歌手の給与・年収は?人気歌手になれば継続的に数億円の年収を得ることも可能

歌手の給与・年収は?人気歌手になれば継続的に数億円の年収を得ることも可能

歌を通して観客に感動を与える歌手の仕事。平均給料や年収はいくらくらいなのでしょうか?今回はこの記事で、歌手の平均給与や年収とともに、給与アップの可能性についてもご紹介します。

歌手の初任給

新人歌手の給料は平均0~20万円

芸能事務所に所属している新人歌手の場合は、初任給は0〜20万円前後が相場といわれています。華やかな職業に見える歌手ですが、無名の新人歌手については厳しい現実が待っています。

歌手は一般的な職業とは違い、歌手になりたいと思ったらすぐにでも働くことは可能です。インターネットや路上ライブなど、個人で収入を得ることも可能ですが、歌手の仕事のみで生活していくためには芸能事務所に所属して活動する必要があります。

歌手になるための年齢制限はない

一般的な職業は、資格や技術を習得してから企業に就職しますが、歌手については、芸能事務所にオーディションの申し込みをするのが一般的です。

契約してもらえる事務所を見つければ本格的なプロの歌手としてデビューできますが、見つけられない場合には個人として活動することになります。そのため実力が認められれば、学生や年配者でも歌手になることはできます。

給与システムは事務所ごとに異なる

芸能事務所と契約した場合には給料が支払われますが、事務所によって給与制のところと歩合制のところがあります。

給与制の場合には、一般企業と同じように月給が決まっています。そのため安定した収入を得ることができます。一方で歩合制の場合には、歌手の売り上げによって給料が変わります。

無名の新人歌手ならば、別のアルバイトをしなければ生活できないほど僅かなこともありますが、ヒット曲をたくさん出す有名歌手ならば1,000万円以上の給料をもらうことも可能です。

歌手は音楽事務所との契約も結ぶ

歌手の場合には通常の芸能事務所のほかに、音楽事務所やレコード会社とも契約を結びます。

芸能事務所は歌手のマネジメントやコンサートの計画や実行がメインの仕事に対し、音楽事務所はCDやDVDなどの商品を販売したり、音楽配信を管理したりします。さらにCD発売のための宣伝なども行います。

プロの歌手として働くためには、芸能事務所だけでなく、音楽事務所やレコード会社との契約を交わすことが必要です。

歌手の平均給与の統計

歌手の給与は10万円未満〜数千万円

歌手の給料についての国や省庁による公式なデータはありません。またそれぞれの歌手によって大きく金額が変わるため、平均給与については具体的な数字が出せません。

ヒット曲を連発するような有名歌手の場合には、数百万や数千万円の給料をもらえる人もいますし、売れない無名歌手の場合には、10万円もいかない人もいます。

さらに歌手の場合には、その年の収入が1億円を超えても、次の年には1,000万円前後にまで落ちることもあります。ヒット曲が続かないと高い収入を維持することはできないため、実力が収入に直結する仕事といえます。

CDの売り上げが歌手の収入源

歌手にとっての一番の収入源はCDや音楽配信です。契約内容によっても異なりますが、CDによる印税収入は売上の1%です。そのため1,000円のCDを100枚販売すれば、1,000円の収入が得られます。作曲や作詞に関わっている場合には、歌手の収入とは別に2%の印税収入が得られます。音楽配信についてもCDと同じような収入です。

ミリオンヒットの曲が出れば、1,000万円以上の収入を得ることも可能ですが、ヒット曲に恵まれない場合には、それほどの収入は期待できません。

コンサートによって収入を得る歌手も

歌手の中にはコンサートやライブを中心に活動している人もいます。コンサートを開いた場合には、チケット代のほか、CDやアーティストグッズによる売上収入があります。さらにファンクラブがあれば入会申し込みの受付を行うことで年会費の収入が得られます。

日本武道館や東京ドームなどの大きな会場でも集客できるほど有名になれば、コンサートによる定期的な収入を得ることも可能です。

メディアに出演して収入を得る

歌手によってはテレビの出演やラジオや雑誌のインタビューなどで収入を得ている歌手もいます。歌手にもよりますが、テレビに出演すれば数万から数十万の収入が得られます。

ただし音楽番組などでは、新曲の宣伝などを兼ねていることもあるため、無報酬で出演することもあります。そのような場合にでも、テレビに露出することで有名歌手の仲間入りができるチャンスが生まれます。

歌手の年収統計

歌手の年収は100万〜数億円

歌手の年収に関する、国や省庁による公式なデータはありません。平均給与と同じように、歌手によって収入の差が大きいため平均年収についての具体的な数字は出せません。

年収が数億円を超える有名な歌手もいますが、多くの歌手は年収100万円未満のため、歌手として安定した収入を得るのは決して簡単ではありません。

メジャーかインディーズによって収入は変わる

歌手の年収は、どんな音楽事務所やレコード会社と契約を結ぶかによっても大きく変わります。一般的に、音楽事務所やレコード会社にはメジャーとインディーズがあります。メジャーとインディーズとの大きな違いは事務所の規模で、メジャーの事務所と契約を結ぶと楽曲を大々的に宣伝してもらえます。

メジャー事務所の歌手ならば、ある程度の収入を得られる可能性が高いですが、事務所の方針通りの曲を歌う必要もあります。一方でインディーズ事務所の歌手なら収入についてはやや厳しい反面、歌手活動についてはあまり縛られることなく自由に行うことができます。

さらにインディーズ事務所から発売されるCDは歌手の印税割合が高いため、ミリオンセラーのヒット曲が生まれれば、1億円以上の収入を得ることも可能です。

海外へ進出する歌手も

歌手の中にはアメリカやヨーロッパなどの海外へ進出して活動する人もいます。

海外で活動する場合にも、日本と同じように芸能事務所や音楽事務所と契約を交わす必要があります。日本で有名な歌手の場合にはすぐに海外でも活動することが可能ですが、無名の歌手の場合にはオーディションなどを受けながら事務所を探す必要があります。

海外で歌手として働くのは、決して簡単ではありませんが、アメリカでは年収が100億円を超える歌手もいるため、アメリカンドリームを掴みたい人にはおすすめです。

歌手を引退する場合

歌手には会社員のような定年制度はありません。そのため歌手として活動したものの売れないので引退する人もいれば、生涯現役歌手として活動する人もいます。歌手を引退してもCDが売れれば、印税収入を得ることはできます。

また歌手としては引退したものの、その後作曲家や作詞家へ転身する人もいます。作曲家や作詞家の場合には、曲を提供することで収入が得られますし、CDや音楽配信による売上収入があれば、作曲や作詞による印税収入を得られます。歌手としてある程度の実績を残せれば、音楽に携わりながら別の分野の仕事に就くことも可能です。

歌手の給料・年収まとめ

歌手の年収レベルは個人で異なる。数億円の収入を得ることも可能

歌手の平均給料や年収レベルは個人で異なります。CDや音楽配信による売り上げが爆発して有名歌手になれば、数千万から数億円の年収を得ることも可能ですが、無名歌手の場合には年収が100万円にも満たない可能性もあります。

ただし、歌手の世界は実力や結果が全てのため、努力すれば一流歌手になるという夢を叶えることもできます。

歌手は芸能事務所や音楽事務所と契約して活動することがほとんどです。芸能事務所に所属すると月給制か年俸制を選ぶことができますが、年俸制の場合には、CDや音楽配信による売り上げ、コンサートやライブによるチケット収入やグッズによる収入がメインです。

歌手への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

歌手の参考情報

平均年収100万円〜数億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

歌手の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB