環境コンサルタントの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

環境コンサルタントの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

専門的な仕事である環境コンサルタントの給与・年収はいくらぐらいなのでしょうか?気になる環境コンサルタントの平均給与などをまとめました。専門的な世界だからこそ実績に左右されることも多く、より高い年収を目指すのであれば資格を取得して地道に働くことが大切になります。

環境コンサルタントの初任給

環境コンサルタントの給与は平均18~21万円

環境コンサルタントとして働く場合、初任給は18〜21万円程度が相場といわれています。専門的な職業として人気も高い環境コンサルタントですが、給与面では高めといえます。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

環境コンサルタントの世界では高収入を求めて転職をくり返す人も多いようです。転職した場合の初任給は、今までの経験によって決まるのが一般的です。前の仕事で役職についていれば、25万円以上の給与でスタートできるケースも多いようです。

基本的に環境コンサルタントとして10年以上の一定の経験があれば、新卒採用者と同じ給与になることはないでしょう。とはいえ前職の給与水準を保証してくれるかは勤務先の規模などにもよって異なるので注意が必要です。

企業によっては新卒採用者と同じ給与を提示されることもあるので、その際は経験をアピールするようにしましょう。交渉次第で給与がアップする可能性もあるようです。

異業種から環境コンサルタントへの転職は給与の確認を

異業種から環境コンサルタントに転職する場合には年齢関係なく新卒と同じような給与になることが多いです。場合によっては前職から大きく給与ダウンの可能性もあります。異業種からの転職についてはよく調べて慎重に判断したほうがよいでしょう。

環境コンサルタントの平均給与

環境コンサルタント平均給与は約37万円

厚生労働省の平成29年度賃金構造基本統計調査のデータ によると、環境コンサルタントの全国平均の給与は約37万円となっています。

環境コンサルタントの仕事は資料作成や打ち合わせなどもあり、案件を抱えていれば残業も多く、仕事に慣れるまでは大変です。専門職であるのに加え、このようなハードな仕事内容でもあり、環境コンサルタントの給与レベルは高めといえます。経験を積んでスキルアップするほど、給与も上がりやすく、やりがいを感じられる仕事です。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

環境コンサルタントの給与は勤務期間に応じてアップすることが一般的です。特別な資格がなくても仕事ができることもあり、採用時に最終学歴によって給与が変わることは少ない傾向にあります。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

環境コンサルタントの統計では、給与とは別に支給される賞与も年間で平均約110万円という結果が出ています。環境コンサルタントの世界は残業が多いですが、賞与も高めであり、収入面での魅力は大きいです。

ただし、企業によっては、手当や残業代が支給されない場合もあるので注意が必要です。転職時には残業手当が支給されるかなど、給与以外に賞与や手当が整っているかも確認したほうがよいでしょう。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

環境コンサルタントの給与は、一般的に高い方ですが、年齢を重ねて経験を積むことで大幅な給与アップを見込める仕事でもあります。転職する場合にも役職についていた経験があれば、給与に実績面をプラスしてもらえる可能性があります。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

環境コンサルタントの仕事はスキルレベルが給与に反映されやすい職業です。資格取得は採用に有利になりますし、給与の査定に考慮されることもあり、将来的なことを考えても、資格の取得を目指したほうがよいでしょう。

資格の中でも給与への評価に繋がりやすい資格としては、環境アセスメント士や環境測量士などが挙げられます。専門的な分野であり、持っていれば十分な知識やスキルがあるという証明にもなります。

取得した資格は最大限に活かしたいもの。就職や転職の際には資格手当の支給される企業を探してみるのも一つの方法です。資格手当が出るかどうかは、求人票に記載されています。

環境コンサルタントの平均年収

環境コンサルタントの年収は400〜600万円前後が多い

環境コンサルタントの平均年収を平均給与と年間賞与から算出すると約512万円ほどになります。新人の場合には給与が18〜21万円であれば年収は200万円程度と予想されます。

環境コンサルタントとして経験を積んで役職が上がっていけば、大幅な給与アップが見込めます。肉体的にもハード仕事内容ではありますが、年収レベルは高めです。

環境コンサルタントでも職種別で平均年収が変わる

環境コンサルタントは業種によっても年収は変わります。環境コンサルタントの仕事の中では公害防止管理者の年収は386万円から577万円と言われています。

環境アセスメント士は372万円から589万円、港湾海洋調査士であれば435万円から674万円とそれぞれの分野でも平均年収が異なるのです。環境コンサルタントとしてどういった分野で働くかも確認しておくことが大切でしょう。

年齢を重ねる事で年収レベルは高くなる

環境コンサルタントの仕事において年齢による年収を厚生労働省の統計と照らし合わせると最大年収を迎えるのが50代で年収が710万円となりました。環境コンサルタントとして働き盛りの30代の年収は526万円と推測されています。20代で新卒での年収は200万円台なのですが30代になると年収が大幅に上がることが特徴です。

働く企業によって昇給はそれぞれ異なりますが、10年間で大きく年収がアップする傾向があり、環境コンサルタントは夢のある仕事と考えられます。

最終学歴によっても年収に差が出るケースが多い

人事院の民間統計調査から環境コンサルタントの最終学歴での年収の比較をすると大学卒と高卒では大きく年収に開きがあります。年収が一番高くなる50代で比較すると大学卒業では年収が約888万円、高卒では年収が約568万円となっており、高卒と大卒では約300万円以上開いています。

勤務先や個人の経験や実績にも影響するので一概にはいえませんが、大学を卒業をして環境コンサルタントの仕事に就いた方が、将来的には年収が高くなる傾向があることは覚えておきましょう。

都道府県によっても年収の差がある

厚労省が出した都道府県の平均給与比率から各都道府県の環境コンサルタントの平均年収を算出すると都道府県によっても大きな差があります。

環境コンサルタントとして年収が高い都道府県は、東京の828万円で、次いで大阪の710万円、愛知の652万円になっています。逆に一番年収が低い都道府県は宮崎県や沖縄県で473万円になっています。人口が多い都道府県ほど年収が高い傾向にあるようです。

経験を積むために契約社員として働く人も

環境コンサルタントとして働く人の中には、契約社員として仕事をしている人も多くいます。契約社員は雇用面では不安定さはありますが、得意分野の知識と技術を最大限生かした仕事ができるメリットがあります。

契約社員の推定年収は354万円から472万円と正社員に比べれば少し低めの傾向があるようです。ですが実力に応じた報酬を提示されるのでたくさん稼げる魅力があるようです。契約が決まっている雇用形態でもあるためにいくつもの会社で経験を積むことが出来ます。

環境コンサルタントの給与・年収まとめ

環境コンサルタントの年収レベルは高め。経験を積めば高年収の可能性も

環境コンサルタントの平均給与や年収レベルは、専門的でハードな仕事内容にふさわしい高めの収入といえます。残業代が出るかどうかによって差が開きやすいです。

資格を取得したり経験を積むことで知識やスキルがより身につけば、それに応じて給与アップも見込めます。地道に仕事をこなしていけば、希望通りの高年収になれる可能性は高い仕事でしょう。

環境コンサルタントの参考情報

平均年収400万円〜800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

環境コンサルタントの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB