演出家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

演出家の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

演出家とは、さまざまな作品が良いものになるように、主に役者を指導する仕事です。演出家によっては、独自の世界観を実現することも可能です。このページでは、演出家の仕事内容がどのようなものであるかを紹介していきましょう。

演出家とはどんな仕事?

演出家とはどのような仕事なのでしょうか。演出家の仕事について詳しく解説をしていきましょう。

作品を演出することで色をつける

演出家の仕事は、さまざまな作品の世界観を出すために演出を加える仕事です。どの作品にも「個性」があります。その個性を引き出すためには、出演するキャラクター、舞台、装飾品など細かいものにこだわらなくては良い物を作ることができません。

舞台、アニメ、映画、映像などさまざまな分野には演出家が必要不可欠です。彼らが思い描くものを実現させていくことで、さまざまな世界感をリアルに表現することができます。演出家は1人1人の個性が出ます。個性を出すことも演出家にとって大切な仕事であると言えます。

作品の全体を管理する

演出家の仕事内容は、キャラクターや動きなどを表現するだけではありません。作品の全体を管理する必要があります。良い作品を作るためには、すべての要素が噛み合ってないと作り上げることが難しいと言えます。

全ての要素をバランスよくさせるのが演出家の仕事です。例えば舞台の例を紹介しましょう。戦国時代の作品をてがける場合、いくら登場するキャラクターの完成度が高くても、舞台のセットや小道具がチープなものにすると、戦国時代の世界観を壊してしまう可能性があります。そのため、出演者だけでなく、使用する小道具や舞台セットのバランスを考えて演出をする必要があります。

良い演出家になればなるほど、全体の管理が得意になるためその結果良い作品を生み出すことができます。良い演出家になれば、舞台に限らずさまざまな場所で活躍することができるので、全体を管理する力は必要であると言えるでしょう。

演出家の具体的な仕事内容

演出家の具体的な仕事内容について説明をしていきましょう。演出家が活躍する場所は大きく分けると3つあります。舞台、映像、アニメの3つです。それぞれどのような仕事を行うかを詳しく紹介していきます。

舞台演出

舞台演出の仕事は、演出家の基礎が凝縮されていると言っても過言ではないほど演出家にとって大切な要素が多く入っています。それでは、舞台の演出にはどのような仕事内容があるのでしょうか。

脚本家との調整

演出家は脚本と二人三脚で舞台を作りあげます。脚本家が作った内容に対してどのようなセットが必要なのかを検討します。また、場合によっては脚本を読んだ演出家から、要望を伝えることもあります。脚本家との意見をどこまで折り合いをつけるかということも演出家にとって重要な役割になります。

俳優の演技指導

舞台に出演する俳優に対して演出を加えます。演出家にとって最も重要な仕事です。脚本家が考えた世界観を実現させるために、俳優がどのように演技をすればうまく表現できるかを丁寧に指導していきます。

演技指導によっては、舞台をより良いものにすることができるのでとても大切です。また、新人の俳優は演技方法が確立できていないので、助言をして演技をしやすくするサポートを行います。ベテランの俳優でも演技プランが脚本と異なる場合があるので、演出家が調整役として意見を言うこともあります。

舞台全体の監督

舞台での演出家は舞台監督と兼ねている場合があります。舞台監督と兼ねている場合は、舞台全体を管理する必要があります。脚本によっては実際に俳優に演技をさせると無理が生じてしまうシーンもあります。

このような場所をどのように調整するのか、転換はどのタイミングで行うか、俳優をどこに配置したら良いかなどを考える必要があり、これらの要素がうまく噛み合っていないと良い作品を作ることができません。

映像演出

演出家でもある程度キャリアを積むと、ドラマや映画に関する映像演出に携わることがあります。映像での演出家での仕事内容を紹介しましょう。

出演者の演技指導

出演者の演技指導が演出家の中で主な仕事になります。カメラでの撮影になるため、舞台以上に細かい演技が求められます。セリフの言い回しだけでなく、表情や視線などを細かく指導することで、良い作品を作りあげていきます。

舞台セットの管理

出演者の表情と合わせて大切なことは、舞台セットです。映像ではよりリアリティを持たせなくてはいけないので、リアルなセットが要求されます。どのようなセットにするのか、出演者にぴったりの世界観が反映できているのかを舞台セットを通して表現しなければなりません。

舞台セットや服装などに助言する仕事も演出家には求められるので、脚本や原作を予習した上でどのような作品にするかを演出家は慎重に検討する必要があることを覚えておきましょう。

カメラマンとの調整

撮影をする上では、出演者の打ち合わせだけではありません。映像になるとどのような映像を撮影するかがとても重要になります。良い演技をしても、カメラワークがダメであれば台無しになってしまうので、撮影前にカメラマンと入念な打ち合わせをすることもあります。

アニメの演出

アニメの作品を演出することもあります。アニメの演出家は監督が兼ねていることもあるので、全体を管理するような力が求められるようになります。

キャラクターの演技指導

アニメの作品では声優の演技がとても大切になります。場合によっては声優が声を吹き込む時には映像が出来ていないこともあります。このような時に、どのような演じ方をすれば良いのかをアドバイスすることもあります。

また、新人声優になると演じ方を要求してもその通りの演技ができるわけではないので、演技しやすくするためのアドバイスをすることもあります。

音響監督との調整

収録をする上では、音響監督との意見調整が必要な時があります。音響監督が良いといっても演出家が意見を対立させることもあります。このような時にどのようにして折り合いをつけるかは演出家に委ねられるため妥協の無いように仕事に取り組むようにしましょう。

演出家の仕事のやりがい

演出家のやりがいとはどのようなところにあるのでしょうか。演出家のやりがいを紹介していきます。

一生に残る作品を手助けできる

演出家の作品の中には、一生残るような名作を残す演出家もいます。日本を代表するような作品の演出を手がけることになれば、現役として引退した後も当時の制作で苦労した話などが自分の財産として紹介することができます。

達成感がある

苦労して演出した作品が完成すると、達成感があります。苦労した作品になるほど思い入れが強くなるため、その分作品が評価されると膨大な努力が報われると言えるでしょう。

一流の俳優と仕事ができる

知名度のない演出家でも、有名な作品を演出家として演出することがあります。自分が無名でも演出家であるため、役者が自分の意見に耳を傾けてもらい、しかも自分の指示した通りに演技をしてもらうことができるので、一流俳優の演出をした時は演出家として達成感があるでしょう。

演出家の仕事内容まとめ

演劇・オペラ・舞踊等の作品を手がける仕事

演出家はさまざまな作品を手がける仕事です。演出家の演出によってはその人しかできない独自の世界観を作ることも可能です。

演出家は自分の個性を最大限まで引き出すことができる仕事なので、これから演出家になろうと考えている方は自分がどのような演出家になりたいかを考え、さまざまな作品に触れる機会を多く作るようにしましょう。

センスを磨き、また幅広く応用できるスキルを身につけることができれば、各方面で重宝される演出家になることも可能なのではないでしょうか。

演出家の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

演出家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB