演出家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

演出家になるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

演出家は、さまざまなエンターテイメントに欠かせられない仕事です。夢のある演出家になるにはどのようなスキルが必要なのかご存知でしょうか。ここでは、演出家になるために必要なスキルについて紹介します。演出家を目指そうと考えている方はぜひ参考にしてください。

演出家になるには何が必要?

演出家になるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。演出家に必要なこととは何かについて紹介していきます。

世界をリアルなものへとする力

演出家の仕事は、作られた作品をいかにリアルなものに作り上げることができるかということです。良い作品になれば、名シーンと呼ばれるシーンがあり、キャラクターが生きているかのような錯覚を覚えます。このような作品を作りあげるために、演出家はリアルさを付け加える努力を行います。

演出家は色々な場所で活躍することができる仕事なので、活動の場所を選ぶことがないという特徴があります。

携わる仕事によって演出家に求められるものが違う

演出家の仕事は、携わるジャンルによって求められるものが異なります。それでは、それぞれどのように違うのか詳しく紹介していきます。

映画・ドラマの演出

映画、ドラマ、舞台、アニメでの演出家は「臨場感」を作品中にいれなければなりません。よりリアルさを伝えることができれば、良い作品になります。そのため、演出家にはよりリアルな描写を実現するためには何が必要なのかが求められます。

キャラクターの心情を描写する

映画・ドラマの作品では、キャラクターのセリフや動き表情を演出家が考えることもあります。もちろん、台本を読んできた役者が演技プランを考えてくることもあります。しかし、演技プランによっては作品の世界観とずれてしまうこともあります。このような場合に、演出家が俳優と意見を調整しながら良いポイントがどこにあるのかを探ります。

アニメの演出家は、キャラクターの息遣いや声の出し方を声優にアドバイスすることで、演技をしやすい環境を作り出します。

アクションシーンを臨場感溢れるものにする

演出家はキャラクターの表情だけでなく動きを演出することもあります。アクションがメインとなる映画になれば、アクションシーンの演出を考えることもあります。大掛かりな作品になれば、演出家が「これだ」と思う奇抜な発想を作品に組み込むこともあります。

このようなアクションシーンでは、独自の世界観を織り交ぜることができるため、演出家の個性を引き出すことができる絶好の場所であると言えるでしょう。また、舞台でもアクションのあるものなれば、緻密な計算の元に考えられた演出を組み込むこともあります。また、演出家が舞台セットを考えることも少なくありません。

ワクワクする仕掛け作り

演出家の中には、視聴者をワクワクさせる仕掛けを意図的に作ることもあります。ワクワクするような仕掛けを考えることで、演出家としての評価が高まるので、エンタメ性の溢れた演出も演出家には求められます。

映画、舞台、アニメに限らず良い作品にはワクワクする演出が隠されています。これらの演出を考えるのが演出家としての仕事です。エンタメ性に富んだ仕掛けを常に考え、自分の演出が最も効果的に発揮できる適場所はどこかを常に検討しておくと良いでしょう。

色々なエンターテイメントの知識

演出家に求められることは様々ですが、最も求められることはあらゆるエンターテイメントの知識です。演出家になる人こそ、色々なエンターテイメントに触れて知識として蓄えておく必要があります。これから演出家を目指すのであれば、たくさん映画や舞台、映像を見て「さまざまな演出」をインプットしておきましょう。

演出家に向いている人、適性がある人

演出家に向いている人や適性がある人とはどのような人物なのでしょうか。ここからは適性のある人物像がどのような人であるかを掘り下げていきましょう。

演出家に向いている人

まずは、演出家に向いている人を紹介していきます。次のようなスキルがあれば、演出家として向いていると言えます。

客観的な視点で考えられる人

演出家には客観的な視点も必要です。主観的にこれが良いと思っている演出でも受け入れられないケースもあります。客観的に自分の演出を考えることができる人が演出家には向いていると言えます。

エンタメが好き

映画、舞台、アニメ、テレビなどさまざまなエンタメが好きという人も演出家には向いていると言えます。さまざまな演出を知っていれば、自分が演出家として活動をした時に活かすことができます。これから演出家になる方は、色々なエンタメに触れておくようにしましょう。

演出家の適性がある人

演出家として適性がある人はどのような人なのでしょうか。適性のある人物について紹介していきます。

人を楽しませることが好き

演出家として最も大切なことは、人を楽しませることです。どのようにすれば、人が喜ぶのかを常に考えられるかが重要になるので、人を楽しませることが好きな人は演出家に向いていると言えます。

ものづくりが好き

演出家はものづくりが好きでないと最後までやりきることができないケースもあります。演出には答えがないため妥協することもできます。妥協してしまうと良い作品を作り上げることができません。細部までこだわり誰も気にしない所まで配慮する力が求められるので、ものづくりが心の底から好きでないとやりきれません。

その一方で、ものづくりが好きという人はとことんこだわることができるので、このような作業でも苦労することなく取り組むことができます。演出家を目指すのであれば、妥協しないものづくりの気持ちを持つようにしましょう。

演出家になるための学校・教室

演出家になるための学校や教室はあるのでしょうか。基本的には、演出家になるための学校や教室はありません。独学で演出家になった方もいます。しかし、演出の基礎を学んでおけば演出家として困ることはありません。それでは、どのような学校に通えば良いのでしょうか。

劇団が主催するスクール

劇団が主催するスクールに通うことで、演出論を学ぶことができます。最初は舞台監督のサポートをする雑用がメインになります。また座学が多いので、実践的出ないケースもあります。そのため、現場に出たあと、上の人たちの技術をいかに盗むことができるのかということが鍵になります。

このような劇団で学んでおけば、劇団座付の演出家になり、優秀な成績を残せば将来的にはフリーで活動する演出家になることが可能です。舞台の演出の基礎を学ぶことができるので、舞台演出を学びたい方は劇団が主催するスクールに通うようにしましょう。

映画関係の学校や大学

演出家をはじめとした映画スタッフを養成する映画関係の学校があります。このような映画学校似通うことで、映像に必要な演出論を学ぶことができます。また、映像系大学でも同様に演出論を学ぶことができます。知識として学びたいのであれば、映像関係の学校で演出の勉強をすることも良いでしょう。

演出を学ぶ場所はあるものの、学校で学んだからといって必ず良い演出家になれるわけではありません。演出家になるためには、人脈や運も必要なので、演出家として必要な知識を蓄えたら演出家として活動できるチャンスを待つようにしましょう。

演出家になるには?まとめ

ものづくりが好きな人がなるべき仕事

演出家になるためには、演出論を学ぶことも大切ですが、「面白いものをとことんこだわって作る力」と「大勢の人々を引き込むセンス」が必要になります。

これから演出家として活動をしたい方は、どのような作品に対してもこだわりを持って作り上げていく必要があります。今回紹介したようなスキルを身につけた上で、演出家として活動できるようにチャレンジしてみましょう。

演出家の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

演出家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB