるのではないでしょうか。

パタンナーの仕事のやりがい

パタンナーの仕事のやりがいとは、どのようなものがあるのでしょうか。仕事のやりがいについて、紹介していきます。

努力が報われる仕事

パタンナーの仕事は、1つの服を作る上で今までの経験や知識が必要になります。過去の経験や失敗があったからこそ、作ることができる製品もあるので、今までの経験や努力が無駄になることはありません。表で取り上げない仕事ではあるものの、地道の努力が確実に製品に還元する仕事でもあります。

自分の携わった服が世に出回る

パタンナーの仕事は、デザイナーのような華やかさはなく裏方の仕事です。しかし、自分が苦労して作ったものが、世に回り評価されると、自分が裏で行ってきた作業工程が思い出されるだけでなく、自分がこだわって作ったものが評価されて、パタンナーとしての自信にもつながります。

知らない街で、自分の作った服が販売されている光景を見る瞬間は、パタンナー冥利につきる瞬間であると言えるでしょう。

達成感がある

パタンナーの仕事は、一人で行うのではなく様々な人の協力があって初めて良いものを作ることができます。時には、1つの服を作るためにかなりの期間を要するものもあります。そのような服が実際に商品になった時に、大きな達成感があるでしょう。

また、色々な人が協力していることでチームとしての意識が芽生え、同じ目標に到達した時にチーム内で喜びを共有することもできます。

世界を相手にすることができる仕事

パタンナーとしての技術が認められれば、さまざまなデザイナーから仕事のオファーが来ることもあります。そのため、フリーランスのパタンナーとして働いている人もいます。分の服飾の知識が認められれば、世界的なブランドからのオファーもあり、最終的には世界を相手にしたパタンナーとして活躍をすることができる夢のある仕事です。

世界的なパタンナーになるために必要なこと

パタンナーとして、世界的なパタンナーを目指そうという方はどのようなことが必要なのでしょうか。世界的なパタンナーとして必要なことは、服飾の知識だけでなく、次のような能力も必要になります。

(1) コミュニケーション能力
パタンナーとして、コミュニケーション能力は必要不可欠です。デザイナーがどのような製品をイメージしているか、デザイナーとのイメージを共有するためにはコミュニケーションが必要になります。海外で活躍するのであれば、異文化で育った人のイメージをコミュニケーションによってすり合わせなければいけないため、蜜なコミュニケーションが必要になります。

(2) 世界のトレンドについて知っておく
世界を相手にしたパタンナーには、知識だけでなく世界への注目度も必要です。世界ではどのようなことが流行しているのかを敏感にキャッチしておく必要が世界で活躍するパタンナーには必要不可欠であると言えるでしょう。

パタンナーの仕事内容まとめ

ファッションに欠かせない仕事

パタンナーは、服飾製品を作る上で必ず必要になる仕事です。デザイナーが考えた服を実際に具現化するためには、パタンナーがいなければ作れないため、これからも需要のある仕事であると言えるでしょう。

パタンナーには、クリエイターのようなセンスと、商品化した時にどのような製品になるのかを現実的に見る客観性も必要になるため、パタンナーを目指す方はバランス感覚を磨いて仕事につくようにしてください。

パタンナーの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

パタンナーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB