コンビニ店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

コンビニ店長の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

店舗管理をはじめ複数の業務を担当している「コンビニ店長」。商品発注、売上管理、在庫管理、スタッフ管理などを行うため大変な職業ですが、一体どれくらいの収入を得られるのでしょうか?本記事では、コンビニ店長の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

コンビニ店長の初任給

コンビニ店長の初任給は約18~20万円

どんな職業でも初めのうちは収入が少なく、コンビニ店長の初任給は約18~20万円が平均となっています。一般的にオーナーに雇われて店長を行っている方が多く、どのコンビニであっても初任給の平均は同じようになっているようです。

就職や転職に限らず、コンビニ店長としての業務経験が浅い間は、満足できる収入を得るのは難しいでしょう。しかし、コンビニ会社や店舗によっては初任給の金額が上下する場合があるため、初任給から少しでも多い収入を得たい方は、入社するコンビニをしっかりと選ぶことが大切です。

初任給で一番多い給与をもらえるのは「セブンイレブン」

コンビニチェーン名 初任給額
セブンイレブン 約30万円
ファミリーマート 約23万円
ローソン 約21万円

初任給の平均は約20万円だとご紹介しましたが、大手コンビニ会社の中でも特に初任給が多いといわれているのが「セブンイレブン」だといわれています。店長になると月収30万円ちかくの初任給が得られるといわれていて、他社の初任給と比較すると一番収入が高いようです。

ちなみに、大手コンビニ会社で有名なローソンの初任給は約21万円、同じく有名なファミリーマートの初任給は約23万円となっていました。その他にもさまざまなコンビニ会社が存在していますが、おそらく初任給から高収入を得られるのはセブンイレブンだけなのではないでしょうか?

ただし、セブンイレブンで店長を勤める場合、正社員から一気に店長になれるというわけではなく、まずは店長候補として給与額が変わるようです。店長候補の間は約20万円と初任給は低めですが、正式に店長としてキャリアアップすることで給与アップとなるようです。

仕事量に比べて給与が少ない

コンビニ店長の仕事量は想像している以上に多く、他の職業と同様に大変な仕事です。複数の業務を一度にこなしつつ、接客を行いながら臨機応変に対応しなければなりません。

また、アルバイトやパートスタッフのように安定した休日を確保することができず、年中無休で営業しているので肉体的にも精神的にも辛いと感じる方は少なくないようです。

しかし、初任給の平均は約20万円となっていて、手取りを考えるとさらに少なくなってしまうため、仕事量に比べて収入が少ないと感じる仕事だといわれています。ですが、店長としての経験をしっかりと積んで行けば、実績が伴い収入アップに繋がるでしょう。

コンビニ店長の平均給与

コンビニ店長の平均給与は約22~35万円

コンビニ店長の平均給与は各種求人情報などを参考にすると、約22~35万円となっていることがわかりました。具体的な給与額はコンビニ会社や店舗によって異なりますが、初任給に比べると高い収入が得られるようになっています。

しかし、店長になっても実績を上げることができなければ、ご紹介した平均給与よりも少なくなってしまう可能性があります。店舗の売り上げを向上させる、正社員候補となるスタッフを育成するなど、店長としての実績を作ることも給与アップに繋がるといわれているので、少しでも高収入を目指すのであればその分の努力は必須となります。

年齢によって給与額が異なる傾向がある

コンビニ店長の給与ですが、20代であれば約25万円、30代であれば約40万円と年齢によって給与額が異なる傾向があるようです。というのも、年齢の高い店長であればそれだけ経験と実績が豊富ですが、若い世代の場合は経験が浅く実績も少ないからです。

転職の場合は別ですが、正社員として入社してコンビニ店長としての経験・実績が給与額に値するので、長く勤めるほど給与アップを狙えるのではないでしょうか?ちなみに、転職の場合は前職と同等の給与となるのが一般的なので、収入が少ないと感じることはないでしょう。

キャリアアップをすれば高収入を狙える

コンビニ業界では働きたいものの、店長としての給与額に満足できない場合は、キャリアアップをすることで高収入を狙うことができるといわれています。しかし、店長からさらにキャリアアップをするということは、オーナーやマネージャーに昇格するということになり、さらに仕事が増えることになります。

しかし、店長と比べて高収入を得ることができるので、コンビニ店長を目指しつつ将来を考えている方は、さらなるキャリアアップも視野に入れておくとよいでしょう。ちなみに、オーナーやマネージャーへと昇進する場合は必要な資格があるので、キャリアアップの目指すのであれば早い段階から行動しておくことをおすすめします。

コンビニ店長の平均年収

コンビニ店長の平均年収は約300~400万円

コンビニ店長の平均年収は各種求人情報などを参考にすると、約300~400万円となっていました。ちなみに、日本の平均年収は約400万円といわれているので、コンビニ店長であれば同等の年収、または少し低めの年収になるでしょう。

なお、勤めているコンビニ会社によっては賞与やボーナスなどが大きく異なるため、同じコンビニ店長でも人によっては年収に大きな差がある傾向があります。上場企業であってもボーナスは年に2回となっていて、1回に約40万円となっているところが多く、それ以上のボーナスを支給しているところはほとんどありません。

少しでも収入を増やすのであれば夜勤のシフトに入る

少しでも収入を増やしたいという方は、夜勤手当が付与される夜勤のシフトに入るとよいでしょう。一般的な生活とは真逆の生活になるので大変ではありますが、基本給にプラスして夜勤手当が付与されれば通常よりも高い収入を得られるようになります。

しかし、コンビニ店長はトラブルが発生した際は店舗へと駆け付けなければならないので、場合によっては日中でもお店に戻らなければなりません。収入が高くなる代わりに自分自身へと負担をかけることになるので、夜勤シフトに入る際はよく考えてから行いましょう。

売り上げが向上すれば収入アップに繋がる

コンビニ店長の年収や収入アップの方法として、店舗の売り上げと利益を向上させることができれば、高収入を得られるといわれています。陳列している商品の配置を変えてみたり、店内の装飾を考えてみたりなど、売り上げを上げる方法にはさまざまなものがあります。

どんな方法であれまずはオーナーに許可をもらうことが大切ですが、努力が実りしっかりと売り上げに反映させることができれば、実績が認められ収入アップに繋がることでしょう。

優秀なスタッフを育成できれば評価してもらえる

コンビニでは正社員だけでなく、アルバイトやパートとして働くスタッフもたくさんいます。スタッフの対応はお店の印象や売り上げにも関わってくるので、優秀なスタッフの育成ができる店長はオーナーやコンビニ会社から高い評価を得られるといわれています。

店長としての実績を評価してもらうことができれば、給与・年収などのアップに繋がる可能性が非常に高いです。そのような人材はオーナーや会社としては手放したくないと考えるので、評価を得るためにも優秀なスタッフの育成をしっかりと行うことが求められます。

コンビニ店長の給与・年収まとめ

コンビニ店長の給与年収はやや低め。仕事量に比べて収入は少ない

コンビニ店長は仕事量に比べて給与や年収がやや少なく、他の職業へと転職されてしまう方も少なくありません。しかし、店長としての業務をしっかりと行い、売り上げの向上やスタッフの育成をすることで収入アップを狙うことができます。

もちろん、ご紹介したように入社するコンビニ会社によって初任給や給与などが異なるため、どのコンビニで店長をするのかもしっかりと考えることが大切でしょう。

コンビニ店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンビニ店長の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB