歌手の資格・試験とは?一般的に歌手を目指すならオーディション等の合格が重要

歌手の資格・試験とは?一般的に歌手を目指すならオーディション等の合格が重要

歌を通して客に感動を与える歌手として働くために持っていると役立つ資格や受けておくべき試験などがあります。今回の記事では、芸能事務所や音楽事務所が主催するオーディションを中心に、歌手に関連する資格試験の情報をまとめました。さらに歌手になるためのおすすめの学校についても解説しています。

歌手に必要な資格とは?

プロの歌手になるためには事務所と契約を結ぶことが不可欠

歌手として働くための特別な試験はありません。歌手として働くためには、芸能事務所や音楽事務所と契約を結ぶことが不可欠ですが、契約するためには、事務所が開催するオーディションなどに参加したり、デモテープを送ったりするなどのパターンがほとんどです。

オーディションに合格することが歌手になるための一番の方法

歌手の多くは、オーディションに合格してデビューを果たしています。オーディションには、芸能事務所や音楽事務所が主催をするオーディション、テレビ局やラジオ局が主催をするオーディションなどがあります。オーディションに合格すれば、事務所所属の歌手となるため、歌手として活動するためのサポートもしてもらえます。

デモテープによる審査を受ける人も

歌手の中には、芸能事務所や音楽事務所にデモテープを送って審査を通った人もいます。自分で作詞作曲したオリジナルソングや有名な曲に自分の歌を吹き込んで審査を受けます。

オーディションとは違い、生演奏などが無いため比較的気軽にできるというメリットがありますが、全国から大量のデモテープが来るため、事務所によってはワンコーラスを聴いただけで破棄されてしまうこともあります。

アマチュアからプロを目指す方法もある

歌手の中には、アマチュア歌手としてデビューしてからプロの歌手を目指す人もいます。ライブハウスなどで定期的にライブを行うことによって、芸能関係者からのスカウトを待ちます。

ライブハウスを利用することのメリットは、歌手としての実績を作ることができるという点です。たくさんのファンを獲得できれば集客力のある歌手として認められます。さらにライブをすることによって人前で歌を披露するという経験を積むこともできます。

SNSを使ってデビューを目指す

最近では、Youtubeやニコニコ動画、FacebookやInstagramなどに自分で作成したオリジナルソングをアップしてプロの歌手を目指す人もいます。SNSを利用するメリットは、誰にでも閲覧ができるという点があげられます。さらに生配信をすることも可能なため、ライブハウスを利用しなくても、ライブを行うことができるという利点もあります。

歌手の試験、オーディションの難易度・合格率

歌手になるためのオーディションを受けるためには、まずは書類選考を受ける

歌手になるための方法で一番の近道は、オーディションを受けて合格することです。しかしオーディションは申し込んだらすぐに出場できるものではありません。最初に書類選考が行われ、選考に通った人だけがオーディションに参加できます。

書類選考を受けるためには?

書類選考を受けるためには、オーディションの主催者に履歴書を送ります。履歴書には次の内容を記入します。

  • 氏名や住所
  • 志望動機
  • 自己PR

自己PRでは、趣味や自分の特技、音楽の経歴、目指したい歌手などについて書きます。内容は分かりやすく、かつ詳細に書くのが大切なポイントです。

単純に「音楽が好きである」と書くのではなく、どのような音楽が好きでどのように歌手になるための努力をしていたのかを記入したり、自分が目指したい歌手について具体的な目標や計画を立てたりすることが重要です。

オーディションでチェックされる項目とは?

書類審査に合格すればオーディションを受けることができます。オーディションで審査されるのは歌唱力ですが、以下の点を意識することが大切です。

  • 声質
  • 可能性
  • 表現力
  • 観客を魅了する能力

歌手としての自分の魅力を最大限にアピールするには、選曲も大切です。自分のイメージに合った曲や自分の声質を生かすことの曲を選ぶならばオーディションで満足のいく結果を残せます。自分の声質を知り、歌いやすい曲を選ぶことが合格へのカギです。

歌手に役立つ資格

歌手として働く上で取得しておいたほうが良い資格が幾つかあります。

実用英語技能検定

実用英語技能検定とは、公益財団法日本英語検定協会が主催する英語の能力を審査する検定試験です。実用英語技能検定は1級から5級まであり、一次試験では筆記試験とリスニングテストが行われます。さらに1級から3級については二次試験もあり、日本人や外国人による面接試験が行われます。

英語の歌詞を上手に歌いたい人のための資格

実用英語技能検定が無くても歌手になることはできますが、英語の歌詞を上手に歌いたい人や海外でも活躍できる歌手を目指したい人にはおすすめの資格です。1級の資格を取得していれば、オーディションなどで特技の一つとして加えることができます。

JAVCERT(ジャヴサート)

JAVCERTとは一般社団法人日本ボイストレーナー連盟が主催する民間資格です。JAVCERTは、ボイストレーナーとしての正しい知識やスキルを証明するもので、発声技術のノウハウを身につけることができます。

発声についての正しい基礎を身につける

JAVCERTには、1級から3級までのカテゴリーがあり、試験では筆記試験と実技試験が行われます。2級や1級の資格があれば、歌手や声優、ナレーターやアナウンサーなどの声を使って仕事をしている人に対して ボイストレーニングを行うことができます。

歌手として、正しい発声方法を身につければ歌の技術を向上させることができるので、おすすめの資格です。

歌手を目指すならおすすめの学校

総合学園ヒューマンアカデミー大阪校

総合学園ヒューマンアカデミー大阪校は、プロの歌手を目指す人やサウンドクリエーターを目指す人のための学校です。講師は全員、現役の声優や俳優や歌手のため、プロになるための知識だけなく、心構えも身につけることができます。

模擬オーディションも用意されている

総合学園ヒューマンアカデミー大阪校の授業は、プロになるためのレッスンはもちろんのこと、音楽業界に関する最新の情報も学ぶことができます。

さらにオーディションを勝ち抜くための校内模擬オーディションの授業、実際に音楽業界に携わる人を講師に招いた業界特別セミナーなど、音楽業界へデビューするための実践的な授業が用意されています。

ESPエンタテインメント東京

ESPエンタテインメント東京は世界的楽器メーカーであるESPを母体とした専修学校です。歌手だけでなく、ギタリストやベーシスト、ダンサーやDJなど音楽を仕事としたい人のために音楽の基礎を学んだり、スキルを身につけたりできます。

スタイルに合わせた授業を展開

ESPエンタテインメント東京の授業は少人数制のため、一人ひとりの個性を伸ばすことができるという特徴があります。またソロやバンドなど、目指したいスタイルに合わせた授業も用意されているためより実践的な知識を習得できます。

さらに、プロデビューを目指す人のために、新人アーティスト発掘を目的とするプレゼンテーションライブをはじめとした就職支援のサポートも用意されています。

歌手の資格・試験まとめ

歌手になるための特別な資格はないが、オーディションに受かることが重要

歌手の仕事自体は特別な資格は必要ありませんが、プロの歌手として活動するためには、芸能事務所や音楽事務所と契約を結ばなければなりません。多くの事務所では定期的にオーディションが開催されているため、まずはオーディションを受けることが歌手になるためには必要です。

オーディションへ合格するためには、歌の技術だけではなく、自己PRがしっかりできることも大切です。音楽についての知識を習得したり、歌手になるために役立つ資格を取得してスキルを磨くことも大切です。

歌手になるための専修学校や専門学校がたくさんあり、音楽に関する知識や技術だけでなく、オーディションを勝ち取るためのノウハウも学ぶことができます。歌手になるための方法として、まずは学校でプロの指導を受けるのも一つの選択肢といえます。

歌手への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

歌手の参考情報

平均年収100万円〜数億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

歌手の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB