都道府県議会議員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

都道府県議会議員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

都道府県議会議員の主な仕事は、各都道府県の代表として県民に代わり、都道府県をよりよくするために政治活動を行うことです。業務内容は多岐にわたり、休みを返上してイベントに参加するなどのケースもあるようです。本記事では、都道府県議会議員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

都道府県議会議員とはどんな仕事?

県政に関することを議決する仕事

都道府県議会議員の主な仕事は、都道府県政に関する重要なことを議決することです。

都道府県の法律に匹敵する条例を定めたり、予算を決めたりと、都道府県をより良くするための代表が都道府都道府県議会議員です。

調査や研究活動など地味な作業も都道府県議会議員の大きな仕事

都道府県議会議員の仕事には、調査や研究活動が挙げられます。地味な仕事ではありますが、政策立案や提言に不可欠なものです。

調査は県民から寄せられた意見を調査して処理していきます。また、県民の願望を調査するために、イベントに出向いて交流を通して意見を聞くこともあります。

都道府県議会議員として集めた情報から、考えるべきことや改善するべきことを議案にまとめて提出をします。

スピードや効率も要求される仕事

都道府県議会議員の仕事は、調査や研究活動で多忙を極めます。自分の考えをレポートにしてまとめることも必要になるので、朝早くから夜遅くまで決められた時間を守りながら作業をこなします。

このように、都道府県議会議員は限られた時間を効率よく使う力も求められるでしょう。

休みなしで仕事をすることも

都道府県議会議員は、年中無休で仕事をしなければいけません。週末には休みを返上してイベントに参加したりと、朝早くから夜遅くまで仕事をしなければいけないケースも多いです。

4年に一度ある選挙では、9日間を全力で戦い続けなければいけません。寝る間も惜しんで選挙で当選をするため走り、アピールをし続けます。

日によっては早く帰れる日もありますが、基本的には朝早くから夜遅くまでバタバタしていて不規則な生活になりやすく、体力的にもハードな仕事と言えるでしょう。

都道府県議会議員の仕事は意外とハード。体力が必要

都道府県議会議員は、体力のいる仕事です。イベントで各地を移動する必要があったり、デスクワークも欠かせません。

どこの県で働くかによっても異なりますが、朝早くから夜遅くまで拘束時間は長めです。不規則な勤務体制になるケースが多いので、体力も必要になると考えられます。

都道府県議会議員の給料レベルは高めの傾向

働く都道府県にもよりますが、都道府県議会議員の給料は他の職業に比べると高い傾向が多いようです。一般的に65万円~の給与からスタートして、年収は1,000~1,300万円と言われています。

自分の考案した政策が可決されたり、都道府県のために努力をすれば出世できる可能性もあるので、夢のある仕事には違いないでしょう。

都道府県議会議員の具体的な仕事内容

都道府県議会議員の仕事は、より良い県を作るために努力をすることに尽きます。

都道府県議会議員がする他の仕事

都道府県議会議員の仕事は、より良い県作りのために政策や法案を作ることだけではありません。長く勤めている都道府県議会議員になれば、実績や経験によってできる仕事の幅は広がります。

挨拶回り

都道府県議会議員の仕事の一つが挨拶回りです。地域の人と触れ合ったり、要望を聞いたりと、ほとんど毎日挨拶回りは行います。

一般の人たちの要望を聞くことも忘れず、支援者宅を訪問することもあります。次の選挙のためにも、挨拶回りは都道府県議会議員の大切な仕事と言えるでしょう。

勉強会

経済専門家を招いて、政治や経済についての勉強会に参加します。都道府県議会議員として学び続けることは、とても大切なことの一つ。

勉強会の後には懇親会に参加して一般の参加者と話し合い、意見を交換します。勉強会から懇親会までは約3〜4時間で、夜遅くまで行われることもあり、それが終わるまでは自宅に帰ることは出来ません。

下積みからはじまる都道府県議会議員の仕事

都道府県議会議員の仕事は、地道な下積みから始まります。大学や専門学校を卒業して都道府県議会議員として出馬する人は多いですが、学校で法律を学んでも語学力を身につけたとしても、すぐに都道府県議会議員としての仕事ができる訳ではありません。

毎日多忙を極める都道府県議会議員は、覚えることも多いので一から専門的な仕事を学んでいきます。4年で次の選挙が始まってしまうので、それまで吸収出来ることは吸収して、継続当選を果たすための準備にも時間をかけなければいけません。

4年かけて徐々に仕事の幅を広げていくイメージ

都道府県議会議員になってから次の選挙までは4年です。4年かけて徐々に仕事の幅を増やしていくことが大切になります。

最初は、先輩の都道府県議会議員に教えてもらいながら仕事を覚えていきます。自分の政策や地域の住民との交流など覚えることは多くあるので、次の選挙でも当然出来るように積み重ねが大切です。

次の選挙で落選してしまうことになれば、いきなり無職になってしまうというプレッシャーの中で仕事を覚えていかなければいけません。

都道府県議会議員の仕事のやりがい

議会の活動で県政を変えることができる仕事

地域の情報やヒアリング、視察から議会で現在の状況を明らかにし、所属する委員会や会合で問題点を指摘することや、意見を聞いたりすることなどから、最終的な議決に持っていき県政を変えていくのが都道府県議会議員の仕事です。

それぞれの考えがある中で議会の活動を通して県政を変えるのは難しいですが、自分が正しいと思った県政に導くことができることは都道府県議会議員の仕事を通して大きなやりがいを感じることでしょう。

地域社会を力を合わせて作れる

都道府県議会議員は、それぞれの都道府県全域を見なければいけない仕事です。細かな状況まで把握するというのはなかなか出来ることではありません。市町村議員の力を借りることで県政に反映させます。

時には、都道府県議会議員と市議で県民の声や要望を国会議員に伝えることもあるでしょう。都道府県議会議員の仕事は、市町村の議員と連携をとることでその地域に住む人や地域社会をより良い方向へと導きます。

住む人の希望に沿った地域を作れるのは大きなやりがいであると言えます。

地域住民に感謝や応援される

都道府県議会議員になるためには、立候補して多くの地域住民に支持されなければ当選できません。言い方を変えると、都道府県議会議員として当選した人は、多くの人の期待を背負っていると言えます。

選挙に向けて地域の人と接して、イベントなどにも積極的に参加をします。その中で応援してくれる人の存在というのは、都道府県議会議員としてのやりがいになると考えられます。

この人の一票が無かったらと考えると都道府県議会議員としても感謝でしかないですし、多くの人に応援してもらっているという気持ちが都道府県議会議員として大きな力になると言えます。

都道府県議会議員の仕事内容まとめ

都道府県議会議員は地道な努力が求められる仕事

条例を定めたり予算を決めるなど、県をよくするのが都道府県議会議員の仕事です。専門的な分野であり責任が大きな仕事であることから、日々の努力も必要になるでしょう。

休みを返上してイベントに参加して地域住民と接したりと、朝から晩まで忙しく生活も不規則になりがちなため、体力的にもハードな面があるのも特徴と言えます。

選挙が近くなると準備に追われて、当選のために選挙活動を9日感全力で行わなければいけません。落選したら無職になるというプレッシャーを感じながら仕事をしなければいけないため、プライベートをのんびりと過ごすというのは難しいかもしれません。

ですが、県政を変えることが出来たり、地域住民に感謝される応援されるのは都道府県議会議員として何よりのやりがいに感じられるはずです。

都道府県議会議員への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

都道府県議会議員の参考情報

平均年収1000万円~1300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種法律・政治

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

都道府県議会議員の関連記事

法律・政治に関する他の職業KANREN JOB