ペットショップ店員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ペットショップ店員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ペットショップ店員は、ペットショップでの販売、接客の他にも、餌やりやトリミングなど販売するペットの世話や管理、幼いペットに社会性を身につけさせるしつけなど、多種多様な仕事を日々こなしています。このページでは、ペットショップ店員の仕事内容や、将来性についてご紹介します。

ペットショップ店員とはどんな仕事?

ペットショップでの接客と販売、ペットのお世話、管理全般を担う仕事

ペットショップ店員といえば、「ペットを販売する仕事」で、確かにペットショップの主要な役割はそのままペットの販売です。

ただ、ペットを販売する、ということは、この一言では終わらないくらい様々な仕事を抱えるということなのです。ペットの世話、健康管理を始め、生き物を商品にするということは、それだけで相応の維持コストがかかります。

販売しているものがぬいぐるみや人形、玩具の類であれば、仕入れて店舗の棚に並べ、お客様が手に取り購入すれば売り上げが入ります。しかし、生き物を商品として扱うということはそんな簡単にはいきません。非常に多くの手間がかかります。

なぜなら、ペットショップ店員は命を預かる仕事だからです。ペットは霞を食べて生きているわけではありませんから、しっかりと餌をやらないといけませんし、食べ物を消化すれば排泄もします。販売中に汚物やストレスに晒されないよう、陳列や取り扱いには細心の注意を払います。

とはいえペットショップ店員だけではできることにも限度があります。周囲の、あるいはペットショップ勤務のペットに関する資格を持つ人たちと連携しながら、愛玩動物を毎日お客様に紹介し、ペットにとっての命の貰い手を探しています。

ペットたちの残りの人生をお客様に託す仕事

ペットショップ店員は、いい飼い主に購入してもらい、ペットたちの残りの人生が幸せなものとなるように、日々仕事をしています。

その為に、仕入れたペットたちを、手塩にかけて世話します。健康管理はもちろん、ケースやゲージ内の清掃、排泄物や汚物の除去、精神的な負荷が掛からないように慎重に世話をし、問題行動を取らないようにしっかりしつけます。

見た目も綺麗に整えます。入浴させたり、定期的に出る目やにを拭いたり。トリミングを行ったり、毛並みを整えたり、なるべく小汚く見えないように、綺麗な状態を保ちます。病気があれば、獣医や動物看護師に診てもらって、然るべき治療を施します。

そうして世話をしたペットたちを、お客様にお金を払ってもらって引き渡し、それ以降の人生をお客様に託します。あとでトラブルが起きたりしないよう、販売するペットたちをしっかりお世話し、外に出して恥ずかしくないように社会性を身につける躾もしっかり行います。

ペットショップ店員の具体的な仕事内容

ペットの販売と接客、ペットの仕入れ、ペットの管理

ペットショップ店員は、ペットとお客様を引き合わせる仕事です。ペットショップの主な役割は、文字通りペットを提供し、販売し、それに係る接客全般を担うことです。

思い入れの如何はともかく、お客様の対応をし、ペットを販売することがペットショップ店員の主要な業務といっていいでしょう。気持ちのいい、安心できる接客を行うためには、ペットそのものの生態や習性、取扱などの全般的な知識はもちろんのこと、そのペットに関連したペット用品の知識も必須です。

必ずしも全てのお客様が購入するペットを決めて訪れるわけではありません。ペットショップに入店する時には全く種類などは決めていなくても、何らかのペットは欲しいという気持ちで訪れているお客様もいます。

そうしたお客様の相談に対して、お客様の言葉から読み取れる好みだったり、望む事だったりを的確に読み取って、親身になって提案することもペットショップ店員の大事な仕事です。

ペットや関連用品の買い付け、仕入れもペットショップ店員の仕事で、ペットショップの運営の根幹を担う仕事でもあります。ペットは繁殖を請け負うプロ(いわゆるブリーダー)や輸入業者などから買い付けます。

多くの商品を取り扱っている仕入れ元の業者はペットの適切な管理を怠っていることもありますので、仕入れの際にしっかりとペットの健康状態を見極め、適切な管理がなされているペット、大事にされてきたペットを選ぶ必要があります。

関連用品は問屋から仕入れますが、必ずしも大手の問屋に任せきりにするのではなく、規模は小さくとも使い勝手のいい商品を仕入れている問屋の情報など、業界周辺を飛び交っている些細な手掛かりも見逃さず、優秀な問屋を見つけ、関係を作っておくことが大切です。

ペットの管理もペットショップ店員の重大な仕事です。常にペットは健康、かつ清潔でなければなりません。いい状態を保つために日々の餌やりを欠かすことなく、寝床の掃除を毎日行い、排泄物の除去もしっかりと行います。

また日頃からペットを観察し、触れることで、健康を損なっていないか、その些細な予兆をも見逃さないくらい、毎日のペットの状態の把握は欠かせません。ペットの好みや生態などの知識をしっかりと頭に入れましょう。

トリミング・グルーミング、ペットのしつけ、時にはペットシッターの仕事も

ペットが清潔に、綺麗に見え、野暮ったくならないように、トリミング・グルーミングもペットショップ店員が行うことがあります。トリマーなどの資格を持ったペットショップ店員であれば自身でやりますし、プロが店内にいなければ別途依頼します。

トリミング・グルーミングは、体毛を抜いたり、カットすることでペットの見た目をすっきりとさせることを言います。コームやスリッカーを用いて、毛をほぐしたり整えることもその範疇です。一般的に、犬の場合をトリミング、猫の場合をグルーミングと呼びます。

ペットに社会性を身につけさせるためのしつけも、お客様に購入いただいた後の生活に向けて、しっかりと行います。特に犬については、主人以外の人間に対しても人懐っこく接することができるように矯正を行うように動物愛護管理法においても推奨されています。

生後6ヶ月くらいまでの時期は大切な時期で、このくらいまでにしっかりとした躾を施すことで犬に社会性が身につき、人や他の犬に対する接し方を学ぶことで、人が飼いやすくなり、犬自身も生きやすくなると言われています。

とはいえ画一的なしつけを施すことはあまり効果的ではありません。できれば、1匹ごとの性格や好みの違いをしっかり観察して見抜いた上で、それぞれに違った躾を施すように心掛けるべきです。

飼い主が旅行や帰省などでペットをどこかに預けたい、といった場合に利用できるサービスとして、ペットホテルや、ペットシッターがあります。ペットホテルはペットを収容できるホテル型の施設においてペットを預かって数日間に渡り世話をするサービスで、ペットシッターは飼い主の代わりに飼い主の自宅に赴き、ペットの世話を行います。

こうした仕事もペットショップが担当していることも少なくなく、またペットショップが申込窓口となって、外部のペットホテルやペットシッターを紹介、仲介する役割を担う場合もあります。

ペットショップ店員の仕事のやりがい

飼い主となるお客様にとって最適なペットや、ペットにとって最適な飼い主を見つける手助けをする

ペットショップ店員は、飼い主となるお客様と、ペットにとって最適な飼い主を、的確な提案と接客によってマッチングする仕事です。商品とはいえ手塩にかけて育てたペットですから、素晴らしい飼い主に買って欲しいし、買われて欲しいとペットショップ店員も考えています。

ペットを売るというのは、通常の玩具や雑貨や食べ物を売るときのような刹那的な接客にとどまらず、その後のペットの人生、お客様の人生を大きく変える仕事です。ペットに出会えたことで救われるお客様がいて、お客様に飼われることで救われるペットもいます。

ペットショップ店員は、適切な接客と、距離感を感じさせない提案力を駆使して、そういったペットとお客様を商売によって引き合わせることを生業としています。ペットを飼えることが決まった際のお客様の嬉しそうな顔を見ることが出来たとき、ペットも嬉しそうにしていたら、これ以上の喜びはありません。

ペットを育て、送り出すことの喜び

大切な商品だからというのもありますが、ペットショップ店員はブリーダーや輸入業者から仕入れたペットを、更にしっかりと育て、常に健康に、綺麗な状態に保ちます。場合によっては、新しい飼い主やその家族とも馴染めるように、広く社会性を持ってもらうような躾もしっかり行います。

1匹のペットがペットショップにやってくるというのは、様々な事情やプロセス、大きな偶然も重なっています。そしてペットショップ店員は、素晴らしい飼い主に巡り会えるチャンスを与えることができる立場にいます。

どうせなら、いい飼い主に出会って、その後の人生を幸せに過ごしてほしい、と考えるペットショップ店員も少なくありません。給料が安く、ハードな仕事と言われていますが、こうしたペットという家族になり得る生き物を通じて願いや希望を託すことができる仕事は、何にも代え難いやりがいが生まれるものです。

ペットショップ店員の仕事内容まとめ

ペットを売る仕事は、その後の人生のパートナーを提供する仕事でもある

ペットショップ店員は、やはり様々な意味で他のショップ店員とは異なる性格を持っています。ペットには様々な種類の生き物がいますが、生き物を取り扱う仕事は、その生き物の命を預かり、大切にする仕事でもあります。

食べ物や機械のように、すぐに食べてしまったり、壊れたら買い換えるような存在ではありません。ペットと心を通わせる喜びは、特別なものがあります。世話をしたり、健康管理に気をつけたり、苦労の連続ですが、そうしたかけがえのない存在をお客様に提供できるペットショップ店員の仕事は、これからも残り続けていくことでしょう。

ペットショップ店員の参考情報

平均年収200万円〜300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ペットショップ店員の関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB