シンガーソングライターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

シンガーソングライターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

自分の思いを楽曲にして表現するシンガーソングライター。一見、誰にも縛られず自由に生きているようにも見えますが、シンガーソングライターになるには実際のところどのようなことが必要なのでしょうか。本記事では、シンガーソングライターになるために必要な要素、メジャーデビューの方法、向いている人の特徴などについてご紹介します。

シンガーソングライターになるには何が必要?

必須事項はなく誰でもなれる職業

シンガーソングライターは、資格・試験や学歴・職歴などに関係なく、誰でもなることができます。作詞・作曲をして人前で演奏することは、質を問わなければ誰でもできますし、少人数で良ければすぐにファンがつくこともあるでしょう。

ただ、プロのシンガーソングライターとして活動し続けられる人は、ごくわずかです。プロとしてやっていくためには、ファンの心を魅了するだけの楽曲やパフォーマンス、ビジュアルといった要素が求められます。また、ライブ活動やCD・グッズ等の売り上げのためには、一定数以上のファンがいなければ厳しいという現実もあります。

実際のところ、ヒット曲をなかなか出すことができず下積み生活が長期に渡る人、シンガーソングライターの収入では食べていけずアルバイト生活をしている人が多くいます。

シンガーソングライターになる方法は様々です。シンガーソングライターは事務所に所属したり個人で仕事をしたりと様々なやりかたがあります。また、印税やコンサートの入場料、グッズ売り上げなど、収入を得る方法も色々あります。

その分、プロとアマチュアの境目もあいまいで、どの水準をクリアすればプロのシンガーソングライターになれる、といった明確な決まりはありません。

一般的には、プロダクションやレコードが会社等と契約して活動することは「メジャー」、そのような契約をしないで個人で活動することは「インディーズ」と呼ばれます。メジャー契約は必須ではありませんが、宣伝力や事務所のサポート力などを考えると、メジャー契約のメリットは大きいようです。

無名の人でもデビューのチャンスはある

シンガーソングライターになるための決まりは何もないので、まだデビューしていない無名の人、プロダクションなどに所属していない人でも、メジャーデビューできる可能性があります。

昨今はインターネットやスマートフォンが普及したので、動画や録音をネット上にアップすることも簡単にできますし、誰でもそのような動画などを見て感想をSNSなどで共有することができます。演奏やプロモーションの動画をアップして再生回数が増えたり、ビジュアルやキャラクターに注目されたりして評判になれば、業界関係者の目にとまるかもしれません。

実際に、ネット上の動画がきっかけでスカウトされてメジャーデビューしたシンガーソングライターもいますので、チャンスを掴みたい方は試してみても良いでしょう。

ライブ活動も大切

無名のシンガーソングライターが知名度を上げる方法として、やはりライブ活動が大切と言えます。

自分の楽曲、声を直接お客様に伝えることができますし、お客様の反応もすぐにわかります。人前で演奏すれば、自分ひとりの時とは違う緊張や興奮もあるものです。そのような経験を通じてスキル向上にもつながるでしょう。

ライブ活動の場所としては、路上ライブ、ライブハウス、イベントなどが考えられます。路上ライブは、行きかう人のうちどのくらいの人が足を止めてくれるか、といったことから自分の実力を知るバロメーターともなります。

実際に、路上ライブで多くの集客をして話題となり有名になったシンガーソングライターもいます。路上ライブは、道路交通法など関連する法律・条令などがありますので、きちんと許可を取って行うことがポイントです。

ライブハウスやイベントは、ポスターやネット上で出演者の募集情報が出ていることがあります。業界関係者も多く出入りする場所ですので、将来に向けた人脈作りにも役立つでしょう。

レコード会社の人に演奏を聞いてもらえたり、録音・動画を渡せたりすれば、メジャーデビューへの近道となるかもしれません。

オーディション等に参加する方法も

大手の音楽プロダクション、芸能事務所などが主催するオーディションに参加するのも一つの方法です。主催者側も才能のある人を見つけようとしている場ですので、自分の演奏をアピールして関係者の目にとまれば、デビューに向けたチャンスが広がるでしょう。

情熱と努力が必要

シンガーソングライターを目指す人は多くいますが、成功している人はごくわずかです。努力を重ねても結果が出ないことはよくありますし、才能があってもなかなか有名になれない人もいます。誰にでもチャンスがある分、厳しい面もあるということに留意が必要です。

シンガーソングライターは、自分の思いを楽曲を通じてお客様に伝えるので、こういうことを伝えたい、という情熱と、スキルを磨く努力を続けていくことが大切です。

シンガーソングライターに向いている人、適性がある人

表現したい思いがある人

シンガーソングライターは、誰かが作詞・作曲した曲を歌う歌手と違って、自分で作詞・作曲をして人前で自ら演奏します。

単に歌うのが好き、音楽が好きというだけではなく、自分の思いを表現する能力や情熱が求められます。お客様に自分の思いを届けたい、楽曲を通じて自分を表現したい、という人にこそ向いていると言えます。

人前に出るのが得意な人

シンガーソングライターは、大勢のお客様の前で演奏やパフォーマンスを行ないます。人気が出れば、多くの人から注目を集めたり、話題にされたりすることもあります。

人前に出るのが苦手、注目されるのは嫌、という人には向いていません。逆に、人前に出てこそ自分の良さを出せる人、生き生きと輝ける人は適性があると言えます。

また、大勢の観客の前でステージに立つことを楽しめるタイプの人は、シンガーソングライターに向いているでしょう。

地道な努力を続けられる人

シンガーソングライターは、下積み生活が長期に渡る人が多くいます。メジャーデビューできたとしても、日々のボイストレーニングや楽曲制作活動、ライブの準備といった、お客様の目には触れない活動が沢山あります。

人前で脚光を浴びることが好きでも、そのような地道な努力を継続できなければ、シンガーソングライターとして長くやっていくのは難しいでしょう。一方で、人知れない努力をコツコツと積み重ねていける人には、適性があると言えます。

シンガーソングライターになるための学校・教室

学校は必須ではないが専門知識が必要なことも

シンガーソングライターは、特に特定の学校を出ていなくても、天性の才能に恵まれていれば、シンガーソングライターになることは可能です。実際に、独学で楽曲を作ったり演奏活動をしたりしている人も沢山います。

ただ、作詞や作曲をしたり、歌を歌ったり、楽器を演奏したりするためには、専門的な知識やスキルが必要なことも多いので、専門学校や大学などで音楽について学ぶ人もいます。

学校選びはしっかりと下調べを

一言で音楽といっても幅広いジャンルがあり、学ぶことも音楽理論から作詞・作曲、楽器演奏まで多種多様です。

シンガーソングライターを目指すための学科名、専攻コース名として、わかりにくい名称もあるので、慎重にチェックしてください。以下のようなキーワードが含まれた学科名、専攻コース名のところが多いようです。

  • ミュージック
  • ミュージシャン
  • ミュージックプレイヤー
  • ヴォーカル
  • ヴォーカルパフォーマンス
  • 器楽
  • 演奏
  • 音楽アーティスト
  • クリエイティブパフォーマンス
  • 芸能
  • エンタテインメント

学校によって実際のカリキュラムは様々で、在学年数も違います。実技や学内での発表の場が用意されていたり、音楽ホールで演奏会を実施したり、さらには学外研修を実施したりする学校もあります。

学校・教室に行くと、将来の音楽仲間やライバルとなる人と出会うことができたり業界情報を入手しやすくなる、といった利点もあります。業界に顔が利くとか、才能を発掘するのが上手い教授・講師もいます。

自分がどのようなことを学びたいのか、どのような人から学びたいのか、目標をしっかりと見定めて学校を選んでください。

シンガーソングライターになるには?まとめ

才能を磨いてチャンスを掴む

シンガーソングライターは、資格や職務経験に関係なく誰でもなることができます。インターネットの普及などを背景に、無名の人がメジャーデビューできるチャンスも広がってきています。ただし、シンガーソングライターとして大成できる人はほんの一握り。成功を勝ち取るためには、楽曲制作や演奏のスキルや才能はもとより、人に思いを伝えたいという情熱が不可欠です。

シンガーソングライターの参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

シンガーソングライターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB