テーマパークスタッフの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テーマパークスタッフの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

テーマパークスタッフとして働く上で資格や試験に合格していれば、転職や就職で役立つ可能性があります。必ず資格を取得したり、試験を受けないと仕事が出来ない訳ではありませんが、持っていて損はないでしょう。本記事では、テーマパークスタッフに関連する代表的な資格、サービス接遇検定など、役立つ資格についてご紹介します。

テーマパークスタッフに役立つ資格「サービス接遇検定」

サービス業全般に活かせる資格

サービス接遇検定は、接客とサービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格です。テーマパークスタッフとして多くの人を接客する事からサービス接遇検定は取得しておく事がおすすめです。

おもてなしの心と形を育てられる

サービス接遇検定は、テーマパークスタッフ以外でも金融やホテルなど受験者が増えていて人気があります。

サービス業務の心構えや対人心理の理解や口の利き方、態度や振る舞いなど全てにおいて身につける事が出来ます。取得する事でおもてなしの心と形を育てる事ができる資格と言えます。

サービス接遇検定の試験概要

要点を抑えれば難易度は低め。級によってそれぞれ試験対策を

サービス接遇検定は3級から1級まであり、2級と3級は筆記試験のみです。

試験は2種類あり、サービス業に関する専門知識に加えて従業員の資質が問われる倫理に関する試験と敬語の使い方やトラブル対処など実践的な知識に分かれています。準1級は筆記試験がなく、面接試験のみです。面接試験では模擬的な接客で接客応答や対応などがチェックされます。

1級は筆記試験と面接試験がありボリュームは大きいです。2人1組で電話を使用してのセールスを行い態度や技術をチェックされます。級によって難易度が異なりますが、試験形式は約7割がマークシート方式、残り3割が記述問題になっています。

合格率は1級が34.6%、準1級が76.1%、2級が84.9%、3級が91.6%になっています。1級の合格率が圧倒的に低くなっています。

サービス接遇検定

合格率 級によって異なる
受験資格 誰でも受験可能
準1級の合格には準1級面接試験の合格と2級資格の合格が必要
受験費用
  • 1級 5,600円
  • 準1級 3,900円
  • 2級 3,600円
  • 3級 2,400円
出題範囲
■1級
  • 論理(サービススタッフ資質、専門知識、一般知識)
  • 実技(テレセールス、セールストーク)
■準1級
  • ロールプレイング2人一組
  • 基本言動
  • 接客応答
  • 接客対応
■2級・3級
  • 論理(サービススタッフの資質、専門知識、一般知識)
  • 実技(対人技能、実務技能)

級によって試験対策が異なる

サービス接遇検定は2級までは筆記試験なので、過去問を入念に解くことで合格する事が出来るでしょう。

準1級は面接試験のみで早くて10分程で終わります。サービス接遇検定の準1級の試験は先頭でない限り、他の受験者の試験を見ることが出来ます。

出来る限り試験を見ながら準備が出来ると気持ちも落ち着けて良いでしょう。こればかりは運に左右される部分なのですが、基本的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢を見ています。

相手の目を見て話すことや動作を加えて説明することも大切です。面接試験と筆記試験のそれぞれで学習をするようにしましょう。

テーマパークスタッフに役立つ資格「手話技能検定」

聴覚障害の会話を認定する資格

手話技能認定は聴覚障害の人々と会話をとるのに重要な役割の資格です。テーマパークには様々な人がお客様として来店します。

耳が聞こえない人もお客様として来店する事もあるので、手話技能検定の資格を取得しておく事は有意義な事でしょう。

手話技能検定の試験概要

難易度は低い。級によって試験対策が必要

手話技能検定の試験内容は級によって異なります。手話技能検定は7級から1級まで9段階に分かれている特徴があります。

7級は記述式の筆記試験です。6級と5級。4級、3級は四肢択一式の筆記試です。

準2級は四肢択一問題と長文書き取りがあります。2級は課題文表現と質疑応答の実技試験があり、面接試験もあります。

準1級になると長文書き取りと映像の読み取り試験です。

1級はディスカッションと課題文表現の実技試験があり、面接試験もあります。

級によって試験内容が異なるためそれぞれの級に合わせて学習が必要です。

合格率は6級が91.6%、5級が94.8%、4級が83.2%、3級が74.7%になっています。準2級から11.9%と合格率は低くなっています。

手話技能検定

合格率 級によって異なる
受験資格
  • 準2級~7級 特になし。誰でも受験可能
  • 2級 準2級合格者
  • 準1級 2級合格者
  • 1級 準1級合格者
受験費用
  • 1級 11,000円
  • 準1級 9,000円
  • 2級 8,250円
  • 準2級 6,150円
  • 3級 5,650円
  • 4級 5,150円
  • 5級 4,650円
  • 6級 3,600円
  • 7級 1,750円
出題範囲 相手に合わせた手話、難聴者手話との表現・読み取り、あいさつ、自己紹介、趣味についての応答
※級によって異なる

講習会やテキストで学習する

手話技能検定は級によって試験内容が異なりますので、それぞれの級によって学習方法を変える事が大切と言えます。

実技試験の対策としては講習会やサークルに参加して学ぶと良いでしょう。テキストだけで実技の学習をすると正確な手の動きを把握しづらいかもしれません。実際の手話を見て覚えることがより効率的に学ぶ事ができます。

筆記試験は試験範囲集から出題されるので、手話単語と例文を覚えると良いでしょう。試験範囲集は手話技能検定公式ホームページからダウンロードが出来ます。試験対策テキストも販売されているので、購入して学習する事もおすすめです。

その他のテーマパークスタッフに関連する資格

テーマパークスタッフに関する資格はさまざま

サービス接遇検定や手話技能検定の資格以外にもテーマパークスタッフの仕事に関連する資格はいくつかあります。

  • 接客サービスマナー検定
  • TOEIC
  • レストランサービス技能検定

一覧にある接客サービスマナー検定は、敬語やマナーだけでなく顧客心理の理解などより専門的な知識が身につく資格です。

テーマパークスタッフとしてサービスに対する心構えは大切な事なので、取得すると良いでしょう。

テーマパークスタッフに役立つ資格が取れる学校

ホスピタリティツーリズム専門学校

ホスピタリティツーリズム専門学校では、テーマパークスタッフを目指す人のためにテーマパーク科が設けられています。

昼間部と夜間部があり、昼間働いている人でも通う事ができます。日本でも少ないテーマパークスタッフに特化した学科で、お客様を幸せにするサービス力を身につける事が出来ます。

テーマパークでの課外授業が魅力

ホスピタリティツーリズム専門学校では、テーマパークへの課外授業が用意されています。実際にテーマパークに出かける事で就職への意識を高める事が出来ます。

業界研究で就職観を育成して、テーブルマナーではマナーの必要性を把握する事ができます。アメリカのテーマパークを研究出来る海外研修旅行など豊富な授業で、貴重な体験が出来ます。

日本外国語専門学校

日本外国語専門学校ではテーマパークスタッフになるためにテーマパーク専攻が用意されています。演出やサービス、世界に通用するホスピタリティを磨く事でテーマパークスタッフとしての知識を身につける事が出来ます。

英会話はネイティブの教員が少人数のクラスでのレッスンを行い、海外のテーマパークでも働ける語学力を養う事が出来ます。

就職支援サポートが充実

日本外国語専門学校では、在学中に働ける企業インターンシップや採用担当者から詳しく話を聞ける企業業界セミナーが魅力です。

履歴書の書き方などを学べる就職対策特別講座など就職関連のプログラムを実施しています。担任と就職センターが人それぞれ異なる希望の就職先についてサポートしてくれます。

テーマパークスタッフの資格・試験まとめ

テーマパークになるなら2つの資格、サービス接遇検定と手話技能検定合格を目指そう

テーマパークスタッフの仕事自体は、特別な資格や試験に合格していなくても業務に就くことは可能ですが、資格を持っている方が転職時にも有利です。サービス接遇検定や手話技能検定に合格すれば一定の知識やスキルの証明にも役立つでしょう。

テーマパークスタッフに関する資格試験は他にも様々な試験が行われています。サービス接遇検定と手話技能検定の資格取得を目指しつつ役立ちそうな資格を取得してみてはいかがでしょうか。

テーマパークスタッフの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

テーマパークスタッフの関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB