建設会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

建設会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

マンションや道路など幅広い建築・土木工事を行う建設会社社員は、日々の生活を支える重要な職業の一つです。建設会社社員の仕事内容は、建築工事や土木工事に関する業務を行うことです。本記事では、建設会社社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

建設会社社員とはどんな仕事?

あらゆる建設工事や土木工事を行う

建設会社社員の仕事は、マンションやビル、道路や橋などの建築工事を行います。建設会社社員の仕事は大きなプロジェクトなので、他にも多くの専門の業者が携わります。それぞれの専門業者を管理してスムーズに工期に間に合わせることが大切になるでしょう。

建設会社社員としての仕事の内容も幅広い

建設会社が取り扱うものは多くの種類があるので、建設会社社員としても仕事内容も幅広いです。建物の設計や営業、工事に必要になる材料を調達する人や現場監督として現場の支持をする人などです。

チームでプロジェクトを進めていくので、他のチームとのミーティングや進歩状況の確認など一丸となって仕事を進めることが必要になります。

スピードや効率も要求される仕事

建設会社社員の仕事は、あらゆる建設工事や土木工事を行います。全てのプロジェクトには工期が決まっているので、1日のうちに行うべき仕事をしなければいけません。限られた時間を効率よく使う力も必要になるでしょう。

繁忙期は泊まり込みで仕事をすることも

年度末は建設会社社員の繁忙期と言われています。工期に追われて朝早くから現場で仕事をして、夜遅くまで事務作業などをすることも多いです。特に忙しい時期には泊まり込みでの仕事をしなければいけないケースもあります。

働く建設会社の規模にもよりますが、サービス残業も当たり前というところも多いのが現状です。日によっては早く帰れる可能性もありますが、基本的には不規則になり易く、体力的に負担のかかりやすい仕事と言えるでしょう。

建設会社社員の仕事は意外とハード。体力が必要

建設会社社員は力仕事も多い職業です。工期を守って工事を行うために仕事をしていてもイレギュラーやトラブルは発生します。専門の業者や職人の手伝いをすることもあり、何キロもの資材を運んだりすることもあります。

働く建設会社の規模にもよりますが、朝早くから現場に出て、夜遅くまでデスクワークなど拘束時間は長めであることが多いです。力仕事もあり、不規則になりがちな勤務体制なので、体力も必要になると考えられます。

建設会社社員の具体的な仕事内容

建設会社社員の仕事は、建築工事や土木工事を行うということに尽きます。働く建設会社によって扱う工事の規模は異なります。大手のゼネコンであれば、プロジェクト自体も大きくやりがいの大きな職業であると言えます。

建築・土木工事以外に建設会社社員がする仕事

建設会社社員の業務は、建築・土木工事をするだけではありません。経験や実績によって任される仕事は幅広くあります。

デスクワーク

会社で書類を作成し、業者の見積もりをチェックすることも建設会社社員の仕事の一つです。

建設会社社員は現場に出て職人の管理や工事の進捗状況の確認など、外出しないことも良くあります。建設会社では、専門の業者に工事をそれぞれ依頼することになるので、見積の確認は大切です。工事にどれくらいの費用がかかるのか、それぞれの現場によって把握していなければいけません。

同時に次の日以降の工事の手配も行います。マンションやビルを施工するには、多くの業者が必要になるので、それぞれの分野ごとに工事の手配を行うのも建設会社社員の仕事の一つです。忙しい時期には夜遅くまでデスクワークをすることもあります。

打ち合わせ

建設会社社員の仕事の一つに打ち合わせが挙げられます。特に打ち合わせは入念に回数をこなす必要があります。

建設工事には多くの危険がありますし、イレギュラーやトラブルが発生することもしばしば。工事の問題点や工事にあたっての危険を協議することは建設会社社員の仕事です。

工期に間に合わせるために必要な部分を多くの関係者と打ち合わせを重ねることで、正確に工期まで間に合わせるための準備体制を整えます。

下積みからはじまる建設会社社員の仕事

建設会社社員の仕事は、地道な下積みから始まります。建設会社社員として専門学校や大学で必要な建築のスキルや技術を身に着けてから就職することが多いです。

学校で専門知識を身に着けたとしてもすぐに現場で仕事が出来る訳ではありません。建設会社社員として1年は下積みとして仕事を覚えることが大切です。先輩や上司と一緒について現場を学び、多くの職人との接し方を学んでいきます。

1年間をかけて基本的な建設会社社員としての仕事をこなせるようにするのが目標と言われています。

転職は3年が区切りになることが多い

建設会社社員の下積み期間は、人によって個人差はありますが、1年ほどと言われています。転職に関しては3年を区切りにして転職を検討する人も多いようです。スキルアップのために規模の大きなゼネコンに転職をして仕事をする人も多いです。

建設会社社員の場合はインターネットサイトで特集が組まれていることも多く、雇用形態に限らず求人数は多いです。経験を積んでスキルを高めることで、給料アップの道は開ける可能性はあるでしょう。

建設会社社員の仕事のやりがい

これからの時代に残るものを創れる

建設会社社員は、マンションやビル、道路や橋などを世の中に生み出すのが仕事です。幅広い建物で、これからの時代に残るものを創れるのです。

自分が建設に携わった建物は後世まで残っていくというやりがいを感じることが出来ます。規模も大きいため、ものづくりの魅力を味わえる、考えたことを形にすることが好きな人には大きなやりがいに感じる職業と言えます。

多くの人と協力出来る達成感のある仕事

マンションやビルなど建物は、多くの人が建設プロジェクトにかかわっています。工期に合わせて、完璧な建物を建設するにはチームワークや多くの業者との協力が重要です。

ミーティングを重ねて大変な部分もありますが、多くの人と協力して物事を成し遂げることは喜びとやりがいを感じることが出来ます。自分一人ではできないことも多くに人との協力で実現できることが出来るのです。大規模な仕事が出来るのは建設会社社員として働く大きなやりがいでしょう。

地域の人に感謝される仕事

建設会社社員の仕事はまちづくりを進めていくことが多いです。橋や道路など日常生活に必要なものを作ることで、地域の人に感謝されることも多いです。

人々の生活を支える仕事として、社会の役に立っているという実感を味わえます。

建設会社社員の仕事内容まとめ

建設会社社員は地道な努力が求められる仕事

建設会社社員は、マンションや住宅などあらゆる建物を作り、道路や橋などをまちづくりに関わる仕事です。

専門的な分野の仕事であることから最初は下積みとして経験を積むことが大切ではありますが、工期通りに仕事をこなしていく力が求められるでしょう。生活も不規則になりがちなので、体力的にハードになる面があるのも特徴です。

年度末は忙しくなることが多く、プライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。ですが、後世に残すことが出来る建物つくりに携わり、地域の人々に感謝されることは、建設会社社員として何よりのやりがいに感じられるはずです。

建設会社社員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

建設会社社員の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格
  • 木造建築士
  • 二級建築士
  • 一級建築士
  • 1級 土木施工管理技士
  • 2級 土木施工管理技士
資格区分 国家資格
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

建設会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB