実演販売士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

実演販売士の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

実演販売士の平均的な給与・年収はいくらくらいなのでしょうか?実演販売士は、学歴より、経験・スキル・実績によって給与が変わる場合が多いようです。このページでは、実演販売士の初任給・平均的な給与額・平均的な年収額など収入面についてご紹介します。

実演販売士の初任給

新人実演販売士の給与は平均18~22万円前後

実演販売士の初任給は18~22万円前後が相場といわれています。実演販売士の初任給は仕事内容がハードなわりには給与面に関しては厳しい状況というのが、今の実演販売士の給与の現状です。

新人の場合、先輩の実演販売を覚えながら、一人でできるようになるまで売り上げの差が出てしまうこともあります。特に未経験者ですと、ベテランと新人で給与の差が出やすい仕事でもあります。

会社によって給与形態が変わります

勤める会社によって、日給月給制、歩合制、時給制など、会社によって給与形態が分かれます。

正社員の場合は、月給と歩合制か月給だけという場合が多いです。アルバイトやパートだと時給で採用しているところがほとんどです。歩合制の場合は、基本給の月給と歩合給で渡されることが多いです。

さらに、テレビ番組での実演販売も請け負っている会社ならば、出演料も給与に連携してもらえることもあるでしょう。

正社員で日給月給制を採用しているところは多くはありませんが、給与面だと高くても、2万円前後に、交通費や他諸手当が支給されます。

どちらにしても、スキルによっては、給与面が変わる可能性もあります。

経験や実績で給与アップにつながることも

実演販売士の仕事は、売りたい商品を人前で話すことや、周りの雰囲気に合わせてプレゼンしていく仕事です。

新人の場合は、なかなか売り上げが伸びないこともあります。経験を積み、自分自身のスキルも上がっていけば、おのずと収入も上がっていくでしょう。

特に歩合制を採用している場合は、給与面の差が出やすい仕事でもあります。

他にも収入源を増やせる仕事

店頭以外にも、最近ではテレビに出演することで、出演料を収入源として認めてもらえる会社があります。出演する回数も増えて、人気が上がっていけば、実演販売士は最高で、年収が億をいく人もいます。

会社にもよりますが、歩合制ですと売り上げ以外にも企業のアポイントを取ってくること、売り上げ次第では、通常とは違うボーナスを支給する会社もあります。

実演販売士の平均給与

実演販売士の平均給与は約22~30万円

求人情報や口コミなどを参考にした実演販売士の平均給与は、約22~30万円前後が多いようです。アルバイトなどの場合、時給はおよそ1000~2000円での募集がかけられています。

参考リンクインディード

実演販売士の仕事は、普通のサラリーマンとは違って勤務時間や休日出勤が多くなることや、一日中立ちっぱなしのしゃべりっぱなしで特に祝日などの繁忙期ですと、休む日が少なくなるほど、ハードな仕事内容です。

特に下積み時代は覚えることも多いため、体力的にも精神的に大変です。仕事内容のわりには実演販売士の仕事の給与は低めの傾向にあるでしょう。

転職時の給与はスキルによって変動

実演販売士というのは売り上げが重視されやすいので、給与にも影響されやすい仕事です。転職活動の前に培ってきたスキルによって、売り上げを伸ばすことができれば給与面も考慮してもらえることもあるでしょう。

また、突出したスキルをもっていたりすれば、実演販売の時に役立つでしょう。実演販売士でもともとお笑いをしていた人もいたりします。トーク力が高ければ人気実演販売士になり、なかには年収1,000万円を超える人もいます。

異業種で働いている場合でも、接客サービスや販売をしていて、人前で話すことが上手な人なら、スカウトされる場合があります。メディアからの認知も高い人でないと難しいですが、スカウトから転職した場合なら、雇用条件も好待遇で採用してもらえる可能性が高いです。

異業種からの転職の場合は給与形態の確認を

異業種からの転職の場合、未経験ですと年齢が高くても低くても関係なく、正社員であれば新卒がもらえる給与と同じくらいになる場合もあります。ですが、トーク力やプレゼンテーション能力などが身に付いていれば、給与も安定してもらえることができるのではないでしょうか。

また、実演販売士は派遣、アルバイトやパート、正社員、出されている求人によって、手当やボーナスが出るかどうかが変わってきます。給与がどの給与制を採用しているかによっても、給与にも差が出てきます。

地域によって変動することもある

実力主義なところはありますが、働く場所や地域によって給与が変わることもあります。さほど変わらないですが、東京や大阪などの都市部の方が、他の地域に比べると若干高めの傾向です。地方になると徐々にではありますが、下がる傾向です。

例えば、東京都内なら約22~30万円前後、地方だと約19~25万円前後という可能性もあります。

地方で仕事していた場合でも、人気が上がって都市部にも出張することになったりすれば給与がアップすることもあり得ますが、ベテラン実演販売士かスキルをもっていないと難しいです。

求人を探す際には手当やボーナス、福利厚生の部分も確かめておくこと

会社により、どんな手当が出るのか、そして勤務形態によってボーナスが出るか出ないかも変わってきます。福利厚生の部分も同じく、正社員でないと適用されないところもあるので、求人を探す際には、隅々まで詳しく調べておく必要があります。

特に、接客経験がある人や人前で舞台をしている人、人前で話すことを仕事にしていた人などは経験者として採用されやすい可能性があります。

実演販売士の平均年収

実演販売士の年収は約350~500万円前後

実演販売士の平均給与は約350~500万円前後です。経験年数が上がれば年収も徐々に上がっていきます。500万円近くになる可能性もあります。

営業力・販売力のある人であれば、新人でもインセンティブ報酬などを得られるため、初年度から年収700万円に到達する方もいるようです。

アルバイトから独立を目指す人もいます

正社員雇用が難しくても、派遣やパート、アルバイトとして実演販売士のスキルを上げてから、転職するのもひとつの方法です。実演販売士は売り上げが良ければ、正社員の時よりも多くもらえる可能性があるのがメリットです。

実演販売士は実力主義な世界でもあるので、実演販売士の仕事のキャリアアップとして、最初はアルバイトとしてキャリアを積み、正社員を目指す時に今までの経験と実績をアピールすることで転職の際にも有利に働くと考えられることがメリットです。

独立するために、実演販売士以外のスキルや経験を積みたいという場合は、正社員以外の働き方も手段のひとつといえるでしょう。

スキルアップしていけば、独立するのもひとつの手段

最初は会社で実演販売士として、現場で経験を積んで、売り上げも伸ばしていけば、独立してフリーランスとして働くのもひとつの手段です。

自分の体ひとつあれば、実演販売士として仕事をすることができますし、独立して働いていると、どこかの会社が実演販売しているところを見て、依頼してくれることもあるので、頑張れば頑張るほど給与も上がっていく仕事としては夢のある職業ではないでしょうか。

人気が上がるにつれ、実演販売以外の仕事で、企業などから講師として呼ばれることもあります。実演販売士として仕事と講師、あるいはメディアにも出演することにもなれば、年収1億もあり得るでしょう。

しかし会社で働いている時よりも、スケジュールがかなりハードになってしまうので、体調管理と自分自身のスケジュール管理には気を付けるべきです。

独立の際には、人脈もつくっておくと良い

独立する際に、自分自身のスキルやトーク力、盛り上げ力などもっておくことが大事ですが、急にフリーランスとして独立しても仕事がありません。実務経験を積んでおきながら人脈づくりを忘れずにしていると仕事を紹介してもらえるでしょう。

実演販売士の給与・年収まとめ

実演販売士の年収レベルは比較的若干低め。スキルや経験次第

実演販売士は精神的、体力的にもタフであることが求められる仕事のわりには、全体的に平均給与・年収レベルは若干低めの傾向です。

しかし、接客販売のスキルやいままでの経験を活かすことができれば、実力次第では高収入を目指せる仕事です。売り上げの結果次第で、若いうちからの給与アップも夢ではないでしょう。

実際、実演販売士の仕事は多くの企業から必要とされている未来のある仕事でもあります。

実演販売士の参考情報

平均年収350万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

実演販売士の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB