原型師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

原型師の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

玩具やフィギュアなどの原型を制作している「原型師」。専門的な知識と技術が必要な仕事なので年収は高めに設定されていると思われがちですが、一体どれくらいの収入を得られるのでしょうか?本記事では、原型師の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

原型師の初任給

原型師の初任給は約18~20万円

原型師の初任給は、約18~20万円がボリュームゾーンとなっています。原型師の仕事は専門的な知識と技術が求められますが、同時に経験も重視されます。そのため、職務経験の浅い新入社員の間の収入は、20万円に満たないケースが多くなるでしょう。

ちなみに、一般的な平均初任給は約20万円といわれているので、原型師の初任給は平均的といえます。極端に収入が少ない・高いといったことがないため不満を感じることはありませんが、今後の収入を考えると経験を積んで技術面を磨く努力が必要になるでしょう。

入社する会社によって初任給が異なる

どんな職業にも共通していえることですが、入社する会社によって初任給が異なる場合があります。大手企業であれば前述の初任給よりも高い可能性がありますし、規模の小さい会社であれば低い収入となるかもしれません。

そのため、原型師として正社員を目指すのであれば、入社する会社の下調べをしっかりと行ってから応募することをおすすめします。また、フィギュア関連のイベントに自分の作品を出展した場合、メーカーからのスカウトを受けることもあります。

この場合も即決で入社を決めるのではなく、どのような会社なのかをきちんと調べて、納得できる会社であればスカウトを受けると良いでしょう。

経験と実績を積むことが給与アップに繋がる

原型師には経験が重視されているので、会社によっては経験に応じて給与額が左右されることがあります。また、経験だけでなく実績を持つ方も会社としては必要な人材となるため、給与額が高くなる傾向があるようです。

新卒での就職や他の職種から転職した場合は、経験・実績ともに少ないという方が多いでしょう。そのため、給与アップまでの道のりは長く感じてしまいますが、根気強く仕事を続けることが満足できる収入を得るまでの近道となるでしょう。

ちなみに、原型師としての経験と実績作りを行うなら、イベントに参加して自分の作品を出展してみてはいかがでしょうか。作成する作品は自由なので、自分の持ちうる知識と技術を使って作ることができますし、評価されればメーカーからスカウトを受けることも期待できます。

原型師の平均給与

原型師の平均給与は約20~30万円

原型師の平均給与は、約20~30万円がボリュームゾーンとなっています。正社員や契約社員などの雇用形態や会社によって異なりますが、安定した給与を得ることができるといえるでしょう。

ちなみに、多くのフィギュア制作会社では始めから正社員として採用するのではなく、まずは契約社員からというケースが多い傾向があります。

正社員を募集している会社は即戦力となる人材を求めているので、新卒で正社員になるのは難しいかもしれません。しかし、経験と実績を積んでいけば正社員へと昇格できるため、契約社員に比べて高収入を得ることができるでしょう。

年齢や働き方によって給与額が異なる

原型師は、年齢や働き方によって給与額が異なる場合もあります。年齢による給与額の違いは原型師としての経験と実績が異なるため、20代の社員よりも30代・40代の社員の方が高い収入を得ることができます。

働き方による違いは、会社の社員として働くのか、独立してフリーランスとして活動するのかによって異なるようです。社員として働く場合は前述した給与額が平均となっていますが、フリーランスの場合は完全出来高制なので人によって異なります。

フリーランスで成功するには原型師としての経験と実績が重要になるので、独立を考えるのであればまずはフィギュア会社に就職して経験と実績を重ねることが重要なポイントになるでしょう。

フリーランスの場合は依頼数によって収入が左右される

フリーランスの場合は1件の依頼で得られる報酬が約20万円となっていて、月にどれくらいの依頼を受けるのかによって収入が左右されます。そのため、依頼数によっては高収入を得ることができますが、原型師として知名度が低い間は安定した収入を得ることが難しいものです。

そのため、会社に勤務している社員と比べて収入が少なくなる可能性が高いため、満足できる収入を得るためにもまずは会社勤務で経験と実績を重ねつつ、ある程度の貯蓄を準備した状態で独立することを押すすめします。

原型師の平均年収

原型師の平均年収は約300~400万円

原型師の平均年収は、約300~400万円がボリュームゾーンとなっています。原型師の仕事はフィギュアの原型制作だけでなく、その他にもさまざまな原型制作の職種があります。仕事内容は会社によって異なるため、当然ですが就業先によっても年収が異なります。

しかし、商品は海外の生産工場で量産することができても、大本となる原型作りは職人的な知識と技術を持った原型師にしかできない仕事です。そのため、原型師の需要は高くなっていることから、一部の企業では経験に応じて月収換算で50万円前後を提示することもあるようです。

実績が認められれば収入アップを狙える

会社に勤める社員やフリーランスでの活動を問わず、原型師として満足できる収入を得るためには実績が必要になります。そのため、上司やメーカーから実績が認められれば、基本給アップを期待できますし依頼される仕事の数も次第に増えていきます。

実績を作るにはたくさんの経験を重ねる必要があるため、収入アップを狙うのは簡単なことではありません。しかし、実際に原型師として高収入を得ている方も存在するので、地道に経験を重ねる努力を行いつつ実績を上げることが大切だといえるでしょう。

有名になればフリーランスでも高収入を期待できる

有名な原型師としてフリーランスで活動している方の中には、なんと年収1,000万円を取得している方が存在しています。このような原型師は自身の教室を持っていたり、新人原型師の指導・育成を担当しており、月収80万円以上の収入を得ているそうです。

有名になればさまざまなメーカーから仕事の依頼を受けることができるので、毎月3~4件の依頼を受けることができれば年収1,000万円を実現することができるでしょう。

ちなみに、会社勤務ではこのような高収入を得るのは不可能だといわれているため、原型師として高収入を目指すのであればフリーランスの道しかないようです。

これほどまでの地位に上り詰めるのは簡単なことではありませんが、成功すれば念願の年収1,000万円を達成することができるかもしれませんね。

原型師の給与・年収まとめ

原型師の年収レベルは高め。関連する他の職種に比べて収入が安定している

一般的に玩具やフィギュアの原型制作を行う原型師ですが、年収レベルはそこまで高くなく、技術と経験がある場合のみ高い水準を得られることがわかりました。

原型制作は商品と違って量産することができないため、原型師のポストはとても重要とされていて、マネジメントスキルを持ち合わせていると基本的に年収は高めに設定されているようです。

しかし、会社勤務で得られる収入には限りがあるため、年収1,000万円を目指すのであれば独立するかフリーランスで活動するのが現実的です。

有名になれば依頼数が増え、念願の高収入を得ることができるでしょう。簡単な道のりではありませんが、原型師を目指している方は働き方の1つとして独立も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

原型師の参考情報

平均年収300万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

原型師の関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB