アフィリエイターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

アフィリエイターになるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

アフィリエイターは、Webサイトやブログを運営し、そこに広告主の商品やサービスや商品を紹介する広告を掲載して子広告収入を得ます。運営するWebサイトで広告収入を得るアフィリエイターになるには、何が必要となるなのでしょうか。本記事では、アフィリエイターになるために求められること、身につけるべきスキル、向いている人の特徴などについてご紹介します。

アフィリエイターになるには何が必要?

「アフィリエイト」とは「成果報酬型インターネット広告」のことです。

主に自分が運営するWebサイトやブログに、広告主となる企業の商品・サービスを紹介する広告を掲載します。サイト訪問者がそのサイトを通じて商品を購入したリサービスを申し込んだ場合、成功報酬を受け取ることができます。

こうした手法で収入を得ている人のことをアフィリエイターと呼びます。この記事では、アフィリエイターに求められる能力や向いている人の特徴などについて紹介します。

コツコツ作業ができる

アフィリエイターにとって自分の運営するWebサイトやブログに訪問者を集めることが大切なポイントになります。

そこで行われるのがSEO(Serch Engine Optimizationの略:サイト最適化の意味)対策です。Googleなどの検索エンジンを対象に、自分のWebサイトやブログが検索結果の上位に表示されるよう最適化することです。SEO対策にはいくつかの方法がありますが、そのひとつがコンテンツSEOです。

コンテンツSEOとは、ユーザーに有益となるコンテンツを継続して発信することで検索結果ページから訪問者の流入を増やし、検索エンジンに自身の運営するWebサイトやブログの露出を増やそうとするSEO対策です。

検索者から閲覧したいと思われるようなユーザーニーズを満たした質の高いコンテンツを継続的に発信することがカギになります。そのためには、コンテンツ作成のための作業を毎日コツコツ行える能力が必要です。

文章力

アフィリエイターがサイト訪問者を増やすためにSEO対策を行いますが、そのためには質の高いコンテンツを継続的に提供することが必要です。サイト訪問者には、よくまとめられてやみやすい文章が好まれます。ですから、文法間違いや変換ミスが多い文章は敬遠され、サイトからの離脱を招きます。

サイト訪問者が読みやすい、面白い、役に立つと感じるコンテンツを作成すれば、サイト訪問者はサイトにとどまり、商品購入やサービス申し込みなどの行動に移りやすくなります。

コンテンツを整理する

質の高いコンテンツをたくさん作成することがSEO対策になり、サイト訪問者の増加につながります。たくさんのコンテンツができたなら、それを整理する能力も大切です。サイト訪問者は、サイト内でコンテンツがきれいに分類されていると探しているコンテンツに素早くたどり着くことができます。

情報収集力

サイト訪問者のニーズを知り、それに対する解決策を提示するようなコンテンツを作成することができます。そうすることでアフィリエイターはサイト訪問者を増やせます。そのためにはどんな背景の人が、どんな悩みを持っているのか、どんな風にそれを解決できるのか情報収集する必要があります。

例えば、「歯の黄ばみに悩んでいる」という悩みを持つ人がある程度の人数いるので、解決策のひとつとして「歯の黄ばみを解決する方法」に関するコンテンツを制作し、その中で「ホワイトニング効果のある歯磨き」の広告を紹介するといった具合です。

世の中の人がどんな悩みや問題を持ち、それをどのように解決できるのか、その解決にはどんな商品やサービスが役立つのか、その情報を収集し分析する能力がアフィリエイターには必要です。

流行に敏感

アフィリエイトの手法のひとつにトレンドアフィリエイトがあります。これは、世間で話題になっている政治や芸能界のニュース、イベント、流行しているグッズなどに関するキーワードを含めたコンテンツを作成し、サイト訪問者を集めるという手法です。

巷の流行や最新の出来事に対するアンテナを常にはっておき、それをキャッチしてコンテンツを通じて発信する必要があります。トレンドアフィリエイトを行うアフィリエイターには流行に敏感という能力が求められます。

アフィリエイターに向いている人、適性がある人

次にどんな性格の人がアフィリエイターに向いているのか、適性があるのかを分かりやすく紹介します。

パソコン操作が好き

パソコンを使ってWebサイトやブログを運営し、収入につながる広告を掲載するのがアフィリエイターですから、そもそもパソコン作業が嫌いという方は適性があまりないかもしれません。パソコンで作業をするのが得意、好きという方はアフィリエイターの仕事に向いていると言えます。

コツコツ作業が好き

アフィリエイターは、サイト訪問者を増やすSEO対策のためにコンテンツつまりサイトやブログ内の記事を増やす、更新する必要があります。こうした作業を怠れば、サイト訪問者は減少し、それに合わせて収入も減少します。

定期的にコンテンツを増やしたり、更新したりするための作業をコツコツ行える努力家タイプの人はアフィリエイターの適性があります。

文章を書くのが好き

アフィリエイターはサイト訪問者が読みやすいと感じる文章を書く必要があります。起承転結のはっきりしている文章、簡潔平明な分かりやすい文章、文法が正しい文章を書かなければなりません。

ですから、日頃から文章を書くのが好きな人はアフィリエイターの仕事に向いていると言えます。

情報収集が好き

サイト訪問者獲得につながるコンテンツを作成するためには、一般の人たちがどんな問題や悩みを持ち、どのようにすればそれを解決できるのか、どんなサービスや商品が解決の助けになるのかなどをリサーチする必要があります。

普段から情報を収集し、集めた情報を人と共有するのが好きという人、人の世話をするのが好きという世話焼きタイプの方はこの仕事に向いていると言えます。

流行に敏感

トレンドアフィリエイトは、巷で話題のニュース、イベント、ファッション、グッズ、ドラマ、アニメなどを話題にし、それに関係するキーワードを盛り込んで記事にすることで、それに関心のある人をたくさんサイトに呼び込み、広告収入を獲得するというのがその手法でした。

最新のトレンドに敏感で、流行をすぐに取り入れたい、最新の流行情報を発信したいというタイプの方はアフィリエイターの仕事に適性があります。

アフィリエイターになるための学校・教室

アフィリエイターとして働くために特別な学校に通う必要は必ずしも必要ではありません。しかしアフィリエイトスクールや講座などで必要な知識やスキルを学ぶことができます。

最後に、アフィリエイターとして必要な知識やスキルが身につく学校を紹介します。

atus(ええタス)

アフィリエイトスクールのatusではアフィリエイターとして活躍するために必要な知識やスキルを学ぶことができます。

atusでは、アフィリエイトの知識が全くない初心者がアフィリエイトを始めることを前提としたマニュアルを提供しています。ネットとパソコンさえあれば誰でもアフィリエイターとしての活動を開始できます。

さらに、初心者でも成果の出やすい戦略を学ぶことができます。アフィリエイターになったものの、成果が出ずに途中で止めてしまうことを防げます。

また実際に稼げるようになったアフィリエイターがコーチとしてサポートしてくれるというサービスや、セミナー、懇親会などを通じ、同じアフィリエイターとして仕事している人の状況を知り、サポートを受けることができます。

アフィリエイターになるには?まとめ

アフィリエイターには文章力と情報収集力、コツコツ作業が必要!?

アフィリエイターとして広告からの収入を得るためには、情報豊かで読みやすい文章を書かなければなりません。サイトやブログを定期的に更新する必要もあります。

こうした仕事を行うためには、文章力・情報収集力・コツコツ作業が好きなどの特性が求められます。ネットとパソコンさえあればどこでもいつでも仕事が行え、質の高いコンテンツをいくつも持っていれば、それが収入に直結します。

アフィリエイターとして働きたい、生計を立てられるようにしたいという夢があれば、求められる能力を今から身につける努力をしてみるのはいかがでしょうか。

アフィリエイターへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

アフィリエイターの参考情報

平均年収1万円~6000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アフィリエイターの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB