シンガーソングライターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

シンガーソングライターの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

シンガーソングライターの仕事としては、自身で楽曲の制作(作詞・作曲)をして、それを人前で披露することです。ただ、プロとアマチュアで、仕事内容は大きく変わります。本記事では、シンガーソングライターの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

シンガーソングライターとはどんな仕事?

歌うだけではなく楽曲制作もする

シンガーソングライターは、楽曲の制作(作詞・作曲)をして、それを人前で披露するのが主な仕事です。

歌を歌うほかに、楽器を演奏する人も多くいます。CDやDVDなどを制作したり、プロモーションの動画を制作したりもします。自ら演奏する以外に、制作した楽曲を他の歌手に提供することもあります。

音楽のジャンルは幅広くありますが、シンガーソングライターはポピュラーミュージック分野で活動する人を指すのが一般的です。提供された楽曲を歌う歌手と大きく違うのは、シンガーソングライターは楽曲を制作して歌うという一連の流れをすべて自分で担うという点です。

時代と共に市民権を得てきた仕事

日本の歌謡界では、以前は作詞・作曲をする人と歌ったり演奏したりする人は別で、完全な分業制になっていました。作詞・作曲した人が自ら歌うスタイルは1970年代頃から徐々に知られるようになり、現在では世間一般に広く認知された職業となっています。

かつての職業作家は、作詞や作曲の専門知識がなければできない仕事とみなされていました。最近のシンガーソングライターは、日常的なちょっとしたことや率直な思いを気負わずに歌にする人が増えている点が大きな違いといえるでしょう。

インターネット・スマートフォンの普及や録音機材の進歩などにより、誰でも簡単に録音や動画をネット上にアップすることができるようになりました。最近は、仕事をしながら創作活動をして、作品ができたらネットにアップするという生活スタイルのシンガーソングライターも増えています。

このように比較的手軽に楽曲を制作して披露できるようになったという時代背景もあり、シンガーソングライターを目指す人は増加傾向にあるようです。

シンガーソングライターの具体的な仕事内容

楽曲制作

シンガーソングライターは、作詞や作曲をして楽曲を作り上げます。作詞や作曲の方法は人それぞれで、インスピレーションが湧けばいつでも創作活動をする人もいれば、何時から何時まで、と時間を決めて活動する人もいます。作詞が先か、作曲が先か、についても特に決まりはなく、同時進行的に仕上げる人もいるようです。

完成した楽曲は、自分でピアノなどを弾きながら人に披露するのか、バンドなどをつけて複数人で演奏するのかによって、必要なアレンジもします。

人気のあるシンガーソングライターは、自分の楽曲を自分で演奏するだけではなく、他の歌手に楽曲を提供したり、プロデュースしたりすることもあります。また、テレビアニメや映画の主題歌、挿入歌などの制作を依頼されることもあります。

コンサートやライブで演奏

コンサートやライブで演奏することもシンガーソングライターの大事な仕事です。歌を歌うほか、ピアノやギターなどを演奏しながら歌う人も多くいます。演奏の合間には楽曲紹介やトークで会場を盛り上げます。

コンサートやライブの休憩時間や終了後には、CDやグッズ販売も行います。サイン会、握手会などを実施してお客様とのコミュニケーションを図る人もいます。

音源・動画制作など

CDやDVD、ネット配信用に、音源や動画を制作します。一流のシンガーソングライターであれば専用のスタジオや機材を用いて行ないますが、個人で手近な録音機材等を用いる人もいます。

ほかに、プロモーション動画の撮影、SNS上でのファンとの交流、テレビ・ラジオなどのメディア対応、雑誌の取材対応も行ないます。また、マネージャーやレコード会社、クライアントとの打ち合わせ、スケジュール確認なども必要に応じて実施します。

ボイストレーニング、楽器の練習

歌を歌ったり、楽器を演奏したりするためには、日常的なトレーニングが不可欠です。トレーニングを怠ると、声が出にくくなる、無理を重ねる、声質が悪くなる、などと悪循環に陥りかねません。

楽器の演奏についても同様です。シンガーソングライターは作曲をするのでピアノを弾ける人が多いようですが、それ以外の楽器も演奏する場合は、それぞれの楽器に合わせて日々の基礎練習が欠かせません。日本は季節によって温度や湿度が変わりやすいので、楽器のメンテナンスもきちんと行わなければなりません。

表舞台でパフォーマンスをするだけではなく、このような人目につかないトレーニング、メンテナンスなどもシンガーソングライターの重要な仕事のひとつです。

タレント活動や後進の育成にあたることも

シンガーソングライターとして名前が売れてくると、タレントや俳優の仕事が来るようになることもあります。また、シンガーソングライターの経験やスキルを活かして、音楽学校や個人の教室などで後進の育成にあたる人も多くいます。

シンガーソングライターの仕事のやりがい

自分の表現が感動を呼ぶ

シンガーソングライターは、自分の思いを歌詞やメロディーに込めて楽曲を制作し、それを人前で披露します。最大のやりがいは、その楽曲を聞いた人に感動を与えることです。

シンガーソングライターは、自分の楽曲やパフォーマンスそのものが仕事となるので、まさに実力勝負です。自分の思いが多くの人の心を捉え、楽曲を通じて世界中の人とつながりを持つことができるのは、シンガーソングライターの仕事の醍醐味です。

自分の存在感を示すことができる

シンガーソングライターは、自分の歌声や楽曲を沢山の人に届けることができます。言語や文化が違う人に対しても、パフォーマンスや音楽の力で心を動かせることがあります。

自分の存在感を示し、多くの人から良い評価を得られれば、シンガーソングライターとしての大きなやりがいとなります。

多くの人との出会い

シンガーソングライターは、ライブ・コンサートやネット配信等を通じて世界中のファンとのつながりを持つことができます。また、コンサートスタッフやレコーディングスタッフ、マネージャーなど、多くの関係者と一緒に仕事をします。

時には世界的な有名人、著名人と会うこともあるでしょう。ほかにも、クライアントやメディア関係者、芸能関係者など、多くの人との出会いがある仕事です。

多くの人との出会いは、ハリのある生活につながります。次の創作へのヒントとなるかもしれません。人と会うのが好きな人にとって、シンガーソングライターはとても魅力的な仕事といえるでしょう。

一方で、あまり多くの人と会いたくないというタイプの人でも、インターネット配信などによって多くの人に楽曲を聞いてもらうことが可能です。仕事の仕方を自由に選べることも、シンガーソングライターの仕事の特徴です。

スランプを乗り越える力

シンガーソングライターは、自分で楽曲を創作するので、仕事をしたい時にするという自由さがあります。溢れる思いを形にし、歌いたいことを歌うという、表現者としてのやりがいを常に感じることができます。

一方で、創作が好きではないととても続けられない仕事でもあります。長く活動していく中で、やる気が起きない日が続くことがあるかもしれません。インスピレーションが湧かなくなり、スランプに陥ることがあるかもしれません。

自分の思いを伝えたいという情熱でスランプを乗り越え、次の創作活動につながった時は、何にも代えがたい達成感を味わえることでしょう。

シンガーソングライターの仕事には、自分の内面と向き合う、ある意味では非常に孤独な側面もあります。与えられた仕事をこなすのではなく、自分で創作活動を続ける仕事なので、強い信念や心の強さが求められるでしょう。

内面が鍛えられ、人として成長できることも、次の創作意欲へとつながっていきます。好きなことを仕事にできる喜びや充実感もまた、シンガーソングライターの仕事の魅力です。

シンガーソングライターの仕事内容まとめ

才能や情熱が欠かせない仕事

シンガーソングライターは、自分の思いを楽曲で表現する仕事です。多くの人の心を打つ作品を作り上げるためには、天性の才能だけではなく、思いを人に届けたいという情熱も必要です。

自分の歌やパフォーマンスが感動を呼んだり評価されたりするのは大きなやりがいとなります。そのような表舞台での成功のためには、日々のボイストレーニングや楽器練習などの目立たない努力も欠かすことができません。

シンガーソングライターの参考情報

平均年収-
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

シンガーソングライターの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB