歯科技工士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

歯科技工士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

歯科技工士の平均年収は400万円程度と言われており、同じ医療現場で働く看護師や歯科医師と比較すると低水準です。それでも、歯科技工士としてのスキルを磨き続け、最新の歯科治療の知識を取り入れ続けることで平均以上の年収に達することは可能です。この記事では、歯科技工士の収入面についてご紹介します。

歯科技工士の初任給はどれくらい?

初任給は16~21万円程度

歯科技工士の初任給は平均16~21万円程度。高齢化が進む日本において、口腔内の健康を維持する歯科技工士のスキルは欠かせないものになっており、需要も高まっています。

以前は低い給与水準を理由に離職率が高まっていましたが、人材を確保するため歯科技工士の初任給も若干、高くなる傾向があります。今後の需要の高まりを予想すると、さらに高い水準になることも期待できます。

残業代などの雇用条件によっては初任給も高くなる

歯科技工士は歯科医師からの注文が入ると、納期までに歯科技工物を仕上げるため残業や休日出勤が増える傾向があります。そのため、時間外労働の残業代が支払われる企業に就職すると、基本給が低くても、残業代で稼ぐことができます。

しかし、こうした職業の特徴を背景に、残業代を支払わ歯科技工所も少なからずあるため、事前に契約内容を確認することが重要です。

歯科技工士の平均給与の統計

平均給与は30万円程度

歯科技工士の平均給与は30万円程度となっており、個人のスキルや能力によって差があります。歯科技工士も医療業界で働く技術者ですが、医師や歯科医師と比較すると平均給与は低めです。

例えば、厚生労働者が発表している、平成29年賃金構造基本統計調査によると歯科医師の平均給与は約65万円になっており、医師の平均給与は100万円を超えています。

給与だけを比較すると低い水準になりますが、歯科技工士も患者の健康を守るために自分のスキルを役立てることができる仕事です。地道に努力を重ねれば給与アップやキャリアアップを目指すことも可能です。

月給と歩合制

歯科技工所で働く場合、月給制と歩合制のところがあり、どちらを選択するかによって給与の額も変わってきます。

月給制の場合、毎月の仕事量や仕上がりの質に関わらず、安定した収入を見込めます。一方で、残業代が支払われない技工所だと、勤務時間が長くなっても給与が増えず、割合が悪くなることもあります。

一方、歩合制の場合、短時間でたくさんの歯科技工物を仕上げるだけのスキルがあれば、効率よく給与水準を上げることができます。また、単価の高い技工物を多く請け負うようになれば、それも給与アップにつながります。

歯科技工士としてのスキル・実力に自信があるなら、歩合制で勝負するのもひとつの方法でしょう。

派遣社員やアルバイトの場合、時給1,100円から1,500円程度

歯科技工士には、派遣社員やアルバイトで働くという方法もあります。インターネット上の求人をみると時給1,100円から1,500円程度で募集があがっており、特別な経験やスキルがあればさらに高い時給も期待できます。

例えば、時給1,200円で1日8時間働いた場合、210,000万円程度の給与を貰えることになります。ワークスタイル的に時間の都合が、ブランクのある人や子育てと両立したい方でも活躍できるでしょう。

女性、歯科技工士の給与平均

歯科技工士の大半が男性ですが、高いスキルを持つ女性も活躍しています。女性の歯科技工士の平均給与は23~28万円程度になっており、男性と比較すると低い水準になりますが、女性の仕事としては悪くない給与額です。

歯科技工所の中には、優秀な歯科技工士を確保するため、時間外手当や深夜手当、休日出勤手当や交代手当などが準備されている場合もあります。

就職先を検討する際、勤務条件による手当の充実している職場を選ぶと、女性であっても男性と変わらない給与を貰える可能性があります。

歯科技工士の平均年収の統計

平均年収は400万円程度

歯科技工士の平均年収は400万円程度となっており、ハードな仕事内容の割に年収が低いと感じている人もいるようです。

歯科技工士の大半が歯科技工所や歯科医院で働いていることを考えると、大幅な年収アップを期待するのは難しいでしょう。

もちろん、年齢に伴って技術力が向上していけば、平均以上の年収に達することも可能ですし、場合によっては600万円以上の年収を貰うことも夢ではありません。

年齢別の歯科技工士の年収統計

歯科技工士の世界では実力が重視されるので、年齢に伴って自動的に年収がアップすることは期待できません。しかし、参考として年齢に伴う年収統計をご紹介します。

新卒で歯科技工士になった場合、20代後半で250~350万円。30代では300~400万円程度の年収に達することを予想されます。

その後、スキルを磨き続け、チームリーダーなどの役職がつけば、40代・50代では400~500万円程度の年収を貰うことも可能です。

歯科技工士になってすぐに高い年収を貰うことは期待できませんが、技術力を磨き続ければ平均サラリーマン以上の水準に達することもできます。

歯科技工所の規模で平均給与も変わる

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査を参照すると、歯科技工士の年収は企業の規模によっても変わることが分かります。

年齢やスキルによって違いがありますが、一例としてご紹介すると、10人規模の歯科技工所の場合、平均年収は約400万円程度になっています。

しかし、1,000人以上の規模のところでは500万円以上の年収に達します。つまり、大規模な歯科技工所で働き、役職がつけば500万円以上の年収に手が届く可能性もあるのです。

歯科技工士としてなるべく大規模な企業で働きたいなら、大学進学あるいは3年制の専門学校など、カリキュラムや就職サポートの充実した学校を選ぶとよいでしょう。

歯科技工士が年収をアップさせる方法

技術力の向上

歯科技工士の年収は高い水準ではありませんが、なかには1,000万円近い年収を貰っている人もいます。そのためには、国家資格に合格するだけでなく、地道な努力を重ね技術力を向上させることが重要です。

歯科技工所で作業単価の高い品物を担当するためには、最新の審美歯科に通じていることやCAM・CADなどのコンピュータースキルを使いこなせることなどが条件になります。

たとえ独立したとしても、技術力が伴わなければ、歯科技工士としては長続きしません。専門性の高い仕事である分、基盤となる技術力の向上に励むこと、また、日々進化を続けるテクノロジーへの対応力も年収アップのカギとなるでしょう。

独立開業を目指す

年収1,000万円以上を目指すのであれば、歯科技工士として独立開業を目指すのも有効です。

実際、歯科技工士は独立しやすい職業として知られており、定期的な受注を受けることができれば年収を上げることができます。特に、インプラントや審美歯科、スポーツ歯学など、分野に特化した強みを持てれば、経営も安定しやすくなります。

歯科技工士が独立するには500万円程度の資金が必要といわれています。事業所の規模にもよりますが、義歯を作るための道具や設備を整えるだけでもある程度のお金はかかります。

資金繰りに苦戦した上で、経営が軌道に乗らず廃業に追い込まれるリスクも小さくありません。独立開業を行うべきかは、どこから仕事をもらえるか、自分の技術をどう売れるか等も考慮して、慎重に判断する必要があります。

歯科技工士の給与・年収まとめ

歯科技工士は、技術力の向上や独立開業で500万円以上の収入を得ることも可能

歯科技工士の平均年収は400万円程度と言われており、医療現場で働く医師や歯科医師と比較すると低水準です。

それでも、歯科技工士としてのスキルを磨いていくことで、自らの力で年収をアップさせていくことができます。

一般的な歯科技工物だけでなく、スポーツ歯学や審美歯科など分野に特化した実力が認められれば500万円以上の年収を貰うことも可能です。

独立開業し、成功すれば1,000万円以上の年収に達することも夢ではありません。

歯科技工士の参考情報

平均年収400万円~600万円
必要資格
  • 歯科技工士
資格区分 国家資格
職種医療

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

歯科技工士の関連記事

医療に関する他の職業KANREN JOB