衆議院事務局職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

衆議院事務局職員になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

日本を支える裏方の職業だからこそ、衆議院事務局職員になるには知識や技術を磨くことはもちろん、精神的な強さも必要になります。仕事として続けるのは日本を支えるという情熱を持ち続ける事がポイント。本記事では、衆議院事務局職員になるために求められる能力、なるためには何が必要なのか、向いている人の特徴などについてご紹介します。

衆議院事務局職員になるには何が必要?

衆議院事務局職員になるにはいくつか必要な要素が考えられますが、まずは国会の運営を裏から支える一員として、情熱を持って仕事を続けられるかが一つです。

癖のある議員とコミュニケーションを測り、時には厳しく叱責されることもあるかもしれません。納得のいかない理不尽を押し付けられる事も。衆議院事務局職員として情熱を持って仕事を続けられることが求められます。

情報収集力が衆議院事務局職員の仕事に役立つ

衆議院事務局職職員は、法案の参考資料作成や論文の作成、調査など大量の文章作成作業に追われます。

膨大な量の事務作業を行う事になるので、情報収集力が不可欠であると考えられます。くまなく調べる事が出来る事は衆議院事務局職員には求められます。

知識の豊富さも衆議院事務局職員の大切な要素

衆議院事務局職員の仕事は、会議運営や調査、総務、議事速記や議員警察の事務の5つに分けられます。すべて裏方の仕事にはなりますが、円滑な運営を支えるために、幅広い知識が求められます。

憲法や民法などの法律の知識に加えて、経済や財閥などの知識も必要になるでしょう。衆議院事務局職員の仕事をする上では、一般的な事ではなく法律や財閥などの特殊な知識が必要になるのです。

体力も必要な衆議院事務局職員の仕事

衆議院事務局職員の仕事は意外とハードなので、基礎体力がしっかりある事も大切です。国家公務員として原則的に勤務時間は決まっていますが、早朝出勤や残業もしなければいけないことも多いです。

会議運営事務を行う部署では8時前には登庁して、退庁は日をまたぐこともあります。予算や決算などを行う部署では、忙しい時期には残業が続き深夜になることも。部署によって異なりますが、体力的にもハードな仕事と言えるでしょう。

国会を支える裏方の仕事として体が資本です。自己管理を行い、体調を崩さないようにすることも大切と言えます。

衆議院事務局職員には試験に合格することが必要

衆議院事務局職員になるには、衆議院事務局職員採用試験で合格する必要があります。

憲法から民法などの法律から経済学や政治学など幅広い知識が問われる試験であり、取得しなければ衆議院事務局職員として働くことは出来ません。

衆議院事務局職員を目指す人によってはまず、この試験に合格することが大きな壁となるでしょう。

衆議院事務局職員に向いている人、適性がある人

衆議院事務局職員になるには、センスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション力は衆議院事務局員職員の適性のひとつ

衆議院事務局職員に求められる適性として、まずはコミュニケーション力が挙げられます。
衆議院事務局職員の仕事の一つとして各会派や各省庁などの連絡調整があります。関係者の意見が対立することも多く、円滑に本会議を進めるために相手の状況を察して探りながらやり取りする必要があります。

専門的な分野の会話が多く、高いコミュニケーション力が必要になります。どんな人でも話す事が出来るコミュニケーション力はもちろんのこと、相手の事を考えてコミュニケーションが出来る人は衆議院事務局職員に向いていると考えられます。

判断力がある人は衆議院事務局職員向き

衆議院事務局職員は、日本の運営に携わる裏方の仕事です。政治の現場では突然に議員が変更することもよくあります。他にも予期せぬ出来事が起こることはあります。

決まっていた予定が急遽キャンセルになることやいきなり予定が入るイレギュラーは日常的に多くあります。日本という大きな国で考えるとアクシデントが起きると混乱してしまう事も多いです。

しかし、状況の急変に迅速に対応することが出来る判断力が必要です。迅速に、そして的確に判断することが出来る人は衆議院事務局職員として向いていると言えるでしょう。

重圧に負けずに仕事に打ち込める人

衆議院事務局職員の仕事は、日本の運営をサポートする仕事であるためにとても責任のウェイトが大きい部分があります。

事務職とはいえ他の仕事に比べると重圧がかかることもありますし、癖のある国会議員と付き合っていく必要もあります。国会議員だけでなく、省庁の官僚や海外の政治家など成功者と関わることも多いです。

人も仕事内容も責任が大きく神経を使う仕事なので、重圧に負けずに仕事に打ち込める人が衆議院事務局職員には向いていると考えられます。

オンとオフの切り替えが出来る人

衆議院事務局職員は国家公務員として日本の国という規模で裏方でのサポートをする仕事です。残業や早朝出勤も多く、事務仕事にバタバタしながら仕事をします。しかし、国家公務員として週休二日制で休みも多いです。

仕事の時はハードに働き、休みはしっかりと休むオンとオフの切り替えが出来る事は大切です。休んだ後のだらだら仕事をしているようでは衆議院事務局職員としての仕事は務まりません。

衆議院事務局職員になるための学校

衆議院事務局員職員になるためには、採用試験に合格しなければいけません。

衆議院事務局職員になるために学校に通う事は、同じように衆議院事務局職員を目指す仲間に出会えます。ライバルとして仲間として刺激し合う事が出来ます。

法律の基礎が学べる専門学校

衆議院事務局職員になるには、専門学校に通う人もいます。職業柄専門的な用語や知識が必要になります。専門学校に通う事で、衆議院事務局職員に必要な基礎知識を学ぶ事が出来るでしょう。

サポート内容を比較して学校選びを

衆議院事務局職員になるための専門学校はあまり数が多くはありません。それでも学校によって現役の衆議院事務局職員から話を聞ける、心構えなどの指導の授業が用意されていることもあります。

支援が手厚い学校であれば、難易度の高い衆議院事務局職員の取得もスムーズに学習が出来るでしょう。数少ないながらも学校によってカリキュラムやサポート内容は異なりますので、自分の目指す衆議院事務局職員像に近づけるように比較して選ぶ事が大切です。

大学でも衆議院事務局職員になるための勉強が可能

衆議院事務局職員になるために学校に通う選択肢として専門学校以外では大学に通って学ぶことも出来ます。

衆議院事務局職員を目指す人の中には大学を卒業して試験を受ける人が多いです。大学にも政治に関する学部や学科が用意されている事があります。

以下のような学部・学科名の場合は、衆議院事務局職員を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので詳しくチェックしてみるといいでしょう。

  • 政治経済学部
  • 法学科

衆議院事務局職員になるには?まとめ

採用試験合格は必須。まずは情熱や判断力が衆議院事務局職員を続ける原動力に

日本を支えるという情熱と的確な判断力。衆議院事務局職員になるには仕事が大変でも続けられる力が必要です。加えてコミュニケーション力や幅広い知識がある人は、衆議院事務局職員の仕事で強い武器になると考えられます。

衆議院事務局職員採用試験に合格することが必須で、難易度が高く合格率も低いです。専門学校や大学で法律や経済について学び、試験に合格することで衆議院事務局職員の道が開けるでしょう。

衆議院事務局職員の参考情報

平均年収600万円~800万円
必要資格
  • 衆議院事務局職員採用試験
資格区分 試験合格
職種法律・政治

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

衆議院事務局職員の関連記事

法律・政治に関する他の職業KANREN JOB