映画宣伝の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

映画宣伝の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

最新の映画を宣伝する「映画宣伝」という職業。思っているよりも収入が少なく年収水準が低いといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られる仕事なのでしょうか?本記事では、映画宣伝の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

映画宣伝の初任給

映画宣伝の初任給は約20万円前後

映画宣伝の初任給は入社する会社によって異なりますが、約20万円前後が相場となっているようです。手取りの金額を考えると20万円以下になるので、他の職種と比べて初任給は低めとなっているようです。

また、映画の料金は1人当たり約1,800円ですし、他の業界に比べてマーケット規模が小さいといわれています。映画宣伝の初任給が低い理由には、このような状況も関係しているのかもしれません。

とはいえ、初任給はどんな職種でも会社を問わず少ないもの。そのため、初任給を気にするのではなく、“下積み”という言葉があるように、長い目で見て仕事でたくさんの経験を積んでキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか?

基本的に業界大手に比べると給与額は低い

映画宣伝はサービス業界に分類される職業となっていて、テレビ業界や広告代理店といった大手業界に比べて給与額が低い傾向があるようです。多くの方は「映画業界=大手」というイメージを持つ方が多いようですが、映画宣伝は大手業界とは異なるので、高収入を得られるというわけではないようです。

しかし、入社する会社によっては一般的な職業と同じくらいの初任給や給与を得られるようです。そのため就職や転職で映画宣伝を目指す方は、応募する前にしっかりと企業の下調べを行っておきましょう。

規模の小さい会社は収入がより少なくなる

どんな職業や職種にもいえることですが、規模の小さい会社は収入が少ないので、初任給を含め満足できる給与を得るのは難しいでしょう。しかし、映画業界へ入るのは狭き門と呼ばれていて、募集を出している企業は大規模・小規模を問わず少ないといわれています。

収入ではなく経験を積むのが目的であれば良いのですが、安定した収入を得たいという方は、常に映画宣伝の募集をチェックして納得できる雇用条件の企業へ入社することをおすすめします。

映画宣伝の平均給与

映画宣伝の平均給与は約25万円

映画宣伝の平均年収ですが、約25万円前後が相場となっているようです。入社する企業によってご紹介した平均年収は前後しますが、一般的には約25万円が平均給与と考えて良いでしょう。

職業によっては約30万円からそれ以上の給与を得ている方もいるので、決して収入が良いとはいえません。しかし、仕事をしながらさまざまなジャンルの映画を見ることができる、映画の出演者に会えるといった経験ができるので、収入は少なくても人によっては楽しく働ける仕事になるのではないでしょうか?

入社する会社によって給与が異なる

上記でもお伝えしたように、入社する会社によって同じ映画宣伝でも給与額が異なるといわれています。人によってはご紹介した平均給与よりも少ない、または多いという場合があるので、少しでも高い収入を得たいのであれば、入社する会社選びが重要になるでしょう。

しかし、映画宣伝の求人数は少ないので、常に求人情報を確認する必要があります。チャンスを逃してしまうと納得できる会社へ入社することができないので、映画宣伝の募集情報はこまめにチェックしておきましょう。

給与は少ないが、仕事のやりがいは多い

映画宣伝の給与は少ないといわれていますが、やりがいは十分にある職業として有名です。自分が携わった映画が大ヒットする、映画のエンドロールに自分の名前が表示される、有名な俳優・女優や映画監督と出会えるなど、たくさんのやりがいを感じられるという意見が多数挙がっていました。

給与ではなくやりがいを求めている方であれば、映画宣伝はおすすめの職業だといえるでしょう。しかし、収入に比べて仕事量は多いので、「仕事だから」ときっぱり割り切れないのであれば、他の職業を検討されてみてはいかがでしょうか?

大手企業に就職できれば収入アップに繋がる

大手企業に就職できれば、給与が少ないといわれる映画宣伝の仕事でも高い収入を得られるといわれています。給与は前述した平均給与以上を得ることができますし、ボーナスもしっかりと支給されるようなので、大手企業へと就職すれば収入アップに繋がるといえるでしょう。

満足できる収入かつやりがいを感じられる映画宣伝なら、就職や転職の候補として考えても良いでしょう。しかし、やはり大手業界の給与に比べると収入が低いには変わりないので、満足できる収入を得たい方は、よく考えてから就職することをおすすめします。

映画宣伝の平均年収

映画宣伝の平均年収は約300万円

映画宣伝の平均年収は、約300~400万円前後が相場となっています。

ちなみに、日本の平均年収は約420万円となっているので、比較すると映画宣伝の年収レベルは低めといえるでしょう。そのため、映画宣伝で働いている方の多くは収入に対して不満を感じている方が多く、人によっては転職を検討される方もいるようです。

ボーナスなどの額も会社によって差があるため、映画業界大手の会社に入社すれば、収入額を増やすことができるかもしれません。できるだけ映画業界が出している募集情報をチェックして、高収入を得られる会社があれば応募してみてはいかがでしょうか?

キャリアアップすれば高収入を得ることができる

映画宣伝の仕事で実績が認められれば、「映画宣伝プロデューサー」へとキャリアアップすることができます。映画宣伝プロデューサーは、プロジェクトを成功させるためにチームをまとめるのが仕事です。

映画宣伝の社員と比べて仕事量は多くなりますが、給与やボーナスもアップするので、高収入を狙うことができるでしょう。そのため、「映画業界で働きたい」「収入額をアップさせたい」という方は、映画宣伝プロデューサーへのキャリアアップを目指して頑張ってみてください。

独立すれば収入アップの可能性がある

映画宣伝の仕事をされている方の中には、フリーランスとして活動されている方も少なくありません。はじめは就職することで社員として働いていますが、たくさんの経験を積むことで映画宣伝プロデューサーへとキャリアアップを行い、独立されている方がいます。

フリーランスでの活動は会社で働くよりも仕事量が多く大変ではありますが、個人で依頼を請け負うことになるので、高収入を得られるといわれています。そのため、フリーランスで活動すれば満足できる収入を得ることができるので、映画が好きで業界に携わる仕事を続けたい方は独立も視野に入れておくと良いでしょう。

フリーランスで成功するためには、マーケティングや語学、コミュニケーション能力など、人間性を高める必要があり、人脈も必要となってくるため、人一倍の努力が必要といえそうです。しかし頑張った分、収入に繋がる可能性が高いため、独立する人も少なくありません。

映画宣伝の給与・年収まとめ

映画宣伝の給与・年収レベルは他の業界に比べて低め

映画宣伝の給与・年収レベルは、テレビ業界や広告代理店といった他の業界と比べて低めとなっているようです。広告宣伝はサービス業界の一種ですし、マーケット規模が小さいことが給与・年収レベルに関係していると考えられます。

しかし、キャリアアップや独立によるフリーランス活動を行えば、リスクはある程度覚悟する必要はあるものの高収入を得ることが可能です。

簡単に収入をアップさせることはできませんが、収入額をアップさせつつ映画業界で働きたいという方は、将来的にキャリアアップや独立を考えてみてはいかがでしょうか?

映画宣伝の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画宣伝の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB