食品スーパー店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

食品スーパー店員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

食品スーパー店員は、食材を主に扱うスーパーマーケットにおいて接客を中心に様々な仕事に従事する人を指します。食品スーパー店員になるには、どういった適性が必要なのでしょうか。このページでは、食品スーパー店員に向いている人の特徴や、求められる技能などについてご紹介します。

食品スーパー店員になるには何が必要?

扱う食品に対する幅広い知識と適切な管理能力が不可欠

食品スーパー店員は、食品の売り上げが7割を超える食品スーパーマーケットにおいて、接客、販売を中心としたサービスを提供することが主な仕事です。部門ごとに商品を陳列したり、在庫を管理したり、商品を発注したり、仕事内容は多岐に渡ります。

総合スーパーの雑貨や家具を扱う店員とは異なり、新鮮さが重視される食品を取り扱う仕事なので、特に取り扱っている食品の管理に関する知識は絶対に持っておかないといけません。

食品は人の口に入るものなので、特に衛生面での管理が重要視されます。新鮮な状態での提供や温度管理、食肉加工に関する知識、魚の衛生面で注意するべきことや、野菜や果物の適切な保管方法など、様々な知識を持っていなければ、食品スーパー店員の仕事は務まりません。

お客様の求める、お客様にとって快適な店を作ることが求められる

人間にとって、食事というのは「日々の営み」の一つです。恒常的に行わなければならない生理的な習慣である食事について考えるとき、特に食品を提供する食品スーパーに求められるのは、お客様が潜在的に感じている苦痛を無くすこと、と言われます。

特に食習慣に関して、お客様が煩わしいと思うことを、食品提供段階で取り除いてあげることが重要であると考えられています。

お客様の感じる苦痛には、「食材を調達しなければならない」「レシピを考えなければならない」「料理という行程を行わなければならない」「後片付けをしなければならない」ということが挙げられます。

これらを、食品提供段階の一工夫によってできる限り取り除いてあげることが、食品スーパーの大切な役割と言われ、これは米国で生まれた言葉である「ミール・ソリューション」にも繋がっていく考え方です。

ミール・ソリューションとは?

ミール・ソリューションとは直訳すると「食事問題の解決」の意味で、女性の社会進出が日本に比べると盛んな米国において、家庭料理を一から作るのではなく、食品スーパーやデリ(惣菜屋)で予め下拵えや調理がある程度済んだ食材を買い求めることで、食事にかかる時間をより短く手軽なものにしよう、という動きのことです。

これは食洗機や電気調理器の普及なども含まれた動きのことを指しますが、食品スーパーでは女性の社会進出の割合が増えつつあり核家族化の進む日本においてもこの動きを取り入れようと、こうしたミール・ソリューションを意識した販売手法を取る店が増えています。

具体的には、サラダや一品料理など予め調理が終わった惣菜、小分けにされそのまま食べられるカット野菜やカットフルーツ、骨無しの焼き魚や煮魚、皮むき野菜などの提供です。

時代の変化と共に、ちょっとした一手間をサービスとして提供し、お客様の調理や食事にかかる時間をなるべく減らそうという考え方によって、よりお客様にとって快適な店づくりを意識した動きが、全国の食品スーパーにおいて進められています。

わかりやすいレイアウトと、清潔で買い物のしやすい環境の構築

食品スーパー店員にとって大切なのは、お客様が楽しく、より自由に買い物をすることができる快適な店づくりです。

例えば、店に入りやすく、店の中を回りやすく、店から出やすい動線の構築を、レイアウト段階で意識すれば、お客様は気軽にスーパーに入店し、気軽に出ていくことが可能になります。

特に食品スーパーでは、店全体が清潔であることも大事な要素です。単純に清掃が行き届いているだけでなく、明るい色を意識した壁や床などの内装を凝らす、乱雑ではなく揃えて置かれた商品など、ちょっとした工夫で、より自然に清潔感を演出することが可能です。

常に、欲しいものがそこにある、品揃えの豊富さも必須条件です。これは、仕入れや発注の担当者のセンスが大きく問われます。常に売り切れておらず、頻繁に補充がされていて、「商品がない」ということを実感させない工夫も、快適な店作りには欠かせません。

鮮度が良く、品質の良い品揃えを心掛けることで、見た目的な印象も含めて、お客様が安心して買い物ができる環境を整えることが可能になります。欲を言えば、低価格であることも加われば理想的です。細やかな気遣いのある接客、ミスのないレジ対応なども大切な要素です。

こうした快適な店作りは、食品スーパー店員全員が一丸となって取り組まないとなかなか実践できないものです。店長やチーフなどがそうした店舗運営を意識するだけで、食品スーパーは見違えるように変わるはずです。

食品スーパー店員に向いている人、適性がある人

綺麗好きで、衛生管理がしっかりとできる人

食品スーパー店員は、食品というデリケートな商品を扱わないといけませんし、食品は人の健康や衛生に直結する商品でもあります。先の快適なお店作りに際してもそうですが、食品スーパー店員一人一人が、衛生管理をしっかり行うことで、お客様は安心して買い物を行うことができます。

例えば、手を頻繁に洗ったり、レジスペースに消毒液を設けたり、ちゃんと爪を綺麗に切りそろえたり、長髪を結んでお団子にして三角巾で覆うなど、自分ではあまり意識しませんが人から見ると衛生的にどうかと思うような些細なところから改善していくことが大切です。

基本的に服装や髪など見た目的な要素については、逐一チーフや店長から指導が入っているスーパーが一般的ではありますが、心構えとしてしっかり意識するだけでも見違えて見えます。

食品を扱う以上、清潔感はより強く意識して、仕事に取り組むことが大切です。これは、レジや売り場管理などの目に見える仕事だけでなく、バックヤードでの加工や配送担当などの仕事にはより厳しく問われることです。

お客様の目に入りにくいところまでこだわれる、綺麗好きで衛生管理がしっかりできる人は、食品スーパー店員に向いています。

より売り逃がしや廃棄を避けるため、適正な発注ができる人

食品スーパー店員は、他の業種の店員よりもより厳密に、発注の精度や正確さが問われる仕事です。スーパーマーケットにおける業績とは、売れ行きを正確に予測し、適正に売り切れる、精度の高い発注ができる人が何人いるかで決まると言われています。

発注の数は、不足しすぎると売り逃がし(機会ロス)に繋がりますし、逆に多すぎても在庫が増えすぎて、無駄な値引きや廃棄が発生してしまい、管理ロスに繋がります。そして販売数と発注数のギャップを埋めるために、余計な仕事に時間を取られてしまうことにもなります。

食品は無駄にはできませんし、足りなすぎてもお客様は困ります。こうしたことを意識した上で、より厳密に在庫数や販売予定数を予測でき、状況を見た上で臨機応変に売り方を変えたり工夫を凝らすことできちんと計画通りに売り切ることのできる能力が求められます。

これはある程度経験を積まないと難しい仕事ではありますが、在庫数と発注数のバランス感覚は、記録をしっかり残し、そのデータをしっかりと活用することで培われます。天才的な才能や勘がなくとも、努力次第で予測の精度を上げることができるということです。

普段から店の運営状況を在庫数と照らし合わせて、数字をしっかり意識して物事を考えることができる人が、食品スーパー店員に求められています。

食品スーパー店員になるための学校・教室

接客技術を学べる学校へ進学し、販売士の資格を取ろう

食品スーパー店員には様々な仕事があるとは言っても、やはり根幹は接客業です。食品スーパー店員に必要なのは学歴や資格ではなく接客スキルなので、まずは社会人として恥ずかしくないレベルの接客技術を学べるビジネススクールなどへの進学が適切と言えます。

また、商工会議所が認定する資格「販売士」は取っておきましょう。小売業だけでなく、卸売業や製造業、流通業など関連業種にも跨った、商品管理に対する知識やマーケティングに関わる知識、接客技術や商品開発、仕入れ、在庫管理に至るまで、接客販売業に必要な包括的な知識を認定してもらえます。

「販売士」の資格はそこまで難しいものではない割に認知度も高く、認定される知識や技術もしっかりしていますので、食品スーパー店員にも欠かせない資格となっています。

また、近年は特にインバウンドと呼ばれる外国人観光客や留学生、移住者などが街を歩く風景が一般的になってきています。食品スーパーにも外国人は多く訪れることでしょう。または、アルバイトをしにくるかもしれません。

そうした機会に備えて、外国人とのコミュニケーションをしっかり取れるように、学生のうちに語学を学ぶのも効果的です。もし高校時代にアルバイト経験があるなどで接客技術に不安が無いのならば、大学や語学系の専門学校で、英語ともう一つくらい、外国語を学んでおくと、一歩抜きん出た食品スーパー店員になることができるかもしれません。

食品スーパー店員になるには?まとめ

食品を扱う食品スーパー店員の社会的意義は大きい

食品スーパー店員は、人々にとって欠かせない食品を多くの人に提供する仕事です。食品は誰もが買い、口に入れるものだからこそ、より清潔で快適な買い物ができる店作りを強く意識することで、より重要度の高い食品スーパー店員になることができるでしょう。

通常の商品よりも足が早くデリケートな食品を扱うからこそ、よりきめ細やかな、痒いところに手が届く配慮に満ちた接客技術をしっかりと磨いていきましょう。

食品スーパー店員の参考情報

平均年収350万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種販売・サービス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

食品スーパー店員の関連記事

販売・サービスに関する他の職業KANREN JOB