インテリアデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

インテリアデザイナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

インテリアデザイナーは、思っている以上にハードな仕事内容をこなさなければならない職業です。その仕事に対して、どのくらいの給料が支払われるのか、非常に気になるところですよね。本記事では、インテリアデザイナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

インテリアデザイナーの初任給

新人インテリアデザイナーの初任給は約18~25万円

基本的には大学卒で初任給が20~25万円ほど。専門学校卒では、18~23万円ほどが相場となっています。平均すると、18~25万円前後が初任給の相場となります。

華やかでスマートなイメージのあるインテリアデザイナーですが、デザイン事務所やハウスメーカーに所属をしている場合は、サラリーマンとあまり年収などに差はありません。

働く環境にもよりますが、中小のデザイン事務所であれば、ボーナスが出ないなんてこともあります。仕事内容もかなりハードワークであるため、サラリーマンに比べて割安な給料という場合もあります。若手の時期は金銭的に厳しい生活を強いられることもあります。

転職をした場合の給料は?

インテリアデザイナーに転職をしようと考えている人もいると思います。また、同じ業界の中で転職を考えている人もいるでしょう。基本的に経験がある場合には、前職の給与水準を考慮して給料が決まるといいます。

逆に未経験からの転職ですと、新卒と同じ水準で給料が決まることも多いです。そのため、前職から比べて給与水準が大幅に下がってしまうこともあります。またキャリア育成が難しい業界でもあるため、もし未経験でインテリアデザイナーに転職を考えている人なら、20代、それも早いうちに転職をすることをおすすめします。

経験や働く場所でも大きく変化する

しかしながら、給与が働く場所によって大きく変わってくるのは言うまでもありません。大きなデザイナー事務所や設計事務所であれば、上記水準よりも多くのお給料を貰える可能性もあります。

逆に、小さな事務所であれば、給与水準は下がってしまうでしょう。また地方の事務所よりも、東京や大阪などの大都市圏の方が給与水準が高いことが多いです。もしも高い給与水準で働きたいのであれば、しっかりと技術を磨き、大都市かつ大きな会社に入社することがベストかもしれません。

インテリアデザイナーの平均給与

給与というものは、多くの場合年齢やキャリアを重ねれば上がっていくもの。もちろん、インテリアデザイナーもその例が当てはまります。それでは、具体的にはどのようにアップしていくのか、こちらでモデルケースを紹介していきましょう。

20代の平均給与は低め

他の業種と比べると、20代の平均月給は低めになっています。国税庁の調査によりますと、20代男性で19.3万円。20代女性が13.7万円となっています。その後30代になりますと、男性が22.8万円、女性が17.2万円という平均月給になります。

キャリアのうち、給料のピークを迎えるのが50代で、男性で平均が31.8万円。女性で24万円となっています。

国税庁が行った調査を再び参照すると、同年代の異業種の平均と比べると若干低めの水準となっています。インテリアデザイナーの仕事内容は多忙を極めます。管理業者と折り合いがつかない、自身のアイディアが詰まってしまうと、終電間際までデスクで仕事ということも珍しくはありません。

それらを加味すると、給与レベルは低い方ともいえるでしょう。

ボーナスや各種手当についても確認を

ボーナスや各種手当についても、働く会社によく確認をした方がよいでしょう。平均のボーナス額は20代男性で80万円ほど、女性が60万円ほどと、年収の1/4以上を占めることになります。働く上でのやりがいの一部がお金にあるのであれば、しっかりと考えたい部分です。

また、各種手当、特に残業手当については確認を取ったほうが良いです。上でも軽く触れましたが、インテリアデザイナーは基本的に残業が多い職種です。ここで残業手当がしっかりと出ないとなってしまうと、給料の額がかなり違ってきます。就職前にボーナスや残業手当について確認することはとても大事なことです。

インテリアデザイナーの平均年収

サラリーマンと同じくらいの給与

インテリアデザイナーの平均年収は、20代で219万円。30代で300~400万円、そしてピークの50代で462万円となっています。インテリアデザイナーの給与水準は、一般的なサラリーマンと同じくらいとも言われています。

単純に月給に12を掛けた数ではないのも特徴です。また、都市部や会社の規模によっても、年収は異なってきます。また、自分自身の生活を向上させるのにも、重要なことですので、しっかりとチェックをしましょう。

また、20代前半から30代にかけては、一般的のサラリーマンよりも低い傾向にあります。月給の項や冒頭でも述べた通りに、若手デザイナーのうちは金銭的に苦労する部分が多いでしょう。

そして若手の場合もそうですが、年齢を重ねて給与水準がアップした場合でも、ハードワークが重なることで労働条件よりも低い給料と感じる場面も多いかもしれません。

男女で大きく開きがある

また、男女で年収に大きく差が開いているのもこの業種の特徴です。20代女性の平均年収は、189万円~219万円ですが、同じ年代でも男性の場合では309万円と大きく差があります。

これは、男性は大学からデザイン会社に入社することが多く、女性の場合は、専門学校を卒業してそのまま入社をすることが多いことが要因に挙げられます。50代のピークの年収の場合でも、男性の場合で最高504万円、女性の場合は383万円と、大きく差があるのが特徴でもあります。

働く環境によっても違いはある

年収も都市や会社の規模によって異なってきます。国税庁の調査によると、平均年収の一番高い都道府県は、東京都となっており、数字は539万円と、他の都府県を圧倒しています。

また、大企業と小企業においても、その水準は大きく異なっています。厚生労働省のデータに基づくと、大企業であれば約446万円、中小企業であれば335万円と大きな差があります。

給与水準で働きやすさの尺度を図れるわけではありません。しかし給料を重視するのであれば、大都市の大企業がおすすめです。

年収を大きく伸ばしたいのであればフリーランスの道も

インテリアデザイナーというと、華やかな仕事のイメージがどうしても先行してしまいます。しかしながら、体力仕事も多く、納期の関係で、休日出勤を強いられる場面も数多くあります。年収の割には、仕事が激務すぎる、そんなことを思ってしまうこともあると思います。

そんな会社で経験を付けた方で、近年独立開業をしてフリーランスになる人も、多くいます。フリーランスのインテリアデザイナーの中には、年収1000万円から2000万円を稼いでいる方たちもいます。もし、技術に自信のある方や、チャレンジング精神のある方は、将来的なフリーランス挑戦も視野に入れてみるのも面白いかもしれません。

もちろん、フリーランスのインテリアデザイナーすべてが1000万円を稼げるわけではありません。ホテルや病院などの大きな案件であれば、1件100万円相当の報酬を貰えますが、コンベンションなどで勝ち抜くための実力が必要となります。

確実に受注するためにも、日ごろから技術の向上を目指しながら、大きな案件を頼んでもらえる努力することが大切です。

インテリアデザイナーの給与・年収まとめ

インテリアデザイナーはハードな仕事だが、実力次第で給与や年収も上がる可能性有り

インテリアデザイナーの平均給与や年収は、業務量や内容と比べると、低めの傾向があります。生活を安定させていくには、ボーナスや残業代などの各種手当も重要となってきます。

また、職人気質の職業ということで、自分の可能性を無限大に広げることができる職業とも言えるでしょう。生きるも死ぬも個人次第という厳しい業界ですが、力を試せる分やりがいもとても大きいです。

インテリアデザイナーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

インテリアデザイナーの関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB