ペットショップ店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ペットショップ店員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

ペットショップ店員は、生き物を販売する特殊な仕事です。ペットとなる動物の販売だけでなく、健康状態の維持をはじめとする様々な仕事を行います。世間的には収入が少なくハードな仕事と言われていますが、実際の所どうなのでしょうか。今回は、ペットショップ店員の平均給与や年収、収入アップの方法などをご紹介します。

ペットショップ店員の初任給

ペットショップ店員の初任給の平均は15〜18万円

ペットショップ店員の初任給は、平均を取るとおよそ15〜18万円前後の水準となります。一般的な民間企業の会社員の初任給と比較しても、かなり低い部類に入る水準です。

ペットショップ店員の待遇は世間的に見ても低いと言われていて、額面を見ても15〜17万円スタートが一般的です。これでも給与としては低いですが、そこから更に所得税、社会保険料など諸々の差し引きがあって、手取りは12万程度になることもあります。

あまり経験の有無などは重視されず、ペットが好きで熱意があれば働けるという場所が多いです。勤務に際して敷居の高さはないため、ペットショップ店員になることは比較的容易でしょう。しかし、そうした容易さの分、待遇はあまり望めず、新人のうちは収入的にはかなり厳しい状態が続くでしょう。

経験やスキルに応じて少しは増えるが、あまり収入の増大は期待できない仕事

統計データや求人サイトの情報、口コミなどを紐解いていくと、ペットショップ店員も多くの他の仕事と同じく、経験やスキルを積み、勤続年数を重ねていくことにより、給与が上がっていくようです。モデル年収として、初任給+10万程度の範囲が設定されている求人も少なくありません。

しかし、給与の上げ幅についてはあまり期待できません。平均を見ても、初任給から10万円程度の上乗せしかないという結果が出ています。サラリーマンの場合、統計的に見ても新卒初任給+20〜40万くらいまでの給与増額が期待できますし、業種によっては様々な手当が上乗せされて最終的には非常に高額な給与となります。

ペットショップ店員の給与の上げ幅である+10万は、一般的な民間企業の正社員や公務員の場合、早ければ20代のうちに達成してしまう額です。そう考えると、いかにペットショップ店員の待遇が低いかがわかります。

売上に応じてインセンティブが設定されているが、その額も高くはない

ペットショップ店員をはじめとするショップ店員は基本的に給与が低めに設定されていますが、10〜20万円の給与の上げ幅が望めるところが多いです。ショップ店員の中には、携帯ショップ店員のように様々な手当やインセンティブがつく、収入の高い職業もあります。

一般的に待遇が悪いと言われているアパレル系のショップ店員も、売上に応じたインセンティブがしっかり設定されており、売上を出せばしっかりとした報奨金が支払われますが、相応のノルマが課され、達成できない場合は自腹購入をしなければならないところもあるようです。

ペットショップにもインセンティブやノルマといった制度があるようです。しかしインセンティブは例えば犬猫の場合、1匹あたり2,000円といった非常に微々たるもので、かといって頻繁に売れるものでもないことから、インセンティブによる収入もあまり望めません。

ペットショップ店員の平均給与

ペットショップ店員全体の平均給与は約20〜23万円

ペットショップ店員に関しては、かなり統計データが少ないという性格上、口コミ、求人サイトなどを参照し概算を算出すると、ペットショップ店員全体の平均月額給与は、およそ20〜23万円前後となっています。

サラリーマン全体の平均月額給与がおよそ35万円という統計が出ておりますので、15万円近く下回る水準です。ペットショップ店員は、あまり大きな給与の上げ幅が望めない仕事であることは先程説明しましたが、ショップ店員の仕事全体から見ても、低い水準の待遇と言えるでしょう。

求人サイト等におけるモデル年収や口コミから算出した平均月額給与の推計としては、20代が15〜17万円、30代が18〜20万円、40代で20〜22万円、50代で22〜24万円ほどとなっていて、ここから諸々の差し引きを受けて手取りは更に2〜3万円のマイナスとなります。

ペットショップ店員には非正規雇用が多い

業種を問わず、ショップ店員の仕事には非正規雇用が多いとされています。ペットショップ店員も例に漏れず、非正規雇用者が多く働いています。

そして、多くのショップ店員の中でもペットショップ店員は仕事がハードであるわりに待遇が厳しいと言われています。地域によって細かく報酬の度合いは上下しますが、基本的には各都道府県の最低賃金に近い額で働く場合が多いといいます。

例えば東京都の平均時給は1,104円、神奈川県の平均時給は1,030円、大阪府が1,009円、埼玉県が982円、千葉県が981円といったように続いていきますが、概ね850〜950円が平均といったところです。安いところでは、長崎県で818円、福島県で832円などとなっています。

最も高い東京都でも、月収換算で19万円程度となっており、正規雇用の初任給よりは高いですが、20万円を下回っているので、インセンティブがあったとしても、非正規雇用では厳しい待遇のままです。

しかし新人の頃は、時給900円としても月給は15万円台後半となるので、諸々差し引かれるとしても、場合によっては正規雇用の方が給与が低くなる可能性もあります。

ペットショップ店員の平均年収

ペットショップ店員全体の平均年収は約200〜300万円

求人サイトや口コミなどを参照し、おおよその平均年収を算出すると、ペットショップ店員全体の平均年収は、おおよそ200〜300万円前後となっています。サラリーマン全体の平均年収が概ね430万円と言われているので、平均と比べると130〜230万円のマイナスとなり、非常に低い待遇であることがわかります。

ショップ店員の中でも待遇は低めと言われていますが、ショップ店員全体の平均年収を算出してみても300万円を少し越える程度でしたが、範囲として200万円台にまとまってしまうのは、実際にショップ店員の中でもかなり低いラインとなっています。

ペットショップ店員は特別な免許などはないとはいえ、生き物を販売し、管理する仕事です。生き物は必ずしも綺麗な姿ばかりを見せるとは限りません。日に3〜5回の食事の時間があり、食事の分、排泄を行います。そうした排泄物の掃除も、ペットショップ店員の仕事です。

あまりやりたくないと考える人も多いかもしれませんが、排泄物はペットの健康状態のバロメーターです。嫌でも毎日チェックして、細かい観察を怠らないようにしないといけません。特に子供である場合、一度病気になってしまうとあっという間に売却に適切な時期を過ぎてしまいますし、最悪の場合、死んでしまいかねません。

そのほかにも、狭い檻に入れられた動物というのはすぐにストレスを抱えてしまいますので、清掃・餌やりを中心に接客・販売以外にもやらなければならない仕事は山積みです。こうしたハードな仕事内容にしては、待遇はずっと厳しいままです。

ペットショップ業界では、賞与という概念がない?

統計がなかなか見つからないので、様々な口コミやブログを参照してみましたが、多く言われていたのが、ペットショップ業界には賞与という概念がなく、正社員でもボーナスが出ない場合が多いというものでした。

アパレル業界でも、インセンティブに加えて少ない可能性はありますが、正規雇用の場合ボーナスはある程度出ると言われていますが、ペットショップの場合、正社員でもボーナスが出ないことが多く、ボーナス無しであればショップ店員の中でも低い水準に留まってしまうのは仕方ないことなのかとも思います。

もちろん会社によってはボーナスや手当をしっかり支給しているペットショップもありますが、多くの場合、比較的給与体系や経営体制がしっかりした大手に限られるようです。

個人店のように小規模であれば、ボーナスがなく、あるいは微々たるものに留まり、年収は平均月収である20〜22万×12ヶ月として計算されることになります。そのまま計算すれば240〜264万円です。

店長職になればまだ高収入の可能性も望める

ペットショップ店員に限らず、ショップ店員の立場で年収をあげようと思ったら、店長職以上の立場に出世するしかありません。

または、経験とスキルを積み上げて、より手厚い待遇のところに転職するなどの手段もありますが、そうした場合も業界全体の平均年収が非常に低いので、店員の立場のままではあまり高い年収は期待できないでしょう。

チェーン店として展開しているペットショップであれば、店長職になれば、微々たるものですが手当も出ますし、売り上げの取りまとめや締め作業、帰り際にペットへの餌やりや病気になった際に薬を飲ませるなどの管理も店長の仕事です。

ペットの仕入れなど付帯する業務も増え、仕事量が増しますので、残業代をしっかり出してくれるペットショップであれば、純粋にかけた時間の分だけ、収入が入ってくることになります。また、店長であればボーナスが出る、というところも少なくありません。

しかし長時間労働により体調を崩しては元も子もありませんので、そのリスクを考えると、収入が増えるといっても高収入に至れるかは首をかしげてしまいます。

複数の店舗を一手に管理するエリアマネージャーやスーパーバイザーなどの立場になれば、年収は飛躍的にアップする可能性があります。

ペットショップ店員の給与・年収まとめ

業務内容に対して収入は少なめ、やりがい重視の仕事

ペットショップ店員は、かなりハードな仕事であり、それに見合った年収も望めない可能性があります。しかし、大手のペットショップでは比較的収入がいい場所もありますし、務める店舗によって待遇は様々です。

ペットショップの一番のやりがいはペットに囲まれて働けることと、ペットの世話が毎日できること。ハードではありますが、ペットやお客様の笑顔はかけがえのないものです。こうしたやりがいを持って働き、店長以上の役職に出世するのが高収入への近道となりうるはずです。

ペットショップ店員の参考情報

平均年収200万円〜300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ペットショップ店員の関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB