建設会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

建設会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

建設会社社員の給与・年収はいくら?気になる建設会社社員の平均給与をまとめました。会社の規模によっても変動しやすい建設会社社員の給料。高い年収を目指すのであれば、転職を目指して働き方を考えることも必要になるでしょう。本記事では、建設会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

建設会社社員の初任給

新人建設会社社員の給与は平均16~20万円

建設会社社員として働く場合、初任給は16~20万円前後が相場といわれています。建設会社社員の初任給は平均的という結果になっています。

働く会社の規模によっても異なりますが、専門的な分野の仕事であることから新人のころは覚えることも多く、対価は低めと考えておくと良いでしょう。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

建設会社社員は、レベルの高い場所で経験を積むために転職をする人が多くいます。転職をした場合の初任給は、これまでの経験によって決まるのが一般的です。

建設会社社員として5年以上働いているなどの一定の危険があれば、新人と同じ給与になるケースは少ないようです。ですが、前職の給与の水準を保証してもらえるかどうかは、建設会社社員として働く勤務先によって異なります。

中には新卒採用者と同じ給与を提案されることもあるので、なるべく経験や実績をアピールするようにしましょう。

異業種から建設会社社員への転職は給与の確認を

異業種から建設会社社員への転職をする場合には、基本的に年齢に限らず新人と同じ給与になるケースが多いです。

転職をする前の職業によって、給与が大きく減ってしまう可能性もあるかもしれません。異業種から建設会社社員への転職は慎重に判断することは大切です。

建設会社社員の平均給与

建設会社社員の平均給与は約34万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータ によると、建設会社社員の平均給与は、全国平均が約34万円となっています。

建設会社社員の仕事は年度末の繁忙期には夜遅くまで働かないといけない場合もあり、下積みの時期には特に大変に感じるでしょう。ハードな仕事内容に比べると、建設会社社員の給与は平均的な数字と言えそうです。

経験を積んでスキルアップして、まちづくりに携わることで地域の人に感謝されるやりがいも大きな職業です。給与だけに捉われて、心が折れないようにすることも大切になりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

建設会社社員の給与は、勤務期間に応じてアップするのが一般的です。特別な資格が無くても業務に就くことは出来るので、長く働くほどに給与がアップすると考えられます。

大手ゼネコンの場合には大学卒という応募条件を設けている企業が多いので、最終学歴によって採用時の給与に差が出ることはあるようです。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

建設会社社員全体の統計では、給与とは別に支給される賞与も年間で約120万円という結果が出ています。建設会社社員は繁忙期に限らず残業も多くあるのですが、働く企業によっては基本給以外の手当や残業代が出ない場合もあるので注意が必要でしょう。

就職や転職をする場合には、残業代が支給されるか、給与以外の賞与や手当などの精度が整っているかを確認するようにしましょう。求人票の一覧を見れば分かります。

経験や実績によっては給与アップにつながることも

建設会社社員の給与は一般的に見ると平均的と言えますが、高い実力があれば大幅な給与アップを見込める仕事でもあります。

転職する場合にも建設会社社員として役職に就いていた経験があれば給与に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

資格取得が給与や手当に反映されるケースも

建設会社社員は、スキルレベルが給与に反映されることがある職業です。資格取得は、採用で有利になる以外にも給与アップに繋がる可能性もあります。

将来的に、高年収を目指す場合や大手ゼネコンに転職を見据えている人は資格を取得することは重要と言えます。資格の中でも特に建設会社社員として評価に繋がりやすいのは、一級土木施工管理技士や一級建築士などが挙げられます。

一級建築士は難易度が高く、合格率は毎年10%程と言われる試験です。受験資格も大学の指定学科卒や2級建築士になって4年以上の縛りがあるため、取得することで一定のスキルの証明になるでしょう。受験資格も難しく難易度の高い国家資格が一級建築士です。難易度の高さから建設会社社員として取得することがおすすめの資格と言えます。

せっかく資格を取得したら活かしたいと考えるものです。取得した資格を活用するためにも転職や就職の際には、資格手当の支給される企業を探すことがポイントになります。資格手当が出るかどうかは求人票の一覧に記載されています。

建設会社社員の平均年収

建設会社社員年収は600~650万円前後

建設会社社員の平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均賞与と年間賞与から算出すると619万円になります。

新人の場合に建設会社社員の給与が16~20万円であれば、年収は200万円台になるケースも考えられますが、経験を積むことで年収が上がり一般的な建設会社社員の年収は約600~650万円と予想されます。

スキルをアップさせて役職が上のポジションになれば、さらに年収も期待できるでしょう。長時間労働になりやすく不規則な生活スタイルの建設会社社員ですが、年収レベルは比較的高めと予想されます。

大手ゼネコンへの転職で平均給与以上の給与や年収の可能性も

建設会社社員として平均以上の給与・年収を稼いでいる人の多くは、大手ゼネコンへ転職をして活躍している人が多いようです。大手ゼネコンへの転職をして役職が付けば年収1,000万円以上を目指すことも夢ではありません。

ですが、大手ゼネコン会社への道は自分の腕への自信やスキル・技術があるのはもちろん、仕事のセンスが求められます。運に左右されることもあるかもしれません。成功への道は簡単ではありませんが、建設会社社員として地道に経験を積んで努力を重ねることで、道は開かれるはずです。

都道府県によっても建設会社社員の年収に差がある

建設会社社員の年収は都道府県によっても大きな差があります。厚生労働省の都道府県の平均給与比率から各都道府県の建設会社社員の平均年収を算出すると、一番年収が高い都道府県は、東京都の約700万円、次いで大阪の約600万円、愛知県の550万円と続きます。

一番年収が低い都道府県は、沖縄県や宮崎県の400万円となっています。都道府県別で見た時には、人口が多い都道府県のほうが建設会社社員の年収が高い傾向にあります。もちろん働く会社の規模や経験によっても左右されるポイントではありますが、都道府県によって差があることは覚えておきましょう。

建設会社社員の給与・年収まとめ

建設会社社員の年収レベルは高め。やりがいが得られる仕事

建設会社社員の平均給与や年収レベルは、精神的にも肉体的にも負担の大きな仕事内容と比べると高めの傾向と言えます。手当や残業代が出るかどうかでも差が生まれやすいと言えます。

とはいえ、経験を積むことで給与アップも見込めます。資格を身に着けたり、コツコツとスキルを身に着けていくことで好待遇で転職が出来る可能性もあるでしょう。将来的には大手ゼネコンで建設会社社員の仕事が出来る可能性があるかもしれません。

建設会社社員という職業は、建築工事や土木工事など大きなプロジェクトでまちづくりを進めたいという情熱を持ち、努力を続ければ自分の理想が叶うかもしれない夢のある職業であると言えるでしょう。

建設会社社員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

建設会社社員の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格
  • 木造建築士
  • 二級建築士
  • 一級建築士
  • 1級 土木施工管理技士
  • 2級 土木施工管理技士
資格区分 国家資格
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB