テーマパークスタッフになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

テーマパークスタッフになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

テーマパークスタッフになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。接客の世界だからこそ、テーマパークスタッフになるには知識や技術を磨く以外に精神的な強さも必要です。本記事では、テーマパークスタッフに必要なスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

テーマパークになるには何が必要?

テーマパークスタッフになるには、いくつか必要な要素が考えられますが、まずは多くの人に楽しんでもらいたいという情熱を持っていることです。

楽しそうに見える職業ですが、ただ単に人を楽しませたいという思いだけではテーマパークスタッフを目指すことはできても仕事を続けるのは難しいかもしれません。

体力的にもハードですし、どうすればよりお客様に喜んでもらえるのか自分で工夫できる情熱と日々の努力によって成り立っているのです。

チームワークがテーマパークスタッフ仕事に役立つ

テーマパークスタッフとして働くには、チームワークを持つことも大切です。テーマパークスタッフは常に足並み揃えたチームワークが必要になるからです。

先輩や同僚と足並みをそろえたチームワークが大切になるでしょう。個人プレーをしてしまうと大きな事故やトラブルを引き起こす原因にも繋がります。

おもてなしの心もテーマパークスタッフの大切な要素

テーマパークスタッフは、来場するお客様と接する機会がとても多い職業です。

テーマパークスタッフを目指す人の中には、楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいという人も多いですが、その気持ちはお客様へのおもてなしにも繋がります。

笑顔で挨拶、積極的なコミュニケーションはテーマパークスタッフに求められるスキルの一つです。

体力も必要なテーマパークスタッフの仕事

テーマパークスタッフの仕事は意外とハードなので、基礎体力がしっかりあることも重要です。

テーマパークスタッフは、受付やアトラクションの案内など1日中立ちっぱなしで行います。場合によっては着ぐるみに入って踊るなど、よりハードな仕事もあるでしょう。

勤務先によっては朝早くから出勤して準備をはじめ、ショーの打ち合わせなどを夜遅くまで行うという事もあります。特に新人の頃は接客の練習など、より長時間労働になりやすいでしょう。

より安全に楽しんでもらうためにも体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないがテーマパークスタッフに関する資格があるほうが有利

テーマパークスタッフになるには、何かの資格が必ず必要というわけではありません。

とはいえ、資格を持っていれば一定の知識やスキルの証明になり、待遇の点で有利になる可能性はあります。将来のことを考えると取得しておく方がオススメです。

テーマパークスタッフとして働く人が取得する資格で代表的なものは、サービス接遇検定試験や手話技能検定試験が挙げられます。

語学力でコミュニケーションの幅を広げる

テーマパークスタッフになるのに英会話が出来ないといけない訳ではありませんが、日常会話のコミュニケーションが取れると仕事の幅が広がると言えます。

テーマパークに来場する人は日本人だけではありません。世界中から訪れる人も多いでしょう。外国人を接客出来れば、より魅力を伝える事が出来ます。

語学に関する意欲を持つことは、テーマパークスタッフになるのにプラスになると考えられます。

テーマパークスタッフに向いている人、適性がある人

テーマパークになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響する事がおおいです。

明るさはテーマパークスタッフの適性のひとつ

テーマパークスタッフに求められる適性として、まずは明るさが挙げられます。

夢と感動を与えるテーマパークでは、楽しい時間を提供することが第一の仕事と言えるでしょう。いつも明るく元気な対応が出来る人はテーマパークスタッフとして向いていると言えます。

声が小さく暗い人がテーマパークのスタッフをやっていた場合、誰もまた来たい、楽しいとは思えません。明るく振る舞える事が求められるのです。

忍耐力がある人はテーマパークスタッフ向き

テーマパークは季節を問わず営業しています。ゴールデンウィークや夏休みは多くの人が訪れるため立ちっぱなし、動きっぱなしになる事が多いです。

夏の暑さに冬の寒さに耐えながら、辛さを顔に出さずに仕事が出来る忍耐力がある人はテーマパークスタッフに向いています。

子供好きの人もテーマパークスタッフ向き

テーマパークスタッフの仕事は子供相手にする事が多いです。子供が困っていたら子供の目線になって対応したり、話しかけられても笑顔で応えたりしなければいけません。

子供が好きな人であれば自然に状況に応じた対応が出来るので、テーマパークスタッフとして適性があると考えられます。

細かい気遣いが出来る人

テーマパークには子供を連れた家族やお年寄り、外国人など様々な人が訪れます。一人ひとりに合った気遣いをする事が求められます。

お客様が困ってそうだなと些細なことも気づける事は大切です。常にお客様を観察しながら、それに対応する細かい気遣いが出来る人はテーマパークスタッフとしての適性があります。

テーマパークスタッフになるための学校

テーマパークスタッフになるために学校に通う事は、同じようにテーマパークスタッフを目指す仲間に出会える事。ライバルとしてお互いを刺激しあえる環境という事も魅力です。

テーマパークスタッフの基礎が学べる専門学校

テーマパークスタッフになるには、専門学校に通う人が多いです。人と接する仕事として、接客技術やおもてなしの心が必要です。

専門学校に通う事で、テーマパークスタッフとして必要な基礎知識を学び、スキルを身に付ける事が出来ます。

サポート内容を比較して学校選びを

テーマパークスタッフになるための専門学校は全国にあり、好みで選択する事が出来るでしょう。

学校によっては現役のテーマパークスタッフから直接指導をしてもらえる授業が用意されている事もあります。それぞれの担当ごとによって異なる業務をプロから聞くことが出来る事は、よりリアルな仕事内容を知ることが出来る一つのきっかけになるでしょう。

資格取得支援が手厚い学校であれば、卒業後の進路の不安も軽減されるはずです。日中働いている人の場合には夜間コースのある学校を選択することも良いでしょう。

学校によって、カリキュラム一つとっても大きく異なります。自分の目指すテーマパークスタッフ像に近づけるように比べてから選ぶようにしましょう。

大学でもテーマパークスタッフになるための勉強が可能

テーマパークスタッフになるために学校を通う選択肢として、専門学校以外に大学にもあります。テーマパークスタッフに関連する学びとしては、観光学や国際関係学が挙げられます。

店舗で修業を積みテーマパークスタッフになることも可能

テーマパークスタッフになるには、絶対に専門的な学校で知識や技術を学ばないといけない決まりはありません。現場で働きながらスキルを身に付けるのも選択肢としてあげられます。

実際に求人情報を検索する事で北海道から沖縄まで全国的に求人はあります。テーマパークの数が限られているので、倍率も高い傾向にはありますが、場合によっては未経験でも採用される事はあるでしょう。早くに現場に飛び込む事は、知識やスキルを身体で身に付ける事が出来る利点があります。

雇用形態とアルバイトからスタートをする事が多く、最初は清掃などの雑用から始まる事も。人と関わる仕事である事から長期的な見習いが続き、技術を教えてもらえない可能性もあるようです。

テーマパークスタッフになるには?まとめ

資格があればベター。まずは情熱や明るさがテーマパークスタッフを続ける原動力に

お客様に楽しんでもらいたい、喜んでもらいたいという情熱と明るさ。テーマパークスタッフになるにはどんなに仕事が大変でも続けられる力が必要です。加えてコミュニケーション力や忍耐力がある人は、テーマパークスタッフの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就く事は出来ますが、資格があればより良いです。専門学校や大学などで基本的な知識を学び、サービス接遇検定試験などの資格を持ってあれば就職や現場で有利になる可能性があるでしょう。

テーマパークスタッフへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

テーマパークスタッフの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テーマパークスタッフの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB