環境コンサルタントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

環境コンサルタントの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

専門的で人気の職業の環境コンサルタント。楽しそうなイメージのある職業ですが、常に学びを忘れずに努力を続けた上に成り立っているようです。今回はこの記事で環境コンサルタントの仕事内容や魅力についてご紹介します。

環境コンサルタントとはどんな仕事?

環境についてのコンサルティングを行う仕事

あまり知られていない環境コンサルタントの仕事内容ですが、環境を保全する為の業務をメインに行います。環境に悪いものを考えて、食い止める環境保全を行いながら事業展開のサポートをします。環境の保全プロとして企業に対して的確なアドバイスなども行うのです。

種類が豊富にある環境コンサルタント

環境コンサルタントといっても種類がいくつもあり、広い分野で活躍しています。環境コンサルタントという名前は同じでも種類によって業務内容も大きく変わる場合があります。

環境コンサルタントの種類として、一つはCSR系が挙げられます。企業の社会的責任という言葉で、地域貢献や環境保全を行い企業にアドバイスを行います。建設系の環境コンサルタントでは、建物の建設や工事で起こる環境被害を調査して予測する仕事になります。工事によってあまりにも環境に悪影響を与える場合などは改善策の提案も行います。

企業に対する環境コンサルタントも存在して企業の製品の環境調査を行うのがメインの仕事です。企業が生産している製品は環境にどれ程の影響を与えるのかを調査します。環境コンサルタントと言っても種類が多く業務内容も異なることは覚えておきましょう。

スピードや効率も要求される仕事

環境コンサルタントの仕事は、地域貢献や環境保全を行い企業に提案する仕事になります。環境に悪いかどうかの調査も行うため、やることはとても多い仕事です。一つひとつの仕事を着実にこなすために正確性も求められますが、それ以上にスピーディに仕事を捌いていくことが大切になります。

相手は企業のためそれぞれの都合に合わせて仕事をする必要があり、ゆっくり落ち着いて出来る仕事ではありません。

>デスクワークも外回りもする

環境コンサルタントの仕事は企業や官公庁などのクライアントに環境の専門的なアドバイスを行うことがメインです。クライアントを訪れて打ち合わせをしたり、資料作成や情報収集や分析も行ったりします。デスクワークもあれば外回りもこなさなければならない仕事です。

朝早く残業も多い仕事

多くの案件を抱えていたりする場合には、夜遅くまで提案用の書類を作成したりと残業を行うこともあります。環境コンサルタントの朝は意外と早く8時に出勤する場合もあり、朝早く夜遅くまで仕事をしなければいけないケースもあります。

環境コンサルタントの仕事は意外とハード。体力が必要

環境コンサルタントの仕事は環境を守る仕事ということからカッコよいイメージがあるかもしれませんが、体力的にハードな仕事です。デスクワークや外回りなど一日中ばたばたと動き回る仕事で、朝も早く夜は遅い事が多い仕事です。

土日休みが多いですが、場合によってクライアントの打ち合わせの都合で休日に出勤する可能性もあります。精神的にも肉体的にも負担のかかる仕事なので、体力は必要になると考えられます。

環境コンサルタントの給料レベルは高めの傾向

勤務場所にもよりますが、環境コンサルタントの給料が他の職業に比べると高い傾向です。一般的には18万円~20万円前後の給与からスタートして、年収350万円から600万円といわれています。

ただ経験を積んで環境コンサルタントとして活躍することが出来れば年収1,000万円を稼ぐことも出来る夢のある仕事といえます。

環境コンサルタントの具体的な仕事内容

環境コンサルタントの仕事は、環境保全に関する専門知識や技術に基づき自治体の環境政策、企業の環境に関連するコンサルティング、市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対するコンサルティングを実施することです。

環境保全の提案以外に環境コンサルタントがする仕事

環境コンサルタントの仕事は環境保全についてのコンサルティングを行うだけではありません。経験を積むことで出来る仕事の幅は大きくなると考えられます。

情報収集や打ち合わせ・資料作成

クライアントに環境のことを提案するための準備である情報収集や打ち合わせ、資料作成も環境コンサルタントの仕事の一つです。打ち合わせに間に合うようにまずはクライアント訪問に向けての環境保全に関する新しい情報を集めます。

その情報を持ってクライアントと打ち合わせをし、問題点をヒアリングして次回の提案につなげます。資料作成は打ち合わせをした結果を報告書にまとめます。環境のことをアドバイスや提案が出来るのはしっかりと行った準備ゆえで、手抜きのできないとても大切な作業です。

部内会議

環境コンサルタントの仕事ではほぼ毎日会議を行うことが多いです。当然働く企業によっても異なりますが、大型のプロジェクトの進め方の説明や途中結果の発表など時間を作って会議をすることが多いです。会議での自分の意見や状況をしっかり伝えておくようにすることも大切になります。

環境コンサルタントの仕事は勤務場所によって変わる

環境コンサルタントの仕事といっても勤務先はいくつかあり、働く先によっても仕事内容が異なる場合もあります。基本的に環境コンサルタントは調査会社や研究所、コンサルティング会社などで働くことが多いようです。どこで勤務するかで仕事内容が異なることは覚えときましょう。

下積みからはじまる環境コンサルタントの仕事

環境コンサルタントの仕事は、地道な下積みから始まります。環境コンサルタントは大学や専門学校を出て就職します。学校で専門的な技術を身につけていても環境コンサルタントとして全ての仕事が出来るわけではありません。

中には資格を取得している人もいますが、1年ほどは現場で基礎を学んだり、先輩について行って覚える下積みをしたりすることが多いです。

転職も3年が区切りになることが多い

環境コンサルタントとして働く場合には3年を区切りに転職を考える人も多いようです。スキルアップで転職をしてレベルの高い環境で働く人も多いです。

環境コンサルタントの場合はインターネットサイトで見つけることが出来ます。専門的な仕事であるがゆえに、求人数はそこまで多くはないですが経験を積んでスキルを高めれば給料アップの可能性はあるといえます。

環境コンサルタントの仕事のやりがい

世界的に重要なテーマである

環境問題は世界的にも重要なテーマになっていますが、環境コンサルタントの仕事は環境分野の仕事にプロとして携わります。メディアでクローズアップされることと、多く社会的に役に立っている実感が味わえるのが環境コンサルタントとしての魅力です。

難しい課題をクリアしていく刺激がある

環境コンサルタントの仕事は難しい課題を刺激が多い状況でクリアしていくことです。クライアントが困っていることに対して答えを見つけてより良い方向へと導けた時には大きなやりがいを感じることができます。クライアントの状況はそれぞれ異なるので、同じように解決できないことが環境コンサルタントの魅力です。

個人の評価が繋がりやすい仕事

環境コンサルタントの仕事は、個人の力量が評価に繋がりやすい仕事です。難しいプロジェクトを成功出来れば評価に繋がりますし昇給にも期待できます。クライアントから感謝された時にも最大のやりがいを感じる人も多いです。

環境コンサルタントの仕事内容まとめ

環境コンサルタントは好奇心と努力が求められる仕事

専門的な環境についてのプロとして環境コンサルタントは、クライアントに対して提案をしてサポートをする仕事です。資料の作成や会議など残業も多いことから不規則になりがちで体力的にもハードな面があります。

多くの案件を持つと忙しくなり、プライベートをゆっくり過ごすことは難しいかもしれません。しかしクライアントに感謝されたり、難しい課題をクリアしたりした時には大きなやりがいを感じられる仕事でしょう。

環境コンサルタントの参考情報

平均年収400万円〜800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

環境コンサルタントの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB