病棟クラークの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

病棟クラークの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

病棟クラークの給与・年収は一般的な事務職より低めです。医療サービスに関わる仕事ですが、医療行為を行う仕事ではないので免許や資格などは必要なく誰でもなれるという点が給料の水準を下げていると思われます。今回は病棟クラークの給料や年収、それを左右する要素などについてご紹介します。

病棟クラークの初任給

病棟クラークの初任給は15万円ほどから

病棟クラークの求人を調べてみると初任給は15~17万円ほどの条件が多いようです。

またアルバイト・パートの場合、時給は1000円ほどが一般的な相場のようです。一般的な事務職の求人だと初任給20万円前後の職場やアルバイト・パートでも時給1500円前後の条件は多いのでやや低めとなっています。

医療サービスに関わる仕事だが給料は低め

病棟クラークは医療サービスに関する専門性もある職業なので、それだけ給与も高いのでないかと思ってしまいますが実際にはそれほど高くなく、むしろ事務職の平均からするとやや低めな傾向があるようです。

それは医師や看護師と違い国家免許が必要な仕事ではなく、未経験者でもOKな求人を出しているところもあり、職に就くためのハードルが低いため給料が低水準に抑えられているのだと思われます。また医療サービスのサポートをする仕事ですが、医療行為そのものには手を出してはいけないので専門職としての立場もあまり高くはありません。

高齢化社会に伴って病院の仕事も増え、医療の効率化のために病棟クラークの需要はこれから高まっていくと思われます。医療の現場で病棟クラークの必要性が高まったり医療制度が変わることで、今後病棟クラークの権限や立場が変わり待遇もより良くなるという可能性もあります。

病棟クラークの平均給与

病棟クラークの給与は15~25万円

病棟クラークの給与は15~25万円ほどが多いようです。正社員として働いても他の医療スタッフほどの給与は支払われません。一般事務と同じかやや低めの給与水準になっています。

給与の幅が広いですが、正社員と派遣・アルバイトで差がつく他、勤務時間や病院の規模、どんな病棟で働くかによって変化するので求人情報の給与や勤務形態についてよく比較して考えておくのが大切です。

雇用形態や病院によって大きく差が開く

病棟クラークは入院施設がある病院のナースステーションに常駐して仕事をする職業のため、比較的大きな病院で働くことになりますが、それでも病院や雇用形態によって給料や待遇には大きく差が出るようです。正社員ならばボーナスや退職金などの福利厚生もありますが、アルバイト・パートではそうした待遇は期待できません。

また小さい病院ではそれほど仕事も忙しくない代わりに給料は低いですが、大病院で入院患者が多い場合は激務が続く分、高給が支払われます。給料を上げたいならば経験を積んだり資格を取得したりして自分の望みにより近い職場を探すのが重要です。

夜勤シフトがあると給与は上がる

また救急救命科など夜に入院患者が迎え入れなくていけない病棟もあり、そうした職場で働く病棟クラークは手当が多く支払われるので給与が一般よりも上がります。病棟クラークの仕事で夜勤があるかないかは病院や病棟によって変わるので、応募しようと思っている求人の条件をよく見ておきましょう。

派遣会社に登録する仕事の仕方もある

給与は安いですが派遣会社に登録して病棟クラークとして働くという方法もあります。医療サービス専門の派遣会社もあり、病棟クラークや医療事務の資格取得を目指す教育機関が派遣会社の事業を展開していることもあるので、専門学校や通信講座で資格をとった後その会社と同じグループの派遣会社に登録して就職するコースもあります。

仕事と家庭を両立させやすいというメリットはある

病棟クラークをはじめとした医療事務や医療秘書の職業は女性の割合が多い分野になっています。

その理由として給料が高くないので、一家を支える仕事にはならないという理由もありますが、労働時間が決まっていて、残業なしなどの条件で働くこともできるので家事や育児と仕事を両立しやすいという理由もあります。両親の介護のために病棟クラークの仕事に就くというケースもあります。

また女性が多い分野であるということと、ある程度の専門性があり一度知識や経験が付くとそれを活かすことができるという理由もあって、一度出産などの事情で職を離れても再就職がしやすいという利点もあります。

子育てをしつつ働きたいという理由で病棟クラークの勉強をする人もいるので、結婚や出産を考えている人は病棟クラークを選択肢の1つに考えてみてはいかがでしょうか。

病棟クラークの平均年収

病棟クラークの年収は200~350万円

病棟クラークの年収は200~350万円ほどと振れ幅が大きいようです。病院の規模や正社員かアルバイト・パートかなどの雇用形態、資格のあるなし、残業や夜勤で働くシフトがあるかないかなど給料を左右する要素は様々あります。

また医療制度は全国統一されていますが、地域によって年収は大きく変わるようです。自分の住んでいるところで職場の給料が低くて悩んでいるようなら、都市部の求人を調べたり場合によっては引っ越しを考えてみてもいいかもしれません。

資格取得してキャリアアップを目指すには

キャリアアップを図るなら資格取得や病棟クラークの経験を活かして医療事務や医療秘書に転職するなどの手段が考えられます。病院によっては資格手当が支給されることもあり、病棟クラークの仕事を続けるにしろ転職するにしろ資格は有利に働くので働きながらでも資格取得を目指す人は多いと思われます。

病棟クラークに関係する資格には以下のようなものがあります。

診療報酬請求事務能力認定試験

病棟クラークを含む医療事務関連の資格の中で最も有利と言われ、トップクラスに難しい試験です。この資格があると数万の資格手当がつくという場合もあり、ヒューマンアカデミーなど医療事務に関する講座をしている専門スクールではこの資格取得を目指してカリキュラムを行ったりしています。

医療事務の仕事の中で大きい比重を占める診療報酬明細書(レセプト)作成技能に特化した検定です。合格率30%と難しい試験で実技試験もあるので実務経験を積みつつ専門スクールに通ったり、通信講座で勉強するなどして試験対策をしていないと合格するのは難しいでしょう。

医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験は医療秘書の質の向上のために実施されている試験です。病棟クラークは医師や看護師のサポートをするという点で医療秘書と仕事が被っているので医療秘書関係の資格が有効です。医療実務や医療知識、秘書業務の能力や知識を検定します。

試験は3級、2級、準1級、1級に分かれており、級が上がれば上がるほど専門性の高い知識が試されます。就職などの際に役に立ってくるのは2級以上で3級は最初のステップとしての試験と考えたほうが良いでしょう。試験時間が異なる級ならば複数の級を併願受験することも可能です。

病棟クラークの給与・年収まとめ

病棟クラークの給与・年収は一般的な事務職よりやや低め

病棟クラークの給与は15~25万円ほど、年収にすると150~300万円ほどです。

医療についての専門知識が必要とされる病棟クラークですが、給与・年収は一般的な事務職よりやや低めと言えます。医師や看護師のように国家免許がなく、未経験者や民間資格がなくとも職に就くことができる上に、医療サービスのサポートといっても医療行為そのものには関わらないため専門性も限定されることから給料が低く抑えられているようです。

病院や雇用形態によって給料の幅は大きい仕事で、小さい病院では入院患者も少なく仕事も少ないが給料は安くなり、大量の患者を抱える大病院では1人で多くの仕事をこなさなければいけないがその分給料も高くなるなど同じ病棟クラークでも職場によって仕事量や給料に差があります。

勤務時間が決まっていて育児や家事と仕事の両立がしやすい、出産などの事情で職を離れても経験を活かして再就職がしやすいなどの理由で女性が多く活躍する分野の職業です。

病棟(医療)クラークへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

病棟(医療)クラークの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種医療

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

病棟(医療)クラークの関連記事

医療に関する他の職業KANREN JOB