歌手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

歌手の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

テレビの音楽番組に出演したり、コンサートのステージで歌ったりするなど、華やかに見える歌手の仕事。その裏側では、地道な活動も行われています。自分を知ってもらうための営業活動や、プロの歌手として歌い続けるために必要なトレーニングなど、見えない仕事内容や活動もたくさんあります。

歌手とはどんな仕事?

様々なジャンルがある歌手の仕事

歌手とは、歌を歌う事を職業としている人のことです。歌といっても、さまざまなジャンルがあります。

ポピュラー音楽の歌手は、ボーカリストやシンガーと呼ばれます。ロックバンドの中で中心になって歌うリードボーカルは、ロックシンガーと呼ばれることもあります。

その他、ジャズシンガー、ゴスペルシンガー、自分で曲を作って歌うシンガーソングライター、演歌歌手、民謡歌手、ミュージカルなどなど、様々なジャンルでそれぞれのスタイルに合わせた歌手のパフォーマンスがあります。

オペラやベートーヴェンの交響曲第九番コンサートなど、クラシック音楽で活躍する声楽家も、歌手という職業の1つです。

歌うことがメインの歌手の仕事

歌手の仕事の中で中心となるのは、やはり人前で歌うことでしょう。ライヴでのコンサート、ミュージカルやオペラのステージ、テレビやラジオの音楽番組への出演などが、最もよく知られている仕事です。

コンサートやオペラ、ミュージカルは、1つの会場で公演が続くこともありますが、全国各地を回リ、さまざまな会場で行われることが多い仕事です。テレビやラジオの音楽番組も、放送局のスタジオで収録が行われることもありますが、地方の会場での公開収録もあります。

1つの場所にとどまって決まった仕事をするのではなく、様々な環境で働かなければならない職業だともいえるでしょう。

歌手の具体的な仕事内容

歌手の仕事で中心となるのは歌を歌う仕事ですが、歌手は仕事で歌だけを歌っているわけではありません。実は、歌う仕事以外にも、その裏側で様々な活動をしています。

歌のレッスンや曲作り

発声トレーニングと曲の準備

歌手が歌の仕事を長く続けるには、歌うために必要な体力づくりや、発声などのトレーニングを欠かすことができません。パフォーマンスのスタイルによっては、発声だけでなく、ダンスのレッスンも必要です。

プロとしての質の高い表現力を維持するために、トレーニングは不可欠なのです。また、日常生活でも,常に歌手としてのパフォーマンスを高めるための経験と考えながら行動します。歌によって聴く人にメッセージを伝えるための表現力を高めるためにも、いろいろな場面で感性を養うことが大切だからです。

シンガーソングライターの方は、自分が作る曲の素材を探し続ける必要もあります。自分1人のアイデアでは、たくさんの曲を作るのには限界があります。そこで、あるシンガーソングライターの方は、友達から経験談をたくさんきいて、その話をヒントにして曲を作るのだそうです。

自分では曲を作らない歌手の方々も、自分の持ち歌として与えられた曲をしっかりと歌うために、歌詞の内容について常に考えたり、その場面を想像したりしてよりよい表現ができるように努めます。

クラシックの声楽家は、楽譜を深く研究し、いにしえの作曲家や作詞者の思いを想像して表現に生かすためのアナリーゼを行います。

ポップスの歌手の場合、その歌手のイメージに合わせた曲が作詞家や作曲家によって作られます。それでも、今まで誰も歌ったことがない新しい曲なので、オリジナルの表現を自らの手で築きあげていかなければなりません。

また、その歌手の活躍に期待をこめて、難易度の高い曲が贈られることもあります。その新しい曲を歌いこなすことができるように、さらにレッスンをする必要もあります。

レコーディングと撮影

持ち歌の用意ができたら、その曲を売り出すためのレコーディングや,プロモーションビデオ(PV)、ミュージックビデオ(MV)などの撮影が行われます。新人の歌手にとっては、初めてのCDやPV、MVが世の中に出ることが正式なデビューとなります。

ベテランの歌手にとっても、それが新曲の発表になります。レコーディングやビデオの撮影も、歌手にとっては自分の歌を知ってもらうための大事な仕事です。

営業活動

歌手が仕事を得るためには、自分の顔と名前を関係するたくさんの人々に知ってもらう必要があります。そのためには営業活動も必要な仕事です。

歌手が大事にしなければならない営業の相手には、タニマチと呼ばれるスポンサーがあります。スポンサーに誘われて飲みに行ったり、パーティーにつき合ったりすることも、歌手にとっては大切な仕事です。

また、CDショップへのあいさつ回りや、テレビやラジオなど、放送メディアへの営業活動、ショッピングセンターやアミューズメント施設などでのミニライブによる営業活動などもあります。その他,サイン会や握手会など、ファンとの交流イベントも、サービスや営業のために必要な大事な仕事です。

メディアへの出演とタレントとしての仕事の広がり

歌手として名前を知ってもらう番組

歌手が出演する放送メディアの番組には、音楽番組だけでなく、バラエティ番組やクイズ番組など、多様なジャンルのものがあります。芸能界に入り、歌手としてデビューしたとしても、一般の人々にはタレントの1人として見られているのと、さまざまなジャンルの番組に出ることによって、その存在を知ってもらうという良さがあります。

中には、歌手でありながら歌う機会がない番組もありますが、ファンの方々は、自分の好きなタレントがいろいろな面を見せてくれるのを喜びます。歌うことができない番組でも、ファンへのサービスとして積極的に取り組む必要があります。

タレントとしてさまざまな活動にチャレンジ

また、歌手の仕事にとどまらず、1人のタレントとして関係者の目にとまり、俳優や女優としてドラマや映画に出演する仕事を経験する歌手の方もいます。独特の声質が買われて声優の仕事をする機会を得る方もいます。

その他にも、テレビ番組の司会者やラジオ番組のDJなど、トークの世界で活躍している歌手の方々もたくさんいます。雑誌に自分の記事が載るときには取材や写真の撮影もあります。写真集を出版するための撮影もすることもあります。

著名な歌手の方で、本を執筆して出版された方もいらっしゃるなど、歌手として芸能界の仕事を始めても、さまざまな分野で活躍できる可能性を秘めた仕事であることを物語っています。

歌手の仕事のやりがい

自分の好きなことに打ち込める仕事

歌手になろうと思うのは、歌うことや音楽が大好きな方々です。また、芸能界への憧れを抱き、その夢を実現した方々です。だから、歌手にとってのいちばんの仕事のやりがいは、自分の好きなことにしごととして打ち込めることでしょう。

歌手としてデビューした全ての人が、歌だけで生活できるわけではありません。歌の仕事が入らないため、生活のためにアルバイトをする歌手の方もいます。それでも、できるところまでがんばってみようと思うのは、本当に歌が、音楽が、そして歌手というその仕事が好きだからなのです。

仕事の評価がわかりやすい

CDを発売したり、MVを動画で配信したりすれば、その売り上げ枚数や再生回数がわかるので、自分の仕事に対する顧客(ファン)の評価がすぐにわかります。がんばりに対する結果を知る方法がわかりやすいので、仕事のモチベーションを上げたり維持したりするためにも有効です。

自分の持ち歌をたくさんの人に聴いてもらっていることがリアルな数字として確認することができれば、そこに手応えを感じたり、今後の目標を設定したりするのに役立ちます。

結果が思わしくなくても、所属する芸能プロダクションのスタッフの協力を得ながら、成長のための手がかりを探り、歌手としての自分の魅力の引き出し方を追求していくことが可能な仕事です。

ファンとの触れ合いができる

歌手にとって、最も大切なお客様といえば、自分の歌を好きになっていつも聴いてくれるファンの方々でしょう。

実際の歌手の方へのインタビュー記事では「歌手の仕事のやりがいはなんですか」と尋ねると、たくさんの方々との出会いだと答えていて、その出会いを通してファンになってくれた方がいることも語られています。

歌手がファンと直接触れ合える機会は、ライヴでのコンサートや、サイン会や握手会などのイベントがあります。そこでは直接顔を合わせたり歌を聴いてもらったりできます。歌手のもとにはファンからの手紙、ファンレターも届きますし、最近ではSNSを通してコメントやメッセージを受け取るなど、ファンの声をさまざまな形で直接聞くことができるようになってきました。

そのようなファンとの出会いが経験できることも、歌手にとって仕事のやりがいの1つなのです。

歌手の仕事内容まとめ

見えない努力こそが歌手を育てる

一見華やかに見える歌手の仕事ですが、ステージなど人前で歌う以前に、やらなければならない地道な活動がたくさんあります。

歌やダンスのレッスンや自分の顔と名前を知ってもらうための営業活動、ファンとの交流など、人気と実力のある歌手として長く仕事を続けるためには、惜しみない努力が必要な職業だといえるでしょう。

歌手の参考情報

平均年収100万円〜数億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

歌手の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB