演出家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

演出家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

演出家の給与はどの程度もらうことができるかご存知でしょうか。演出家は不安定な仕事なので、給与も不安定です。しかし、演出家の中には安定した収入を得ている演出家もいます。ここは、演出家の給料・年収を年齢別で紹介し、どのようにすれば年収が上がるのか詳しく紹介します。

演出家の初任給

演出家の初任給はどの程度もらうことができるかを紹介していきます。演出家の給与形態は大きく分けて2つあります。ドラマや映画を専門に制作している制作会社に所属する演出家とフリーランスの演出家です。それぞれの初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。

制作会社の演出家

制作会社の演出家の初任給は他の会社員と大差はありません。中小の制作会社であれば19~22万円程度、大手の制作会社になれば、23~25万円程度もらうことができます。

もちろん、会社によって初任給が異なるため、一般的な企業と大差がない給与額であることを覚えておきましょう。

制作会社の演出家になるメリット・デメリット

制作会社の演出家として活動をした場合、メリット・デメリットがあります。

メリットは、安定した収入を得ることができるという点です。フリーランスの演出家はいくら有名な演出家でも需要がなければ仕事を失ってしまいます。その代わり制作会社に所属をする演出家は安定して仕事が入ってくるため収入面で心配することはありません。

一方デメリットとして、自分が携わりたくないような仕事も手がけないといけないことがあります。自分の好きではない作品や、やらされる仕事があるので演出をしていても楽しくないということも制作会社に所属する演出家には多々あると言えます。

フリーランスの初任給

フリーランスの初任給はどの程度あるのでしょうか。フリーランスの初任給について紹介していきます。フリーランスの演出家の初任給はバラバラです。ほぼ0円という演出家もいれば、いきなり50万円以上の報酬を受け取る演出家もいます。しかし、いきなり巨額の報酬を得ることができる演出家は稀で多くの演出家はほぼ0円であると言えます。

なぜ、0円かというと、演出家として第一歩を踏み出す場所は舞台が多く舞台は儲からないためです。舞台は収益になっても劇場の箱代で消えてしまう劇団が多いため演出家として参加してもギャラがないということがあります。

そのため、いきなりフリーの演出家で活動する場合はこのような高い壁があるということを認識した上で活動をするようにしましょう。

演出家の平均給与

演出家の平均給与を統計すると、20万円~30万円程度です。制作会社、フリーランスに限らず演出家としての毎月の給与はこの程度になるということを覚えておきましょう。

安定した収入を得る方法

演出家として安定して収入を得る方法について解説していきます。演出家は不安定な仕事です。特にフリーランスになれば常に仕事があるわけではありません。もちろん、人気演出家になると365日休みが全くない方もいます。それでは、安定した収入を得るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

制作会社の演出家として働く

安定した堅実な演出家の活動をしたいのであれば、制作会社で働くようにしましょう。制作会社では、新卒だけでなく中途採用で演出家を採用しているケースもあります。もちろん、場合によっては演出家にいきなりなれるわけではありません。

演出家として実績があれば制作会社にスカウトされることもあるので、フリーの活動に限界を感じている方は制作会社で働くことを検討してみましょう。

実績を残す

フリーランスでも安定した収入を実現させたいのであれば、実績を残すようにしましょう。舞台作品はもちろんのこと、演出した作品がどれだけ動員をしたか、評価されたかは演出家にとってとても大切です。良い演出家になれば、動員数の多い作品を手がけることになるので、自然とオファーが殺到します。

また、お試しで使ってもらったイベントでもしっかり結果を残せば継続的に仕事が舞い込んでくる可能性があります。演出家として活動をし続けたいのであれば、実績をコンスタントに残す努力をするようにしましょう。

さまざまな作品に携わる

演出家でも、舞台しかやらない演出家は安定した収入が期待できません。舞台だけでなく映像や映画はもちろん、イベントの演出、CMを手がけるような演出家に多くの仕事が集まります。制作会社の演出家は安定した収入がある代わりに特定の仕事鹿携わることができません。

しかし、フリーであればスケジュールさえ合えば自由に作品を手がけることができるので、フリーランスで活動をするのであれば、さまざまな作品に携わるようにしましょう。

演出家の平均年収

演出家の年収を統計すると322~421万円になり、決して収入が高いわけではありません。制作会社の演出家になれば、仕事が安定的にあるので収入で困ることはありません。しかし、制作会社の演出家はフリーランスで活躍する演出家よりも収入が低いという傾向もあります。

もちろん、制作会社の演出家の中でも有名な作品を多くてがけていれば年収も高くなりますが、あくまで会社員なので、飛躍的に収入アップすることは難しいと言えます。

フリーランスであれば飛躍的に活躍できる

フリーランスで活躍をすると、基本的に色々な仕事を受注することができるので収入が飛躍的にあがります。このような演出家になると、400万円以上稼ぐことは難しいことではありません。

年収1,000万円以上稼ぐには

演出家として年収1,000万円以上稼ぐためにはどのようなことが必要なのでしょうか。フリーランスであれば、年収1,000万円以上稼ぐことができ、海外の有名な演出家になれば1億円以上仕事で契約をすることもあります。

つまり、年収をあげたいのであれば、有名な演出家になることが必要不可欠になります。それでは、どのようにして有名な演出家になれば良いのでしょうか。

コンクールに応募する

演出家として飛躍的にランクアップをしたいのであれば、有名な作品を手がけることが近道であると言えます。有名作品を1つでも携わっていればそれがきっかけで仕事のオファーが舞い込みます。どの作品がどのように評価されるかわからないので、完成された作品はさまざまなコンクールに応募してみるようにしましょう。

海外に進出する

日本で評価されていなくても、海外で評価されることもあります。海外で活躍をしている演出家であれば、日本での仕事も必然的に増えることになります。ハリウッドで活躍、ブロードウェーミュージカルの演出など素人でも凄さがわかる舞台で活躍すれば、十分にチャンスがあるので思い切って海外に進出することも良いでしょう。

イベントを演出する

多くの人が訪れるようなイベント演出をすることで、仕事が多数舞い込むこともあります。名前が出ていなくても、印象に残る演出を行うことができれば、関係者の間で話題になり仕事が舞い込む可能性が全くないわけではありません。

どのような作品が評価されるかわからないので、収入をあげたいのであればさまざまな作品の演出に携わるようにしましょう。

演出家の給与・年収まとめ

演出家で一発を当てたければ収入の不安定さは覚悟する

演出家の給与・年収をまとめると、次のようになります。

  • 制作会社の演出家は収入が安定するが特定の仕事しか携わることができない。
  • フリーランスの演出家は不安定な代わりに大きな仕事に携わることができる

制作会社に比べると、やはりフリーランスの方が不安定ではありますが、大きく稼ぐことは可能になっています。不安定でもさまざまな経験ができるのはフリーランスの演出家なので、今後どのような演出家になりたいかを慎重に検討した上で演出家としての道を考えてください。

演出家の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

演出家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB