環境コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

環境コンサルタントになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な環境のプロフェッショナル、環境コンサルタントになるには一体どんな資格やスキルが必要なのでしょうか。今回はこの記事で環境コンサルタントに必要なスキルや持っていると役立つ資格、適性のある人の性格的特徴などをご紹介します。

環境コンサルタントになるには何が必要?

環境コンサルタントになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは根気よく取り組める忍耐力が挙げられます。環境コンサルタントの仕事は環境保全を目的とするコンサルティング業務になりますが、結果が出るのは長期的な時間がかかり、中には10年以上を要するものもあります。

自分が動くことで結果にすぐ繋がる仕事ではないことから、長期的に考えて動ける忍耐力が環境コンサルタントの仕事には求められます。

好奇心が環境コンサルタントの仕事に役立つ

環境コンサルタントの仕事はクライアントが抱える問題に対して環境問題のプロとして解決策を提案します。クライアントは基本的に企業になりますが、それぞれ企業や案件ごとに環境状態は異なります。

学ぶことを嫌がらずに様々なことに興味を持って取り組めることは環境コンサルタントに求められます。

コミュニケーション能力も環境コンサルタントの大切な要素

環境コンサルタントの仕事は、コンサルティング業務を進める際に提案を行うことからコミュニケーション能力が求められます。企画作成や書類作成などの業務もありますが、基本的に人と関わって仕事をすることになります。

中でもクライアントとの打ち合わせは大切で、専門的な知識を持って専門家として提案をしなければいけないので、丁寧に納得してもらうことが大切です。スムーズに提案をする為にも話すスキルや聞くスキルを含めたコミュニケーション能力は欠かせません。

体力も必要な環境コンサルタントの仕事

環境コンサルタントの仕事はハードになりがちなので基礎体力が必要になります。プロジェクトの難易度が高いことや案件が重なっている時期は深夜遅くまで残業を行い、打ち合わせの時間によっては早朝から出勤しなければいけないこともあります。デスクワークと外回りのどちらも行う環境コンサルタントは肉体的にも精神的にもハードな仕事です。

しっかりと環境についての提案をするためには体が資本です。自己管理を行って体調を崩さないようにすることも大事です。

絶対必要ではないが環境コンサルタントに関する資格があるほうが有利

環境コンサルタントになるには、特別な資格が絶対必要というわけではないです。

資格を持っていればスキルや知識の証明なり、就職にも有利に働く可能性はあります。スキルアップと考えて将来に目標がある場合には取得しておく事が良いです。環境コンサルタントとして働く人が取得する資格で代表的なものは、環境計量士や環境カウンセラーなどが挙げられます。

環境コンサルタントに向いている人、適性がある人

環境コンサルタントになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

環境に関する知識が豊富な事

環境コンサルタントに求められる適性として、まずは豊富な知識を持っていることがあげられます。提案をする立場からすると知識を持っていることは必須でしょう。地球温暖化防止のためのCO2や省エネ、環境共生や自然再生エネルギーや資源循環利用システムの導入などについて深い知識が必要なのです。

環境についての深い知識を持っている人は環境コンサルタントに向いていますし、知らなくても知識を増やそうと努力出来る人は適性があると考えられます。

今出来ることに疑問を持てる人

環境コンサルタントの仕事は今出来ることは何かについての疑問を解決する姿勢が大切になります。企業によっては少ない予算で省エネ効果を得たいと考えている人もいるので、今出来ることに疑問を持って行動できる人が環境コンサルタントに向いています。小さなことでも疑問をもてる人は適性があると考えられます。

広い視野を持っている事も環境コンサルタントの適性の一つ

環境コンサルタントは今後の地球環境問題についての提案を行います。地球のことになるとかなり大きな規模になるのでイメージしにくいですが、広い視野を持って地球の環境に向き合うことができる人が望ましいです。

明るい性格の人も環境コンサルタント向き

どの職業でも言える事ですが、人と接する仕事であるため明るい性格ということが大切です。提案や説明をする際に暗い人だとクライアントも嫌な思いをすることと思います。場合によっては担当を変えて欲しいと言われることもあるでしょう。

多くの人と会話する仕事であるので、コミュニケーション能力は必要ですが口下手でも明るく立ち振る舞える人は適性があると考えられます。

環境コンサルタントになるための学校

環境コンサルタントになるために学校に通うことは、自分と同じように環境コンサルタントを目指す仲間に出会える魅力があります。刺激し合える環境ということも魅力的です。

環境について学べる専門学校

環境コンサルタントになるに専門学校に通って知識をつけてから目指す人もいます。
専門学校では自然や緑化、エネルギーなどの専門的な部分で基礎知識をつけることが出来ます。環境コンサルタントの専門学校はあまり全国に多くはないですが、自然環境が良い場所で実習が出来るように地方にあるケースが多い特徴があります。

専門学校の魅力はなんといってもその分野に特化して基礎知識をゼロから学べるということ。環境コンサルタントに必要な基礎知識を早い段階で吸収することが出来るのです。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

環境コンサルタントを目指すための専門学校はあまり多くはありません。しかし学校によって授業のカリキュラムは大きく異なるので、しっかりとコースの確認をしておくべきといえます。

現役で働く環境コンサルタントから直接指導を受けることが出来れば、仕事内容についてのイメージがしやすく良い刺激になるといえます。

資格取得のサポートや就職支援がしっかりしている学校であれば進路に対する不安も軽くなるはずです。環境コンサルタントは専門的で特殊な仕事でもあるので、しっかりとしたサポートがあれば安心できるといえます。普段仕事をしている人であれば夜間コースのある学校を選ぶ事も選択肢の一つになります。

大学でもパティシエになるための勉強が可能

環境コンサルタントになるために学校に通う選択肢として専門学校に通う以外にも大学を卒業してから目指す人も多いです。専門的な仕事内容ですが、なるために決まったルートはありません。

以下のような学部・学科名の場合は、環境コンサルタントを目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので詳しく確認しましょう。

  • 環境学
  • 環境工学
  • 環境情報学
  • エネルギー資源工学
  • 生物学

環境コンサルタントになるには?まとめ

資格があればベター。まずは好奇心やコミュニケーション能力が大切

環境コンサルタントになるには好奇心旺盛でコミュニケーション能力、そしてどんなにハードでも続けられる力が必要です。加えて、環境についての幅広い知識と何事も疑問を持って取り組める力があれば専門的な環境コンサルタントの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことはできますが、資格があればスキルアップに繋がります。専門学校や大学で環境コンサルタントについて学び、資格を取得すれば就職や転職で有利に働く可能性はあるでしょう。

環境コンサルタントの参考情報

平均年収400万円〜800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

環境コンサルタントの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB