スタントマンの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

スタントマンの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

映画やドラマなどのアクションシーンを担当するスタントマンは、他の職種と違って特殊な職種となっています。そんなスタントマンですが、何か必須となる資格や試験はあるのでしょうか?今回は、スタントマンに必要な資格・試験についてご紹介していきます。将来的にスタントマンになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スタントマンの資格とは?

スタントマンとしての特別な資格な存在しない

危険なアクションを行うスタントマンですが、誰もが見てわかるように特殊な職種となっています。このような職種には何かした必須資格の取得が求められる場合がありますが、スタントマンの場合はどのようになっているのでしょうか?

まず、スタントマンになるために必須となる資格や試験は存在しないといわれています。また、学歴も関係ない職種なので、そういった面では誰もが目指しやすい職種といえるでしょう。

しかし、スタントマンには高い身体能力が求められるため、運動能力や反射神経が優れている方でなければなれない職種となっています。必ず必要となる資格・試験はありませんが、強いていうのであれば高い身体能力が必須となるでしょう。

車やバイクの資格は必然的に必要になる

スタントマンが担当するアクションの中には、車やバイクを使ったものがあります。乗り物を使った事故の演出や、猛スピードで繰り広げるカーチェイスなど、アクション系の映画やドラマを見たことがある方は、このようなシーンを見たことがあるでしょう。

そのため、このようなアクション担当するためには、車やバイクの運転免許は必然的に必要となる資格となっています。もちろん、スタントマンをされるすべての方が必ず車やバイクを使ったアクションを担当するわけではありませんが、経験と実績を積むにあたってさまざまなアクションを担当することが大切です。

その際に車やバイクの免許証を取得していなければ、担当するアクションの幅が狭くなってしまうため、取得しておいた方が良いといわれています。さらに、普通免許だけでなく中型や大型など、さまざまな自動車やバイクを運転できる資格を取得しておくと、よりスタントマンとしての活動に役立つことでしょう。

年齢的には30代後半までが限界となっている

スタントマンとしての年齢的な資格ですが、安全に演じることができるのは30代後半だといわれています。年齢による体の老化は防ぐことができないため、40代になると運動能力や反射神経も当然ですが衰えてしまいます。

そのため、現役のスタントマンとして安全に活動できる年齢資格として、基本的には30代後半が限界だといわれています。ですが、現役で活動できなくなっても指導する立場で働くこともできるため、現役引退後は新しいスタントマンの育成にやりがいを感じることができるかもしれません。

資格として成人していることが必須条件

スタントマンに必要な資格として、成人していることが必須条件となっているようです。スタントマンの仕事は常に危険が伴う職種ですし、場合によっては練習中や撮影中に大怪我をしてしまう場合があります。

成人しているスタントマンであればどんなトラブルでも自己責任で解決することができますが、未成年の場合は必ず保護者を交える必要があります。さらに、労働基準法によって未成年者であれば深夜の撮影ができないといった問題が発生するため、スタントマンとして十分な活動ができないからです。

また、スタントマンを雇う側もスムーズな撮影ができないことから、未成年者のスタントマンを雇うところは非常に少ないといわれています。ですので、スタントマンとして活動する最低限の資格として、成人していることが必須の資格となっています。

スタントマンに役立つ資格の難易度

運転免許の資格は簡単に取得できる

上記でもご紹介したように、スタントマンには運転免許の資格取得が必然的に必要になります。そんな運転免許の資格取得ですが、自動車学校に通って運転技術や交通関連の知識を学ぶことで、簡単に取得することができるでしょう。

また、中型や大型など免許取得に関しても、自動車学校で必要な知識と技術を学ぶことができるので、しっかりと勉強していれば免許取得は難しくないでしょう。ですので、スタントマンを目指す方で運転免許を取得していない方は、まず自動車学校に通って必要な免許を取得してみてはいかがでしょうか?

武術関連の習得は人によって難易度が異なる

一言でアクションといっても、さまざまな種類があります。通行人として車に跳ねられるアクションもあれば、高いところから飛び降りるといったアクション、見る人を圧倒するカーチェイスなど、スタントマンによってはさまざまなものを担当しています。

そんなスタントマンが担当するアクションですが、悪者を倒すといった格闘シーンを担当することもあります。そういったアクションを担当するのであれば、まるで本当に戦っているかのような演技力を高めるためにも、武術関連を習得しておく必要があるといえるでしょう。

実際にスタントマンをされている方の中には、格闘技経験者や有段者、ライセンスを持っている方も少なくありません。このような資格は現役での活躍にはもちろんのこと、引退後の新人育成にも役に立つことでしょう。さらに、担当するアクションの幅を広げることにも繋がるので、取得しておいた方が良い資格の1つだといえるでしょう。

ちなみに、武術関連の資格取得の難易度や合格率ですが、それぞれの武術によって異なります。ですが、日頃からきちんと練習を行っていれば、段やライセンスを取得することができるでしょう。

その他のスタントマンに関連する資格

カーチェイスのアクションには運転テクニックが必要

資格ではありませんが、車やバイクなどの乗り物を使ったアクション担当を希望する方であれば、運転テクニックを身に着けておく必要があります。このような運転テクニックは、専門的な学校でカースタント技術を学ぶことが可能です。

カーチェイスのアクションを担当されたい方は、専門的な学校に通ってカースタントの知識や技術を身に着けることをおすすめします。また、卒業資格があれば優れた運転テクニックを持っている証にもなるため、カーチェイスやその他カースタント関連のアクションを担当できる可能性が高くなるでしょう。

資格よりも優れた運動能力が求められる

そもそも、スタントマンには必須となる資格が存在せず、資格よりも優れた運動能力が求められる職種です。そのため、肉体的能力や危険という恐怖に打ち勝つ精神面を鍛えることが大切です。

上記でご紹介した資格ももちろん必要になるものですが、まずはアクションを演じるために必要な肉体と精神を得る必要があることを覚えておきましょう。

スタントマンに役立つ資格が取れる学校

タレント科やアクションコースのある専門学校

スタントマンを目指しているのであれば、タレント科やアクションコースといった学科のある専門学校へ通うことをおすすめします。必要な基礎知識から技術までをしっかりと学ぶことができるため、卒業後はスタントマンとして活動することができるでしょう。

スタントマンの養成所で基礎知識や技術を学べる

スタントマンの資格が取れる学校として、専門の養成所があります。養成所では危険を伴うアクションを安全に行うための身体能力を磨くことができますし、プロとしての高い技術を身に着けることができます。

さらに、養成所ではプロの指導者が教育してくれるため、スタントマンとしての演技力も同時に学ぶことができるでしょう。ですので、本格的なアクションを学びたい方は、専門の養成所に通ってみてはいかがでしょうか。

スタントマンの資格・試験まとめ

必須資格は存在しないが運転免許や高い身体能力などが求められる

スタントマンは特殊な職種となりますが、必須となる資格は存在しないといわれています。しかし、さまざまなアクションを担当する上で、車やバイクの運転免許は取得しておく必要があるようです。

また、危険なアクションを行う仕事なので、高い身体能力が必須となります。格闘関連の資格を取得していればよりリアルなアクションを演じることができると共に、身体能力を向上させることが可能です。他にも、専門的な学校に通えばカースタントの技術を学ぶこともできます。

このような能力や技術は専門学校や専用の養成所で身に着けることができるので、スタントマンを目指している方はご紹介した学校に通ってみてはいかがでしょうか。

スタントマンの参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スタントマンの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB