スタントマンの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

スタントマンの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

高いところから飛び降りたり、車にはねられたりなど、危険なアクションを行うスタントマン。そんなスタントマンの収入ですが、他の職種に比べて高収入を得られるといわれています。今回は、そんなスタントマンの給与や年収についてご紹介していきます。就職や転職でスタントマンを目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

スタントマンの初任給

スタントマンの初任給は約18万円

アクション系の映画やドラマで大活躍しているスタントマンの初任給は、約18万円といわれています。スタントマンの給与は実力が関係しているため、経験と実績の浅いうちは一般企業の初任給と同じくらいの収入となっています。

また、スタントマンの仕事ですが、基本的には一時的な依頼を受けるようになっているため、他の職種のように毎日コンスタントにこなす仕事ではありません。そのため、正社員ではなくアルバイトという雇用形態で収入を得ることも可能となっています。

この場合の平均給与は約2~3万円/時給となっていて、アルバイトでも一流のスタントマンであれば約10万円/時給となるようです。初任給で高収入を得ることはできませんが、アルバイトでも日で2万円は最低でも得ることができるので、スタントマンに興味のある方は一度アルバイトで経験されてみてはいかがでしょうか?

身体能力が高ければ初任給も上がる可能性あり

スタントマンの仕事は身体能力が関係しているため、運動能力や反射神経の高い方は初任給から高い収入を得られる可能性があるようです。というのも、スタントマンの給与は担当するアクションによって異なるため、誰もが同じアクションを担当できるというわけではありません。

しかし、身体能力が高い方であれば高額なアクションを任せることができるので、上記でご紹介した初任給よりも高くなる可能性があるでしょう。ちなみに、スタントマンには特別な資格はありませんが、専門的な知識と技術を学べる養成所や学校があります。

養成所や学校を卒業している方であれば基礎体力や実践経験を積んでいるため、初任給から高収入を得られることも考えられるでしょう。スタントマンとして初任給から高収入を得るのであれば、養成所や専門的な学校で訓練することから始めてみてはいかがでしょうか?

演技力や武術を身に着けていれば収入が上がる

スタントマンの仕事は、アクションを演技ではなく実際に起きているかのように見せる演技力が求められます。さらに、格闘シーンでアクションを担当する場合は、本物の格闘家のような技術も必要になるといわれています。

そのため、演技力や武術を身に着けていれば担当できるアクションの幅が広がるため、初任給が上がる可能性があります。スタントマンは特別な資格や学歴が求められない分、優れた運動能力が必要な仕事です。

また、出演する作品のジャンルによって少林寺拳法や中国武術など、求められる武術も異なります。そのため、格闘シーンや事故などを演じる演技力や武術を身に着けている方であれば、初任給から高収入を得ることができるかもしれません。

スタントマンの平均給与

スタントマンの平均給与は約30万円

危険なアクションを演じるスタントマンの平均給与は、約30万円といわれていています。一般企業に勤める方の平均給与や約20~25万円といわれているので、スタントマンの平均給与は高いといえるでしょう。

ですが、スタントマンは一時的な依頼を受けてアクションを担当するのが仕事なので、場合によっては30万円以下の収入になる場合もあります。しかし、受ける依頼が多ければより高額な収入を得られるともいえるため、正確な給与額は人によって異なるでしょう。

また、実力によって担当するアクションはスタントマンによって異なります。スタントマンとして高収入を得るのであれば、演技力や武術などを身に着けて実力を高めることが大切だといえるでしょう。

担当するアクションによって報酬が異なる

スタントマンが担当するアクションには、「階段から落ちる」「高いところから飛び降りる」「車に跳ねられる」など、さまざまな種類があります。これらの種類によって報酬が異なるので、担当するアクションによって給与が変わることを知っておきましょう。

ちなみに、自転車での通行や歩行者として車に跳ねられるアクションの場合、報酬は約1~7万円となっているようです。階段から落ちる場合は約3~5万円、高いところから飛び降りるのは約3~10万円など、報酬は危険に伴った金額となっている傾向があります。

つまり、スタントマンとして高い給与を得るということは、危険度の高い仕事を担当するということになるということになります。このようなアクションを担当するにはスタントマンとしての実力が必須であり、日頃からトレーニングを行う必要があるといえるでしょう。

アクロバティックなアクションほど給与が高い

担当するアクションの中には、跳ねられる・飛び降りるといったもの以外にも、車やバイクなどの乗り物を使ったものがあります。車やバイクに乗ったまま横転する、または猛スピードで走行するカーチェイスなど、このようなアクロバティックなアクションになるほど給与が高いといわれています。

通常のアクションでも危険には変わりありませんが、車やバイクなどを使ったアクションはより危険度が高くなりますし、高度な運転技術も求められます。そのため、通常のアクションに比べてアクロバティックになるほど報酬が高くなるため、高い給与を得ることができるのでしょう。

最も高額なアクションは「全身火だるま」

常に危険と隣り合わせとなるアクションを演じるスタントマンですが、さまざまなアクションの中で最も高額なアクションといわれているのが「全身火だるま」です。一つ間違えば怪我では済まないほど大変危険なアクションなので、1シーンの撮影の報酬はなんと約100万円となっているそうです。

全身を炎で覆われながら演技も行うため、かなりの精神力や体力などが求められるため、他のアクションに比べて高額な給与を得ることができるようです。しかし、このようなアクションは高い実力を持ったスタントマンでなければ担当できないため、誰にでもできるアクションではないといえるでしょう。

スタントマンの平均年収

スタントマンの平均年収は約400~700万円

スタントマンの収入は担当するアクションによって異なるため、平均年収は約400~700万円といわれています。それぞれのアクションによって報酬額に差があるため、平均年収はこのようになっています。

最低の400万円であれば日本の平均年収とほぼ同じですし、受ける依頼数や担当するアクションによっては年収が高額になるといえるでしょう。始めたばかりの頃の年収は少なくても、続けていれば経験と実績を積むことで実力が身につくので、いずれは高い年収を得ることができるでしょう。

アクション技術が高くなれば高収入の可能性あり

アクション技術が高くなれば、映画監督や担当プロデューサーからの指名で依頼される場合があります。このような場合は高度な技術や演技力が求められるため、1シーンの報酬も高い傾向があります。

つまり、アクション技術が高ければ報酬の高い仕事を依頼されることが増えるため、高収入を得られる可能性が高くなることでしょう。指名で依頼されるということは一流のスタントマンと認められた証拠ですし、仕事にもやりがいを感じることができるでしょう。

スタントマンの給与・年収まとめ

スタントマンの年収レベルは高め。実力を身につければ高収入を得られる。

スタントマンの年収レベルは高めとなっていて、実力が身につけば高収入を得ることができる仕事となっています。一流のスタントマンになれば指名で依頼を受けることができるので、報酬の高いアクションを演じることができるでしょう。

また、指名されるということは「自分にしかできないアクションだ」と感じることができるため、無事に撮影を終えたときにはやりがいを感じることができるようです。誰にでもできる仕事ではありませんが、身体能力や演技力に自信のある方にはおすすめの職種といえるでしょう。

スタントマンの参考情報

平均年収400万円~700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

スタントマンの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB