コンビニ店長になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

コンビニ店長になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

お店の責任者としてさまざまな業務を担当する「コンビニ店長」。そんなコンビニ店長になるにはどんなことが必要なのか、みなさんは知っていますか?経営に興味のある方でコンビニ店長を視野に入れている方であれば、気になっている方は多いでしょう。本記事では、コンビニ店長になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

コンビニ店長になるには何が必要?

直営店とフランチャイズでなるための条件が異なる

コンビニ店長には「直営店」と「フランチャイズ」の2種類があり、それぞれでなるための条件が異なります。直営店の店長とは、本部がコンビニを直接経営している店舗のことで、直営店の店長になるにはコンビニで正社員として就職しなければなりません。

さらに、店長になるにはキャリアアップが必要となり、まずは副店長として経験と実績を積む必要があります。そして、そこからさらにキャリアアップすることで、ようやく直営店の店長として働くことができます。

フランチャイズの店長とは、経営したいコンビニの本部に加盟することで、コンビニの名前を借りて営業することができます。直営店との違いはコンビニで正社員として就職する必要がないことです。

また、フランチャイズの場合は店長ではなくオーナーと呼ばれていて、自営業という形で営業することになります。この場合、オーナーが店長を務めるところもあれば、別で店長を雇っているところも少なくありません。一般的にはフランチャイズのオーナーとして店長になる方が多いようです。

コンビニ店長になるには経営に関する知識が必須

コンビニ店長はお店の責任者なので、経営に関する知識を身につけておく必要があります。商品の売り上げはもちろんのこと、商品の原価や利益率などをしっかりと理解していなければ、経営が成り立たなくなってしまいます。

そのため、コンビニ店長を目指している方の多くは、店長として働く前に経営に関する知識を勉強している方が多く、実際にコンビニ経営を始めてもスムーズに行える準備をしている方が多いようです。

また、店長の仕事は経営だけでなく、スタッフの教育も大切な仕事となっています。店長だけがいくら頑張っても、他のスタッフが業務をこなせていなければ、売り上げは下がってしまいますし、お客さんからのクレームを受けることになるので注意が必要です。

店長なら関連資格を持っておくことが望ましい

コンビニ店長になるには必須となる資格はありませんが、食品やアルコール類の販売を行うため、「衛生管理者」「酒類販売者」の資格の取得が望ましいといわれています。これらの資格は店舗に1人だけ取得者が在籍していれば問題ありませんが、必ず資格を持ったスタッフが在籍している必要があるため、店長が取得している場合が多いです。

また、他のスタッフを全てアルバイトで雇っている場合は、必然的に正社員である店長が取得しておく必要があります。ちなみに、正社員のスタッフが在籍していても退職してしまえば資格を持った人材が不在となってしまうため、やはり資格の取得は店長が行っておくべきだといえるでしょう。

コンビニ店長に向いている人、適性がある人

明るくて社交的な人はコンビニ店長に向いている

コンビニ店長はお店の顔となる人物なので、お客さんから信頼される存在であることが大切となります。明るくて社交的な性格の方であれば、お客さんからの信頼も集めやすく、「また行きたい」というお店作りができるでしょう。

いつも前向きに考えて誰とでもコミュニケーションを取れるという方は、コンビニ店長に向いているでしょう。経営に興味のある方で周囲から「性格が明るい」「社交的」といわれている方は、コンビニ店長を目指してみてはいかがでしょうか?

人と関わることが好き、人付き合いが得意

コンビニの仕事は接客業ですし、店長であっても仕事として接客を行わなければなりません。人と関わることが好き、または人付き合いが得意という方は、この仕事に適性があるといえるでしょう。

店長の場合はお客さんに対する接客だけではなく、スタッフとの交流も大切な仕事なので、どんな人とでも関わりを持つことができる方にはおすすめの職業です。

複数の仕事を同時にこなすことができる

店長の仕事は接客や販売フードの調理、商品の発注や廃棄所品の撤去など、複数の仕事を行う必要があります。しかし、接客業なのであくまでもお客さん第一で行動しなければならないので、予定通りに仕事を進めるのは難しいもの。

どんな状況でも対応しつつ、複数の仕事を同時にこなすことができる人であれば、コンビニ店長に向いているでしょう。臨機応変に対応しながら決められた仕事をこなすことができる方であれば、コンビニ店長になることを検討してみてはいかがでしょうか?

責任感が強い人

コンビニに限ったことではありませんが、店長というのはお店の責任者なので、文字通り責任感が強い方に向いている職業です。というのも、店長業務は希望通りに休日を確保することが難しく、仕事量がとても多いポジションとなっています。

人によっては挫折してしまい、店長を辞めてしまう方も少なくありません。ですが、店長はアルバイトとは立場が異なりますし、責任ある行動が求められるので、どんなに辛くてもきちんと仕事をこなせるという方であれば、コンビニ店長に向いているでしょう。

コンビニ店長になるための学校・教室

専門学校ではなく大学を出ているのがなるための条件

コンビニ店長になるためには特に学歴を問われることがありませんが、場合によっては大卒の資格を持っていることがなるための条件になっているところがあります。そのため、専門学校ではなく大学を卒業していなければ店長になれない可能性があるので、進学するのであれば大学へ進むことをおすすめします。

ちなみに、学歴を問われる仕事ではないため、特に学科を指定されることはないようです。ですが、店長は経営に関する知識を身につけておく必要があるので、将来的に考えるのであれば経済関連の学科へと進学してみてはいかがでしょうか?

コンビニで長期間勤務していれば店長になれることも

学校ではありませんが、コンビニ店長になる道としてアルバイトで長期間勤務している場合、店長へとキャリアアップできるケースがあるようです。長期間勤務していればコンビニでの仕事のノウハウを身につけられますし、経験と実績も積んでいるので、店長への昇進を期待できるでしょう。

コンビニ店長になるには?まとめ

コンビニ店長になるには大卒やコミュニケーション能力が必要

お店の責任者となるコンビニ店長になるには、大卒の資格やコミュニケーション能力が必要になります。また、経営に関する知識も必須となるので、コンビニ店長を目指すのであれば事前に身につけておく必要があるでしょう。

「自分でもできるのか?」と悩んでいる方は、ぜひこちらの記事を参考にして、コンビニ店長を目指してみてください。

コンビニ店長の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンビニ店長の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB