都道府県議会議員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

都道府県議会議員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

県政を変える都道府県議会議員になるには、立候補するための条件を満たす必要があります。また、立候補後は選挙活動によって支持者を増やし、当選しなければなれません。本記事では、都道府県議会議員になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

都道府県議会議員になるには何が必要?

都道府県議会議員になるには情熱が必要

都道府県議会議員になるには、いくつか必要な要素が考えられますが、まずは都道府県を豊かにしたいという情熱を持ち続けることが第一です。

そもそも自分ひとりの力だけでは都道府県議会議員になることはできません。周囲の人達や支持者の方たちからの支援、得票を得られてこそ当選できるからです。

そのため、県政を良くしたいという情熱と人間力が最も重要となるでしょう。

全てを捧げる忠誠心は都道府県議会議員の仕事に役立つ

都道府県議会議員になるには、まず当選を果たさないといけません。多くの人に手を振り、頭を下げて自分をアピールする必要があります。

自分の掲げた政策を相手に伝えて当選を果たしたとしても、有権者の賛同を得られるかどうか分かりません。政治活動をまじめに行い、国のために全てを捧げる忠誠心を持って仕事に挑まなければいけない職業です。

4年に一度の選挙で落選すれば無職になる、かなり厳しい現実があります。自分の手でより良い県を作り上げていきたいという気持ちが、都道府県議会議員には必要になるのです。

おもてなしの心も都道府県議会議員の大切な要素

都道府県議会議員の仕事は、イベントを通して多数の県民と接する機会も多くあります。都道府県議会議員としては、一人でも多くの県民の支持を集めなければいけません。イベントなどに参加して交流をするときには、県民に対してのおもてなしの心を持つ必要があります。

笑顔で手を振ったり、挨拶をしたりと、積極的にコミュニケーションをとることも都道府県議会議員に求められるスキルの一つと言えるでしょう。

体力も必要な都道府県議会議員の仕事

都道府県議会議員の仕事は意外とハードなので、基礎体力があることも大切です。長時間労働になりやすく、休みもほとんどなく、年中無休で仕事をしなければいけません。

会合を終えてから資料を読み込み、週末には地域のイベントに参加するなど、遠方までの移動は日常茶飯事です。イベントによっては朝早くから参加して、夜遅くまで地域住民と交流をすることもしばしば。

新人の頃は特に覚えることも多く、人気を獲得するための努力など、より長時間労働になりやすいでしょう。愛される都道府県議会議員を目指すためにも、体が資本。自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

都道府県議会議員に向いている人、適性がある人

忍耐力は都道府県議会議員の適性のひとつ

都道府県議会議員に求められる適性として、まずは忍耐力が挙げられます。

イベントに参加することも大切な都道府県議会議員の仕事。多くの人と交流をしている中で、アンチの人に酷いことを言われたり、無視をされることもあるでしょう。

どんなに酷い仕打ちをされたとしても、しっかりと自分を保ち、手を抜かずに仕事に打ち込める忍耐力がある人は、都道府県議会議員としての適性があると考えられます。

伝える力がある人は都道府県議会議員向き

伝える力がある人は、都道府県議会議員の適性があると考えられます。

県議の政策は、県民の生活にかなり広い面で関わっているものです。細かい部分での関わりは、県民には伝わりにくいものが多いです。

都道府県議会議員は、伝わりにくい政策を県民のメリットに繋がるように、誰でも理解できるよう伝える力が必要になります。地域の人々の信頼を獲得するためには、大切なことの一つです。

愛嬌があり人と話すのが好きな人は都道府県議会議員向き

愛嬌は都道府県議会議員にとって大切な要素の一つです。親しみやすく話しかけやすい人の方が、多くの人の信頼を勝ち取りやすくなります。女性でも男性でも同じことが言えます。

地域の人に支持されるには、されやすい雰囲気も大切なこと、いくら良い政策を考えたとしても愛嬌がなければ当選できないでしょう。

また、話すのが好きな人も都道府県議会議員には向いていると考えられます。多くの人の前で話し、時には個別に相談に乗ったりと、話す機会が多くあります。話すことが好きな人は都道府県議会議員として適性があると考えられます。

都道府県議会議員になるための学校

都道府県議会議員になるために学校に通うことは、同じように都道府県議会議員を目指す仲間に出会えること。お互いに励まし合い、切磋琢磨出来るのも魅力です。

ビジネスや人間力が学べる専門学校

都道府県議会議員を目指す人の中には、専門学校を卒業して都道府県議会議員になる人もいます。職業柄、特別な学校を出なければいけない訳ではないので、都道府県議会議員になるには都道府県議会議員として必要な人間力や、ビジネス的なマナーを学ぶために利用している人も多いようです。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

都道府県議会議員になるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富です。学校によっては、プロによるビジネスマナーの指導が用意されていることがあります。プロによる指導があれば、都道府県議会議員になるためのイメージが掴みやすくなるでしょう。

資格取得支援や就活サポートが手厚い学校であれば、卒業後の不安も軽減されるでしょう。社会人や昼間アルバイトをしている人は、夜間コースのある学校を選ぶのも良いでしょう。

学校によってカリキュラムやサポート内容は異なります。自分が思う都道府県議会議員に近づけるように、各校の特徴を比較して学校を選びましょう。

大学でも都道府県議会議員になるための勉強が可能

都道府県議会議員になるための学校に通う選択肢としては、専門学校以外に大学でも都道府県議会議員に関する学部や学科が用意されていることがあります。法学、政治学などを学ぶことで、県議職に関係する学びができると言えます。

条件さえ満たせば、基本的に誰でも都道府県議会議員になることは可能

都道府県議会議員になるには、絶対に専門的な学校で知識を学ばないといけない訳ではありません。選挙に立候補して当選すれば、誰でもなることができます。

立候補する条件としては、25歳以上で日本国民、選挙権を持っている、供託金60万円を提出できることが条件になっています。条件を満たすことができれば、都道府県議会議員になる道は開けると言えます。

都道府県議会議員になるには?まとめ

まずは情熱や体力が都道府県議会議員を続ける原動力に

都道府県議会議員になるには、より良い国を作りたい、自分の政策を貫きたい、という情熱と人間力が重要です。

加えて忍耐力や愛嬌があり、人と話すことが好きな人は、都道府県議会議員を目指す上で強い武器になります。

未経験でも当選さえできれば都道府県議会議員になれますが、まずは支持者を集められるような人間力を身につけることが必要となるでしょう。

都道府県議会議員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

都道府県議会議員の参考情報

平均年収1000万円~1300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種法律・政治

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

都道府県議会議員の関連記事

法律・政治に関する他の職業KANREN JOB