ドラッグストア店員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ドラッグストア店員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ドラッグストア店員はどのような仕事を行なっているのでしょうか。本記事では、ドラッグストア店員の具体的な仕事内容、仕事のやりがい、仕事の特徴などについてご紹介します。

ドラッグストア店員とはどんな仕事?

ドラッグストア店員はどのような仕事を普段行なっているのでしょうか。ドラッグストア店員が日常的に行なっている仕事内容をご紹介します。

接客

ドラッグストア店員の仕事で最も大切な仕事は接客です。レジ打ちはもちろんのこと、来店したお客さんにぴったり合う商品を案内することも求められます。

都心のドラッグストアでは、日本人だけでなく外国人観光客が化粧品や医薬品を求めて来店することもあり、英語や中国語で会話をすることも必要です。

気持ちよく店内で買い物をしてもらうことがドラッグストアの売り上げにつながるので、接客業が好きという方には向いている仕事だと言えます。

店舗経営

ドラッグストアでは売り上げを向上させるために、常にどのような商品を陳列させるのかを考えなければなりません。また、ドラッグストアには薬剤師が在籍していなければ売れる商品も限られてくるため、スタッフの配置も重要になります。

社員としてドラッグストアで働くと、販売員としてのスキルだけでなく店舗運営にも携わる必要があるので、店舗経営の視点で取り組む仕事も多くあることを認識しておきましょう。

ドラッグストア店員の具体的な仕事内容

ドラッグストア店員の具体的な仕事内容を紹介しましょう。ドラッグストア店員の仕事内容を大きくわけると、「商品管理」と「店舗経営」があります。

特に、ドラッグストアの社員として働くのであれば、求められる仕事もアルバイトスタッフとは大きく異なるので、その違いについて紹介していきます。

商品管理

ドラッグストアでは商品管理がとても重要です。商品管理をしっかりしておかないと売り上げが下がってしまうこともあります。

ドラッグストアでは薬以外にも日用雑貨を多く扱っています。日用雑貨が店舗の売り上げに大きく貢献しているので、社員として働くのであれば、さまざまな商品をしっかり管理しておく必要があります。

陳列、補充

ドラッグストア店員が常に行うことは商品の陳列や補充です。忙しいお店になると常に補充スタッフを配置しておかなければ、店舗の売り上げに大きく影響してしまうこともあります。店内を見渡しながら不足している商品を補充すること、商品が品切れしないように在庫管理をしっかり行うことが必要です。

常に品切れしないように商品を発注することはもちろんのこと、来店したお客さんが気持ちよく買い物をすることができるように、綺麗な陳列をドラッグストア店員は心がけておく必要があります。

店舗レイアウトの検討

ドラッグストアの店員は、お店ごとにレイアウトは大きく異なります。商品の陳列はお店毎に任されているので、ドラッグストア店員はどのようなレイアウトにすると、来店したお客さんが気持ちよく買い物ができるのかを考えなければなりません。

また、店舗のあるエリアによって商品の種類も大きく異なります。外国人観光客が多く来店するのであれば外国人観光客向けの商品を多くすることもあります。女性の来店が多いお店では女性が購入したいと思う商品を多くしたりするなど、その地域に求められる需要を売り場に反映させる必要があります。

ドラッグストア店員として商品陳列の仕事を任されたのであれば、来店するお客さんを分析し、どのような商品を陳列すべきかを検討するようにしましょう。

店舗運営

ドラッグストアを円滑に運営するために、店舗運営に関係する仕事も多くあります。ドラッグストアの店員は、お客さんの動きに合わせて様々な仕事を行う必要があるので、臨機応変な対応力が求められます。

ドラッグストア店員として働きたいのであれば、次のような仕事があることを覚えておきましょう。

商品案内

ドラッグストアに訪れるお客さんの中には、どこにどのような商品が分からずフロア内で困っているということがあります。このような時にドラッグストア店員がお客さんの対応をすることもあります。

場合によっては外国人観光客に対して英語で接客をしなければいけないケースもあります。最近では外国人スタッフが外国人観光客への対応を行うお店もありますが、常に外国人スタッフがいるわけではないので、どのようなお客さんが来店しても良いように外国語を勉強しておくと良いでしょう。

レジフォロー

ドラッグストアの店員はどのスタッフもレジ打ちを行うことができます。一人で対応できる時もあれば、1人では対応が難しいこともあります。商品陳列に力を入れている店員がレジの混雑状況を見てレジフォローをすることもあります。

ドラッグストアでは、急にお客さんが行列を作ってしまいレジが大行列してしまうことも少なくありません。このような状況が発生した時に臨機応変に対応することができるスキルがドラッグストア店員に求められます。

スタッフ管理

ドラッグストア店員の社員として働くのであれば、スタッフ管理を行うこともあります。特にシフト表作成はドラッグストアを円滑に運営する上で重要です。どのようなスタッフを配置するのか判断を間違えてしまえば、スタッフを欠けた状態で働かなければいけないこともあります。

ドラッグストアでは薬剤師のスタッフも運営をする上で重要なので、薬剤師の資格を持っているスタッフが万遍なくシフトに入っているのか、スタッフの数は足りていないかをチェックしておく必要があります。

スタッフ管理では全体を把握するスキルがなければトラブルになってしまう可能性が高いので注意深く管理しましょう。

新人教育

ドラッグストア店員としてベテランになると、新人店員の教育に当たることがあります。新人店員に何をすべきかわかりません。ドラッグストア店員は、商品陳列、商品補充、レジ補充、商品発注などさまざまな仕事があるので、新人スタッフのスキルに合わせて指示をする必要があります。

新人が1日でも早く自立して働くことができれば、お店の運営をする上で貴重な戦力になるので、ある程度キャリアを積んだら新人教育の仕事を積極的に行うようにしましょう。

ドラッグストア店員の仕事のやりがい

ドラッグストア店員の仕事のやりがいはどのようなものがあるのでしょうか。やりがいを紹介しましょう。

人から感謝される

ドラッグストアの店員は来店したお客さんに感謝されることもあります。特に探している商品がどうしても見つからない時に、店員が代わりに商品を見つけると感謝されることがあります。

達成感がある

ピーク時を超えると、店頭に並ぶ商品が大きく欠けているケースがあります。このような状況になると商品補充を早急にする必要があります。

商品の陳列状態が崩れてしまった場所を補充することで綺麗な状態に戻ると達成感があります。綺麗に陳列をすれば、お客さんも気持ちよく買い物をすることができるので、やりがいがあるでしょう。

自分のセンスで売り場を作ることができる

売り場を自分のセンスで作ることができます。センスの高い商品陳列を行うことができれば、評価されるだけでなく、お店として売り上げに貢献することができます。美的センスが問われる仕事でもあるので、売り場を作ってもらいたいと任された時はやりがいを感じるでしょう。

商品知識が身につく

ドラッグストアにはさまざまな商品があります。特に薬のことをお客さんから聞かれることもあります。商品知識がなくても、お客さんの応対をしていくうちに商品知識が身につくこともあるので、ドラッグストア店員としてベテランになれば、膨大な情報量で対応することも可能です。

ドラッグストア店員の仕事内容まとめ

商品知識が身につく仕事

ドラッグストア店員の仕事は私たちが想像している以上にさまざまな仕事をしています。全ての仕事を完璧にこなすことができれば、ドラッグストア店員として欠かすことができない存在になるでしょう。

今後もドラッグストアの需要は高くなるので、活躍する機会が増えていくことが考えられます。これからドラッグストア店員になろうと考えている方は、今回紹介した内容を参考にしてください。

ドラッグストア店員の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格
  • 登録販売者
資格区分 国家資格
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドラッグストア店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB