MR(医薬情報担当者)の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

MR(医薬情報担当者)の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

MRは、医療用医薬品を医師など医療従事者に提案したり、医薬品の副作用情報などを収集し、製薬会社にフィードバックする仕事です。医療情報担当者として医療従事者を相手にする営業職がMRです。本記事では、MRの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

MRとはどんな仕事?

医療用医薬品情報のスペシャリスト

MRは日本語では医療情報担当者と呼び、人々の病気や怪我を治すための医薬品に関するスペシャリストです。

MRが情報を扱う医薬品は種類がとても多いですが、医師の処方箋に基づいて処方される医薬品という共通点があります。錠剤や粉薬、軟膏や塗り薬まで様々な医薬品を扱います。MRという仕事は医療用医薬品のスペシャリストとして人気が高いという特徴があります。

医療用医薬品の情報を医療現場に伝える仕事

MRの仕事内容としてメインは医療用医薬品の情報を医師や看護師などがいる医療現場に正しく伝えることです。画期的な薬品が出れば積極的に売り込みも行います。

正しい情報を医療現場に伝えることもMRの仕事です。MRは営業でありながら人々の健康を守るために欠かせない役割を担っているといえるでしょう。

効率が要求される仕事

MRの仕事は医薬品の情報を伝えるために医師とアポイントをとることから始まります。医師の休憩のタイミングを見はからい、新しい医薬品の説明を行う必要があります。

タイミングが悪ければ医師の時間が空くまで待たなければいけません。MRの仕事は限られた時間を効率的に使う能力も求められます。

残業が多く、遅くまで仕事をすることも

MRの仕事はその日の仕事が終わると次の日のアポイントに必要な資料の作成を行います。次の日の準備が終われば帰ることができますが、訪問先とのお付き合いで食事に行く日も多くなります。

さらにMRの仕事は担当する分野の薬の情報を把握するために日々勉強が欠かせません。副作用や価格などを含めて誰よりも詳しくないといけないのです。残業も多く、遅くまで仕事をしなければならない日もあります。

日によって早く帰れる日もありますが、基本的には不規則になりやすく体力的にハードな仕事といえるでしょう。

MRの仕事は意外とハード。体力が必要

MRの仕事は優雅でかっこ良いイメージがあるかもしれませんが、医師のもとに行くために移動も多く、体力的にもハードな面があります。アポのために資料を作成したり、デスクワークも多いです。アポによっては早朝出勤をしなければいけないこともあり、拘束時間は長めです。

全体的に不規則な勤務体制になることも多いので、それに耐えられる体力も必要になると考えられます。

MRの給料レベルは高めの傾向

勤務する企業の規模によっても異なりますが、MRの給料はほかの職業に比べると高い傾向が多いようです。一般的には20万円前後の給与からスタートし、年収は600〜800万円といわれています。

経験を積んで営業として医師からの信用を勝ち取ることができればさらに年収がアップする可能性があるので夢のある仕事といえるでしょう。

MRの具体的な仕事内容

MRの仕事は医薬品を提案すること

MRの仕事は、医薬品の情報を医師や看護師に提供することに尽きます。

一般的には錠剤の薬を提供しているイメージが強いかもしれませんが、下記の一覧を見てもMRが取り扱う医療品の種類は様々です。

  • 粉薬
  • 塗り薬
  • 注射
  • 点滴

医薬人の提供以外にMRがする仕事

MRの仕事は、医師や看護師に医薬品の提供を行うだけではありません。経験によって任される仕事は幅広いです。

情報収集や資料作成準備

薬の売り上げや販売に関する最新情報の確認もMRの大切な仕事です。薬は日々新しく進化しているので、新鮮な情報を知っておくことはMRとして大切な仕事です。

加えて医師に提案するための資料作りも行います。医薬品の情報をまとめた資料などを作成して訪問用の準備を行います。

メールチェック・デスクワーク

MRの仕事としてメールチェックがあります。アポイントを取っている医師からメールでやりとりすることもあるので欠かせない仕事のひとつです。医師からの質問や要望にこたえたり、事務作業としてデスクワークを行います。

下積みから始まるMRの仕事

MRの仕事は、地道な下積みから始まります。多くのMRは専門学校や大学を出て就職します。

大手の製薬会社であれば募集条件に大卒を条件に定めている場合もあるので、大学を卒業してMRになる人は多くいます。専門的な知識を学生のうちに身につけたとしてもすぐに本格的に医療の現場へ営業に行くことはできません。

医師に医薬品を提案することは大きな責任がともなうものです。幅広い薬の知識を誰よりも詳しくならないといけないことも多いので、2年以上は下積みをするのがベターです。

2年かけて徐々に仕事の幅を広げていくイメージ

MRの1年目は先輩と一緒に現場に行き医師や看護師に覚えてもらうことから始まります。どのように話を持っていくか、それぞれの説明を見て学びます。

当然MRとして優秀な人はすぐに一人前とみなされ、一人で営業に出る場合もありますが、2年はじっくり下積みする場合が多いです。先輩のサポートや資料の作成などの地味な作業を重ねていくうちに仕事を覚えていくことができます。

転職も3年が区切りになることが多い

MRでは3年を一区切りにして転職を考える人も多いようです。スキルアップとして転職を繰り返し、大手の製薬会社で実力をつける人もいます。

MRの場合は求人を検索するとインターネットで特集が組まれていることも多いです。専門的な仕事でありながら、年間を通して求人数は多いです。経験を積んで信用を獲得することができれば、給料アップまでの道も開ける可能性があるでしょう。

MRの仕事のやりがい

進化していく医薬品を見つめられる

現代社会では医療の進歩は目覚ましいものですが、進歩を支えてきたものは医薬品です。自然科学の研究が進むことで人工的に優れた医薬品を作ることが可能になったのです。

人々の生活に欠かすことのできない医薬品を医療者に届けるための橋渡しを担っているのがMRです。数千種類ある薬の種類を把握してニーズに合わせた提案ができる、病気や怪我で苦しむ患者を救う手伝いができることは大きなやりがいといえるでしょう。MRは人の命を支えている誇りを感じることができます。

専門職ならではの面白さがある

MRが取り扱っている医薬品は日々新しいものが開発されて販売されています。MRは常に薬に関する勉強が必要になります。病気や怪我に関する知識も欠かせないですが、探究心や向上心を持って仕事に向き合いたい人にとっては大きなやりがいを感じられる職業といえるでしょう。

自分の戦略がうまくいった時

MRの仕事は医師や薬剤師、看護師に医薬品を提案することが仕事です。営業として医師の隙間時間を使ってアポをとります。正攻法のない世界なので、自分が考えた戦略があたり、製品が採用された時には無常の喜びを感じることができます。

医師といっても一癖も二癖もある人ばかりなので、スムーズに医薬品の提案はできないことの方が多いでしょう。成功までの苦労と失敗を思い出し、自分で自分を労います。そんな時にもMRとしてやりがいを感じられます。

MRの仕事内容まとめ

MRは努力とセンスが求められる仕事

医師や看護師などに医薬品を提案するのがMRの仕事です。医師の空いた時間を狙ってアポイントを取り、納得させるために資料作成するなど、センスと努力が必要になるでしょう。

勤務時間が不規則になりがちなことから体力的にもハードな面があるのも特徴です。日々の勉強も必要なので、プライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。

ですが、患者を救う手伝いができることや、戦略を練って医師に説明して製品が採用された時には何よりの喜びであり、やりがいを感じられるはずです。

MR(医薬情報担当者)の参考情報

平均年収500万円~800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種医療

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

MR(医薬情報担当者)の関連記事

医療に関する他の職業KANREN JOB