ドラッグストア店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ドラッグストア店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ドラッグストア店員になるには、どのようなスキルが求められるのかご存知でしょうか。本記事では、ドラッグストア店員に求められる人間性やスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ドラッグストア店員になるには何が必要?

ドラッグストア店員に求められることとは一体何か詳しく紹介しましょう。

商品の知識

ドラッグストアで働く上で薬に関する商品知識が必要になります。ドラッグストアで扱う商品は、年々増加しています。

昔は医薬品を中心に販売していましたが、最近では日用雑貨も扱うようになりました。多くのお客さんが来店をするので、商品の場所を聞かれてもすぐに答えるようにならなければなりません。

観光地のドラッグストアでは外国人観光客が日本製品を求めて足を運ぶこともあります。商品の知識だけでなく外国語を話すことができるスキルも必要になるので、身につけておくようにしましょう。

資格を取得すると仕事の幅が広がる

ドラッグストア店員の中には販売登録者の資格を取得する方もいます。販売登録者の資格を持っていると、薬剤師がお店に不在の場合でも第二類、第三類の商品を販売することができます。この資格を保有していると給料の手当てもよくなるので、資格を取得することをオススメします。

年に1度しか試験を受けるチャンスがないので、試験対策をしっかり行った上で試験に臨むようにしましょう。

接客スキル

ドラッグストア店員として働くのであれば、商品の知識だけでなく接客スキルも求められます。

レジ打ちや商品案内を始め、外国人観光客への商品案内を行うこともあります。接客スキルが低いとクレームを多くもらってしまう可能性があるので、お客さんが気持ちよく店内でお買い物ができるように、接客スキルを磨くようにしましょう。

ドラッグストア店員に向いている人、適性がある人

ドラッグストア店員に向いている人や適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。適性や向いている人について詳しく解説をしていきましょう。

向いている人

ドラッグストア店員に向いている人は次のようなスキルや能力を持っていると、ドラッグストア店員として活躍することができます。

日常的にドラッグストアを活用している

ドラッグストアでは医薬品から日用雑貨までさまざまな商品を扱います。ドラッグストアで扱う商品の知識を豊富に持っている人は、ドラッグストア店員として重宝されるでしょう。

日頃からドラッグストアでさまざまな商品を購入したことがあれば、お客さん目線でどのような商品があった方が良いかを考えることができます。

医薬品の知識があれば、販売できる商品だけでなく薬の違いなどを簡単に説明することができます。ドラッグストアで働くと、扱う商品について勉強しなければならないので、日頃からドラッグストアの商品を購入しているような方は有利だと言えます。

接客が好き

ドラッグストアでは常に接客をすることを求められます。商品陳列をしている時にお客さんに商品の場所を聞かれることもあれば、レジ打ちを行う時間もあります。やることが多いため、時にはお客さんに対して不快な表情を浮かべてしまう方もいます。

接客ができなければドラッグストアの店員さんとして働くことは難しいので、接客が好きという方にオススメの仕事です。

人の役に立ちという気持ちがある

来店するお客さんの中には、体の症状を改善したくて来店することもあります。このようなお客さんに対して少しでも役に立ちたいという気持ちを持って接することができるかが重要になります。

人に役立ちたいという気持ちがあれば、接客方針もお客さんに寄り添ったサービスを提供することができるので、良い接客を行うことができます。人の役に立ちたいという気持ちが強い方は、ドラッグストア店員を検討してみましょう。

適性のある人

ドラッグストア店員として適性のある人は次のような人物です。

人と接することが好き

ドラッグストアはスタッフやお客さんとさまざまな人たちと関わることになります。人が好きでなければこの仕事をやり遂げることができないので、人と接することが好きな人には向いている仕事であると言えます。

体力がある

ドラッグストア店員の仕事は1日立ちっぱなしで仕事を行わなければなりません。時には重い荷物を運ぶこともあります。

常に気を配りながらお店の中を巡回しなければならないため、体力がなければ1日でギブアップしてしまう可能性があります。体力がある程度ある人であれば、ドラッグストアの業務も平気でこなすことができます。

判断力がある

ドラッグストアの仕事では常に優先順位を決めて行動しなければなりません。場合によっては今何を優先すべきかを瞬時に判断して行動しなければならないこともあります。

判断力がなければ、お店の足を引っ張ってしまう可能性があるので、判断力がある人にオススメの仕事であると言えます。

商品管理の仕事が得意

ドラッグストアでは商品の在庫を管理しなければなりません。管理がうまく行き届いていないと、売り上げが大きく下がってしまう可能性があるので、このような細かい仕事でも楽しくできる人に適性があると言えます。

ドラッグストア店員になるための学校・教室

ドラッグストア店員になるための学校や教室はありません。ドラッグストア店員として必要なスキルを磨くためには、アルバイトとしてドラッグストアで働くことをオススメします。

アルバイトとして経験を積むメリットとは

ドラッグストア店員としてアルバイトをするメリットは多くあります。社員に登用される時は店長クラスの役職を与えられて正社員になる可能性があるため、仕事内容も大きく変わることがあります。

現場のことを理解していないと、アルバイトスタッフと人間関係でトラブルになる可能性があるので、現場スタッフの気持ちを理解するためにもアルバイトで現場経験を積んでおくと、現場スタッフからの信頼されやすくなるので、アルバイトとして現場経験をしておくと良いでしょう。

登録販売者を取得するメリット

ドラッグストア店員として働くと、登録販売者に必要な資格を勉強しながら働くことができます。しかも、ドラッグストアのスタッフの中には資格を取得している方もいるので、試験対策などのアドバイスを聞き出すことができます。

少しでも確実に合格をしたいのであれば、ドラッグストア店員として働きながら、登録販売者の資格を取得することを目指しましょう。

経営学を学ぶ

ドラッグストア以外の場所で、ドラッグストアに役立ちそうなスキルを身に付けたいという方は、店舗経営に役立つ経営学を学ぶようにしましょう。

店舗運営の役に立つ

経営学の知識があれば、店舗を運営する上で役立てることができます。仕入れ方法やスタッフの採用を経営学の理論に基づいて運用することができれば、ドラッグストアの売り上げに大きく貢献することができます。

売り上げが良いお店を担当することができれば、エリアマネージャーなどの仕事につける可能性があるので、業績を伸ばして売り上げに貢献するためにも、経営学などでお店の経営に必要なノウハウを習得するようにしましょう。

ドラッグストア店員になるには?まとめ

プロ意識を持って行う仕事

ドラッグストア店員はアルバイトスタッフからでも始めることができる仕事です。

一見簡単そうに見える仕事ですが、商品仕入れ、商品陳列、接客などさまざまな仕事がありしかも効率よく行わなければなりません。器用さがないと仕事をこなすことができないので、プロ意識を持って仕事をする必要があります。

ドラッグストアで販売する商品が多様化しているので、ドラッグストア店員のスキルがさらに求められることが考えられます。

ドラッグストア店員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ドラッグストア店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 登録販売者
資格区分 国家資格
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドラッグストア店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB