DTPデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

DTPデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

DTPデザイナーとは、コンピューターを使ってデザインを作成して書籍・文書・広告などの印刷物を作り上げる仕事です。印刷会社やデザイン企業で働くことが多く、自分の創造力やセンスを駆使しながら素材を形作っていきます。本記事では、DTPデザイナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

DTPデザイナーとはどんな仕事?

パソコンを使ってデザインの制作などを行う

DTPとはDesk Top Publishingを略したものであり、DTPデザイナーはパソコンを使って印刷用のデータ作成やデザインを制作します。

これまでは机の上で図面を書き、作業していたものをコンピューター上で作成して実際の印刷物として出力します。IT化が進んでいる現代において、DTPデザイナーの需要は大きくなっているといわれており、専門学校に通ったり独学で技術を習得する人が多いようです。

DTPデザイナーとして仕事をするためには、デザイン特有のルールを習得する必要があります。例えば、文字詰め処理やフォントに関する規則があり、それらのルールに則ってデザインしていきます。スキルと経験が必要なる仕事であり、キャリアアップも期待できます。

DTPオペレーターとの違いとは?

DTPオペレーターとはデザイナーが制作したデザインに基本にして、印刷データの制作を行います。最終チェックを行い、必要な修正や加工を施し、最終的に印刷物としてふさわしい形態に仕上げていきます。

DTPデザイナーとDTPオペレーターの違いを端的にいうなら、デザイン作業を行うかどうかの違いと言えるでしょう。ただし、両者の仕事内容は密接に関係しあっており、明確な区切りがないため両方の仕事をこなす人も多いようです。

また、DTPオペレーターにもデザイナーとしての基本的な知識が必要になるため、チラシや広告などのスキルが必要になります。就職する場所によっては人材が不足しており、DTPデザイナーが一貫して作業を担当することもあるようです。求人に申し込む際には事前に確認しておいた方がいいでしょう。

DTPデザイナーが働ける場所

DTPデザイナーが働ける場所はたくさんあり、需要や将来の目標に合わせて選ぶことができるでしょう。どのような場所で働くことができるのかご紹介します。

デザイン事務所

デザイン事務所はお客さんの要望に合わせた印刷物を作り上げる会社で、DTPデザイナーは多種多様なデザインを担当することになります。

在籍している事務所や請け負っているクライアントの注文によって業務内容に差が出てくるので、デザイン事務所で働きたい場合は企業のホームページなどを確認しておいた方がいいでしょう。

広告代理店

広告代理店にはデザインを専門に扱っている部門があり、そこで働くこともできます。広告代理店が担当しているチラシや広告に関係するデザインを受け持ち、魅力ある広告を作ることが求められるでしょう。

マスメディアや大手のプロジェクトに加われる可能性もあり、自分の才能とスキルを伸ばしたい方には魅力的な職場です。個人のデザイン事務所に比べて予算や仕事内容も大きいのでやりがいのある仕事となるでしょう。

企業に属するデザイン部

企業に属するデザイン部または広告宣伝部で働くDTPデザイナーはインハウスのデザイナーとして採用されることが多く、アートディレクターやクオリティコントロールなどの役割を担います。

大きな企業のデザイン部になると制作物も大きくなるので、自分の創造力や才能を十分に発揮できるでしょう。

編集プロダクション

編集プロダクションでは出版社や広告代理店の下請け会社としての業務を行っている場合が多く、雑誌や書籍、写真関係の編集や制作・印刷を行っています。編集プロダクションで働くDTPデザイナーは印刷物や雑誌、紙媒体をメインにしたデザインを担当することになるでしょう。

デザインの幅が広く、表現媒体も多種に及ぶためクリエイティブ性が求められ、効率よく魅力あるデザインを作り出すことが求められます。

印刷会社

多くの印刷会社は印刷物の注文だけではなく、デザインの制作や提案なども請け負っています。印刷会社に勤務するDTPデザイナーはデザイン事務所で働くDTPデザイナーと同じく、多種多様なデザイン制作を任されるでしょう。

デザインに関係するスキルだけでなく印刷に関する知識も習得できるので将来的には印刷オペレーターや製版オペレーターとして働くことも可能になります。

DTPデザイナーは資格がなくても働ける

DTPデザイナーになるためには公的な資格が必要というわけではありません。資格がなくてもスキルや経験が認められればDTPデザイナーとして雇ってもらうことができるでしょう。

また、未経験であっても初期段階からデザイン技術を教えてもらいながら働くこともできます。もし、DTPデザイナーとして働きたいのであれば公益社団法人日本印刷技術協会が認定している認定試験を受けていると有利になります。

  • DTPエキスパート
  • DTP検定
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

上記の認定試験を持っている場合はDTPデザイナーとして有利になりますが、無資格・無経験でも可能性はあります。もし、関心があるなら挑戦してみてもいいでしょう。

大切なのはクリエイティブ性と忍耐力

DTPデザイナーとして働くためにはクリエイティブ性が重要です。他の人の心をつかむようなデザインや行動を促すような広告デザインを作り出すことが必要になってきます。

他の人と同じ目線や考え方ではなく、視点や観点をずらしたデザインが求められます。そのためにはたくさんの芸術・美術・工芸などに触れることと同時に枠にとらわれない発想力が必要です。

加えて、忍耐力も必要になります。自分のデザインがすぐに認められないこともあるでしょう。短期的に諦めてしまうのではなく、忍耐して新しいものを作り続けていくうちにスキルが向上して一流のDTPデザイナーとして認められるようになるでしょう。

DTPデザイナーとして成功するためには創造性と忍耐力が重要なポイントになります。

クライアントとのコミュニケーション能力も必要

DTPデザイナーとしてお客から信頼を勝ち得て、仕事を取れるようになるためにはコミュニケーション能力が必要になります。

経験のあるDTPデザイナーや独立しているデザイナーの場合、自分の作りたいものを作る!という方針でもいいのかもしれませんが、最初はクライアントやイラストレーター、プロデューサーなどと意見を交わしながら仕事を進めていく必要があります。

時には自分の意見やアイデアを相手にもわかってもらえるようにプレゼンをする必要もあるでしょう。他のスタッフとの連携や協調性、コミュニケーション能力の良し悪しがDTPデザイナーの仕事内容を大きく左右することもあるのです。

DTPデザイナーの具体的な仕事内容

DTPデザイナーの仕事は様々な印刷物をデザインすること

DTPデザイナーの仕事はパソコンを使って印刷物のデザインを作り上げることです。自分の感性や個性を生かしつつ、クライアントの要望をクリアしていかなければいけません。

クライアントの要望を受けてから印刷物が完成するまでの工程は以下の通りです。

  1. 企画の提案
  2. 企画の提案を基盤に図形や文字、写真をレイアウトをする
  3. レイアウトに従って文字の配置と写真の位置決めを行う
  4. 版下を使って写真を取り込み印刷用のフィルムを作成する
  5. 製版で制作されたフィルムを使って刷版を作り上げ、印刷機に取り付けて印刷する
  6. 印刷物をチェックして、本にする

上記の工程にあるデザインやレイアウトを担当するのがDTPデザイナーです。勤務する会社によっては企画の提案から印刷まで担当することもあり、幅広いスキルと経験が必要になります。

クライアントの要望を満たす企画の提案

DTPデザイナーの最初の仕事は企画の提案です。どのようなデザインにするのか、何を目的として広告・ポスターを作るのかを明確にしていきます。

印刷会社やデザイン会社であればクラアントからの注文を受けて作業にかかりますから、お客様が何を望んでいるのかを時間をかけて探ります。

完成した媒体を見てほしいターゲット層やアピールする商品の特徴などを捉えます。この段階で焦点がズレてしまうと魅力的なデザインは生まれません。最初の段階でしっかりとポイントを押さえておく必要があります。

デザインのレイアウトと位置決め

魅力的なデザインが生まれたとしても効果的な魅せ方ができなければDTPデザイナーとしては成功できないでしょう。ちょっとした文字の配置、大きさ、フォントの違いだけで印刷物の効果が大きく変わることもあります。

また、重要な言葉や文言をどの位置に配置するかによっても見た人の印象が大きく変わります。過去の経験だけでなく、斬新なアイデアも必要となり、DTPデザイナーの腕の見せ所と言えるでしょう。

会社によっては印刷まで担当することも

基本的にDTPデザイナーは印刷物のデザインを担当する役割ですが、会社や企業によっては最終段階の印刷まで行うこともあるようです。

印刷用のフィルムを作り、印刷機にセットして刷りだしを行います。デザイン通りに印刷されているか、バグが発生していないかなどを確認してからクライアントに提出します。

基本的なパソコンソフトのスキルも必要

DTPデザイナーはパソコンを使って作業を行うため、基本的なソフトの使い方も熟知しておく必要があります。雑誌のデザインだけでなくイラスト作成や画像加工を行うこともあるでしょう。

自分ならではのセンスや人の心をとらえる作品を作り上げるためにはDTPソフトの使い方をマスターしておく必要があります。DTP業界でよく使われるソフトをご紹介します。

Adobe Indesign

Adobe IndesignはIllustratorやPhotoshopなどのソフトと互換性が優れているため、DTPデザインの際によく使われます。書籍やページ数の多いレイアウトやデザインに優れており、クライアントの要望に応えるためのデザインを実現することができます。

Adobe Illustrator

Adobe Illustratorは図形を描いたりグラフ、イラストをデザインする際に活躍するソフトです。グラフィックデザインの業界でも活用されているソフトで、ポスターやパンフレット、チラシ広告を作る際に使われています。

実際、DTPデザイナーの求人募集を見てもAdobe Illustratorを使えることを条件になっていることがあります。レイアウトから印刷まで行える便利なソフトなので使い方をマスターしておくといいでしょう。

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopは個人使用者の間でも愛用されていますが、グラフィックデザインの専門家も愛用している人が多く、プロの技術力と想像力を最大限に活かしてくれるDTPソフトの一つです。

特に写真加工に優れており二次元CGやイラスト、写真の加工などを行なえます。DTPデザイナーの世界では画像加工のソフトの定番ともいわれており、将来プロフェッショナルとして活動したいのであれば、このソフトの使い方をマスターする必要があるでしょう。

Adobe Acrobat

完成したデザインを確認・修正するために他のパソコンとの互換性を作る必要があります。印刷会社やデザイン会社では完成したデザインをPDF形式で確認・印刷することが多いようですが、Adobe Acrobatは様々なデータで作られたデザインをPDF化することができます。

このソフトの登場によって原本のデータの自由度が上がり、企業内でも互換性を高めるとができるようになりました。

DTPデザイナーの仕事のやりがい

自分の作品が形に残る

DTPデザイナーとしてやりがいの一つは、自分の作品が形に残るということです。自分のイメージやセンス、伝えたいことが世間に広まり、他の人の目に留まるというのは大きなモチベーションになります。

インターネット社会が進むにつれて、Web上の作品やブログ関係のサイトも多くなりました。しかし、DTPデザイナーの作品は実際に印刷され、大勢の目につく形で拡散されていきます。

印刷する過程などを考えるとWeb上でデザインするよりも多くの手間がかかりますが、手間暇かけて完成した印刷物が自分の手に届いたときの喜びと満足感はDTPデザイナーだからこそ味わえるやりがいとなるでしょう。

素材の組み合わせでセンスが試される楽しさ

DTPデザイナーはいろいろな素材を組み合わせて一つの作品を作り上げていきます。イラスト・写真・文字・イメージなどをどのように繋げていくかによって作品の良し悪しが決まります。

クライアントの意向や表示媒体のイメージに合わせて素材を組み合わせる楽しさはDTPデザイナーならではのものでしょう。

腕のある料理人は数種類の食材を使って美味しい料理を作り上げます。同じように、一流のDTPデザイナーは多くの素材を上手に組み合わせることによって魅力ある作品を仕上げていき、何をどのように組み合わせるかによってセンスが試されます。

イメージが思い通りにいかない時やデザインの配置が決まらない時は頭を悩ませるかもしれませんが、見る人の心に響くような作品が仕上がったときは何とも言えないやりがいを感じることになります。

スキルが身につけば活動できる幅が広い

DTPデザイナーとしてスキルと経験を積めば幅広い業界で活躍することができます。会社や企業に属さないフリーランサーとして仕事をもらうことも可能ですし、実力が認められればデザイナーとして個人指名されることもあるでしょう。

また、Web業界のデザインについても勉強することでWebデザイナーとしてキャリアアップできる可能性もあります。大手企業や芸能関係のデザインを担当するようになれば収入も格段に多くなります。

スキルと実力次第で可能性が無限に広がる仕事なので、自分の可能性を最大限に試したい方にとっては大きなやりがいとなるでしょう。

WEB中心の時代だからこそ大きな強みになる

インターネットが普及するようになり、紙媒体の製品は縮小傾向にあります。そのため、DTPデザイナーの仕事は将来的に減少していくのではないか、との見方もあります。

しかし、実際はDTPデザイナーの需要は続いており、印刷会社によっては専属のDTPデザイナーを募集しているところもあります。

また、DTPデザイナーとして十分のスキルと経験を積んだ後にWEBデザイナーとして活動の幅を広げることも可能です。WEB中心のエンジニアが多い今の時代だからこそ、DTPデザイナーとしてのスキルや専門性を身に着けておくと、大きな強みになるでしょう。

DTPデザイナーの仕事内容まとめ

DTPデザイナーの仕事は時代に左右されないスキルと経験を磨けるのも魅力

DTPデザイナーの仕事はコンピューターを使ってデザインを作成し、印刷物や広告などを作り上げることです。専門的なスキルと経験が必要になりますが、プロフェッショナルとして成功すれば幅広い業界で必要とされる職業です。

昨今、WEB業界が成長しているとはいえ、紙媒体の商品が無くなってしまうことはないでしょう。また、自分のアイデアが様々な媒体を介して多くの人の目に留まる喜びはモチベーション維持につながります。

DTPデザイナーは需要もあり、やりがいのある仕事ですから、興味のある方は一度挑戦してみるといいでしょう。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

DTPデザイナーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

DTPデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB