柔道整復師の給与や年収は?収入は経験によって上昇!独立開業で高年収の可能性も

柔道整復師の給与や年収は?収入は経験によって上昇!独立開業で高年収の可能性も

接骨院や整骨院などでお世話になることが多い柔道整復師の給料・年収はいくらぐらいなのでしょう。気になる柔道整復師の平均給与をまとめました。さまざまな活躍場所がありますが、柔道整復師としての経験によって左右されることが多くなっています。

柔道整復師の初任給

新人の柔道整復師の給料は平均20万円前後

柔道整復師の国家資格に合格して、初めて柔道整復師としての仕事に就くとなると、初任給が気になる方も多いかと思います。

新卒、かつ、初めて柔道整復師として接骨院に勤務した場合、初任給は20万円前後が相場のようです。ただし、これは額面の金額であり、この中から所得税などが差し引かれます。

また、柔道整復師は接骨院や整骨院、病院の整形外科以外にも、スポーツ施設や健康施設、介護施設やスポーツトレーナーといった、さまざまな勤務先があります。勤務先によって給与には幅がありそうです。

転職した時の給料は経験によって左右される

柔道整復師は国家資格の取得がゴールではなく、現場での経験による技術や知識が重視される職業であるため、転職をする際は経験によって給料が左右されることがあります。

一般的に、転職時の初任給は、これまでの経験によって決まることが多いです。しかし、なかには、経験者でも、転職時に新卒採用者と同じ給与を提示される場合もあるかもしれません。その場合は経験や経験による知識や技術などをアピールすることが重要です。

柔道整復師への転職は国家資格が必要

異業種から柔道整復師への転職をしたい人に注意点をお伝えします。まず、柔道整復師は厚生労働省業務独占資格であるため、国家資格がないと柔道整復師として働くことができません。

また、柔道整復師は国家資格が必要な職業ですが、資格取得はゴールではなく、資格を取ってからこつこつと経験を積むことによって、技術や知識などを高めていくことが大切な職業です。そのため、資格取得して転職した場合でもいきなり高収入が得られるとは限りません。

柔道整復師の平均給与について

柔道整復師の平均給与は約31万円

厚生労働省の「平成29年度賃金構造基本統計調査」のデータによると、柔道整復師を含む高専・短大卒の医療業の平均給与は、全国平均が約31万円となっています。

柔道整復師の仕事は国家資格が必要であるにも関わらず、少し給与が低いと感じる人もいるかもしれません。しかし、自分の行った施術や体の機能改善指導などで被施術者の機能が回復や改善をすることが、大きなやりがいとなるでしょう。

歩合制を採用している接骨院も

接骨院・整骨院によっては、固定給ではなく、被施術者を担当した数によって給与が上乗せされる歩合制を採用しているところも少なくありません。また、それぞれの接骨院・整骨院が定めた一定の成果を収められれば、昇給やボーナスに反映される制度を定めているところもあります。

男女でも平均給与に差がある

厚生労働省の統計を見る限り、男性の平均給与は約33万円、女性の平均給与は約30万円となっており、性別による多少の平均給与の差がうかがえます。

あん摩・マッサージ・指圧師よりは給与が高いことが多い

柔道整復師と似ている職業に、あん摩・マッサージ・指圧師が挙げられます。あん摩・マッサージ・指圧師は、給与の伸びが低い傾向にあり、経験や成果などにより給与の伸びがある柔道整復師の方が、給与が高くなることが多いといえます。

柔道整復師の年収について

柔道整復師の年収は約300万円~約450万円

柔道整復師を含めた高専・短大卒の医療業の平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約450万円となります。

新人の場合の月々の給料が約20万円であれば、年収が300万円台になることも考えられるため、柔道整復師の一般的な年収は約300万円~450万円だと予想されます。

独立開業によって平均給与以上の給与・年収の可能性も

接骨院などに雇われて柔道整復師をしている場合、高年収はあまり期待できません。

柔道整復師として働いて、柔道整復師の平均以上の給与・年収を稼ぐ方法の1つに、独立開業があります。1日の来院被施術者数がとても多くなったり、スポーツ選手や芸能人が被施術者の有名接骨院・整骨院の経営者などになったりすると、年収1,000万円も夢ではありません。

しかし、独立開業には資金が必要であり、被施術者をあまり集められない場合は大きな負債を抱える可能性は否めません。独立開業するには覚悟も必要となります。

独立開業以外で高年収になるには

独立開業以外で、柔道整復師として高年収になるには、腕を磨いて歩合制で働くという方法や、大手接骨院チェーンの院長を目指すなどという方法もあります。

機能訓練指導員として働いて収入アップ

また、機能訓練指導員として介護福祉施設で働き、高年収を目指すという方法もあります。機能訓練指導員とは、介護施設などで、筋力低下の予防や健康維持のためのストレッチの指導や、痛みを緩和する目的でのマッサージなどを実施する職業です。高齢化社会による人材不足が深刻な介護業界で、重宝されています。

求人数も増加傾向にあり、好条件・好待遇の求人も多く、接骨院で勤務していたときに年収が300万円台だった人が、介護施設で働くと年収が400万円~500万円台になることもあります。

介護施設で5年以上の実務経験を積んだ場合はケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格が得られるため、試験合格によってケアマネージャーとなれた場合は、さらに活躍の場が広がることもあります。

柔道整復師教員(専科教員)として働いて収入アップ

柔道整復師教員(専科教員)は、柔道整復師の養成施設で、実技や学科を教える人を指します。柔道整復師であれば誰でもなれるわけではなく、最低3年以上の柔道整復師としての実務経験が必要で、試験を受けて厚生労働大臣指定の講習会を受講する必要もあります。

講習会の受講前の試験が難しく、解剖学・柔道整復学・関係法規の3科目のマークシート方式の試験となっています。

柔道整復師教員になると、常勤講師として専門学校などに勤めたり、非常勤講師として施術院の勤務の傍らで勤めたりすることができます。ただ、欠員が出た場合のみ募集されることが多いため、求人数はあまり多くありません。

給与は、常勤講師で25~30万円、年俸制の場合の年収は400~480万円が相場のようです。

柔道整復師としてアルバイトをする人も

柔道整復師の働き方は正社員のみではありません。契約社員や派遣社員、パートやアルバイトといった働き方もあり、自分に適した働き方を選択することが可能です。

パートやアルバイトの魅力は、正社員として朝から晩まで働いていた女性が、結婚や出産を機にパートに切り替えられることなどといった、ライフスタイルに応じた働き方ができることなどでしょう。

柔道整復師の派遣社員・パート・アルバイトにおける時給は、平均で約900~1500円程度が相場です。派遣社員・パート・アルバイトで働く場合の年収は、時給や勤務時間によって大きく左右されますが、200万円~300万円ほどでしょう。

柔道整復師の給料・年収まとめ

柔道整復師の年収は平均レベル。経験によって給与は上がっていく

柔道整復師の平均給料や年収レベルは、経験やどのような場所で活躍するのか、固定給なのか歩合制なのかによって、変動もありますが、平均的なレベルの給与だといえます。

柔道整復師は、国家資格取得後の経験の積み重ねによって、さらに給与を上げることが可能な職業です。接骨院や整骨院などといった形で独立開業もできるため、頑張りが報われやすい職業といえるでしょう。

経営のリスクはありますが、より高い年収を目指す場合は、独立開業での成功を目指すのもひとつの手かもしれません。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

柔道整復師の参考情報

平均年収350万円~700万円
必要資格
  • 柔道整復師
資格区分 国家資格
職種心理・福祉・リハビリ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

柔道整復師の関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB