ファッションアドバイザーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ファッションアドバイザーになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ファッションアドバイザーは、アパレルショップに来店するお客様に対して、コーディネートを提案する職業です。そんなファッションアドバイザーになるには、何が必要なのでしょうか?このページでは、ファッションアドバイザーになるために必要なスキルや条件、向いている人の特徴などについて紹介します。

ファッションアドバイザーになるには何が必要?

ファッションアドバイザーになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。ファッションアドバイザーになるための必要なスキルを紹介しましょう。

ファッションセンス

ファッションアドバイザーは、お客様の要望にたいしてファッションアイテムやコーディネートを提案する仕事になるため、ファッションセンスは必要になります。ファッションセンスがなければ、アドバイザーとして活躍することができないので、ファッションセンスがないと成立しない仕事といってもいいでしょう。

ファッションセンスは生まれ持ったスキルか

ファッションセンスは、生まれ持ったスキルであって、それ以上のセンスを磨くことはできないのでしょうか。もちろん、ファッションセンスが全くなくても、ファションのことを勉強すれば、センスを磨くことができます。

ファッションセンスがあっても、時代と合っていなければ良いファッションアドバイザーになることはできません。そのため、センスのある人でも日々勉強することが求められる仕事です。ファッションアドバイザーのセンスを磨くためには、雑誌やネットを見てセンスを磨くようにしましょう。

コミュニケーション能力

ファッションアドバイザーにはコミュニケーション能力も求められます。さまざまなお客様に対して、ファッションコーディネートを提案することになるため、コミュニケーション能力が必要不可欠になります。

ファッションアドバイザーでもうまくコミュニケーションができなければ、アドバイザーとしては失格なので、必要最低限のコミュニケーション能力は備えておくようにしましょう。

ファッションアドバイザーに向いている人、適性がある人

ファッションアドバイザーに向いている人や、適性がある人はどのような人物なのでしょうか。ファッションアドバイザーに求められるスキルについて紹介していきます。

向いている人

ファッションアドバイザーは、次のようなスキルを持っている人が向いているといえます。もしこのようなスキルがもともと備わっていれば、ファッションアドバイザーとして活躍することができると認識しておきましょう。

人と話すことが好き

ファッションアドバイザーは、お客様とのコミュニケーションを通してお客様に合うファッションコーディネートやおすすめのアイテムを提案する仕事です。お客様と話しながら、コーディネートを提案することもあります。

人と話すことが好きであれば、接客中に自然な流れでお客様が悩んでいることや解決したいことを聞き出すことができるので、より最適なコーディネートを提案することができます。逆に、人と話すことが苦手な人はうまく提案することができないので、あまり向いていないといえるでしょう。

ファッションに対する知識が豊富

ファッションに対する知識が豊富な人は、ファッションアドバイザーになっても説得力のある提案を行うことができます。

ファッションに対する知識が豊富で、どの世代のお客さんが来店しても対等に話すことができれば、幅広いお客さんの対応を行うことができるので、アドバイザーとしても活躍の幅が広がる可能性があります。

提案力がある

ファッションアドバイザーは、さまざまなお客様に対して自分の意見を提案しなければなりません。あらゆる状況で的確に提案することができる人、またさまざまなお客様に対して自分の意見を伝えることができる人は、ファッションアドバイザーに向いているといえるでしょう。

適性のある人

ファッションアドバイザーに適性のある人はどのような人物なのでしょうか。適性のある人物について紹介していきます。

相手の長所を見抜くことができる

ファッションアドバイザーは、さまざまなお客様の特性を見抜き、その人に合う服装を提案することになります。その時、お客様が思ってもいなかったような長所を見抜くことができれば、より満足度の高い提案を行うことができます。

客観的に相手の長所を見抜くことができれば、お客様が自分でも気づいていない長所を見抜くこともできるので、おすすめの仕事だといえます。

ファッションだけでなく、プラスアルファの知識がある

ファッションアドバイザーは、服装だけでなくメイクやヘアスタイルを提案するケースもあります。ファッションだけでなく、服に合うメイク、ヘアスタイルを提案できればファッションアドバイザーとしての活躍の場を広げることができます。

接客が得意

ファッションアドバイザーは接客をしながら提案することになるため、接客が得意な人におすすめの仕事です。接客が得意であれば、効率良く提案することができるので、接客に自信があり、ファッションセンスがある人は、ファッションアドバイザーを目指しましょう。

ファッションアドバイザーになるための学校・教室

ファッションアドバイザーになるための学校や教室はあるのでしょうか。ファッションアドバイザーになるための学校や教室を紹介していきます。

ファッションデザイン科がある学校に通う

ファッションアドバイザーになるために、ファッションデザイン科でファッションの基礎を学ぶ人も少なくありません。

ファッションデザインを専門に扱っている学校では、ファッションセンスの土台となる基礎をしっかり学ぶことができるので、正しい知識を学びたいと考えている人は、ファッションの専門学校などに通うようにしましょう。

お店でスキルを磨く

ファッション系の学校以外では、お店で働きながら学ぶことができます。お店で学ぶメリットは、現場で直接お客様を見ながらスキルを磨くことができるという点にあります。

ファッションは日々変化するため、お店で学べば常に最新情報を仕入れることができるので、座学よりも実践的に学びたい人は、お店で勉強するようにしてください。

ファッション雑誌やネットで情報収集する

ファッションアドバイザーとして活躍をしたい人は、雑誌やネットで常に情報収集することをおすすめします。熱心なファッションアドバイザーは、さまざまな情報源からファッション情報を入手して活躍しているので、積極的に情報収集を心がけるようにしましょう。

最もスキルを伸ばすことができる方法は?

ファッションアドバイザーとして最もスキルを伸ばすことができる方法は、「ファッションに常に興味を持つこと」です。

ファッションアドバイザーの仕事をするうえで、ファッションが好きでなければアドバイザーとして活躍できないので、ファッションに強い情熱を持ちながらファッションの勉強をするようにしてください。勉強を重ねてセンスを磨き続けることも、ファッションアドバイザーであるための重要なスキルです。

ファッションアドバイザーになるには?まとめ

ファッション好きにとっては転職といえる仕事

ファッションアドバイザーの仕事は、ファッションセンスがある人にとっては自分のファッションを武器に仕事をすることができるので、ファッションが好きな人には天職といえる仕事です。自分のセンス次第で上を目指していくことが可能になりますし、自分のセンスを業界内で発揮することで自己表現をすることにもつながります。

また、自分のファッションセンス次第でお客様を華麗に変身させることができるので、お客様からも感謝されるやりがいのある仕事です。このページを参考にして、ファッションアドバイザーを目指してみてはいかがでしょうか。

ファッションアドバイザーの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種美容・ファッション

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ファッションアドバイザーの関連記事

美容・ファッションに関する他の職業KANREN JOB