グラフィックデザイナーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

グラフィックデザイナーになるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

グラフィックデザイナーになるために、資格や学歴は必要ありません。グラフィックデザインが好きで、本格的に勉強したいという人は誰でもなれる可能性がある職業です。未経験者でも採用される可能性がありますが、デザイン系の資格を持っていたり、専門学校で学習している人の方が有利です。また、グラフィックデザイナーには、コミュニケーション能力や強い精神力、オリジナリティのある発想力が求められます。本記事では、グラフィックデザイナーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

グラフィックデザイナーになるには何が必要?

グラフィックデザイナーになるために資格や学歴は特に不要

グラフィックデザイナーになるために、特別な資格は必要ありません。資格や学歴よりも実力と経験が優先される業界なので、誰にでもチャンスがあります。

実際、グラフィックデザイナーとして活躍している人の中には、全くの未経験から仕事をはじめ、実力が認められて一流のグラフィックデザイナーになっている人もいます。

無経験・無資格でもグラフィックデザイナーになることはできますが、就職や転職を有利に進めるためには、グラフィック系の資格を持っていたり、画像編集スキルを習得しておくといいでしょう。

グラフィックデザイナーに役立つ資格

グラフィックデザイナーになるには、関係する資格があると有利です。特にデザイン系の資格は自分のスキルを有利にアピールできるのでおすすめです。

例えば、Illustrator(R)クリエイター能力認定試験やDTPエキスパート認証試験に合格しておくことで、デザイナーとしてのスキルを認めてもらえるでしょう。

また、写真の編集技術も必要になるので、アドビ認定エキスパートやPhotoshop(R)クリエイター能力認定試験なども挑戦したい資格です。

グラフィックデザイナーになる3つの方法

グラフィックデザイナーになる方法は人によって違います。しかし、基本的には3つの方法に分類できるでしょう。

  1. 大学や専門学校でスキルを習得
  2. 独学でデザインを勉強
  3. アルバイトや派遣社員でデザイン業界に入る

グラフィックデザイナーになるポピュラーな方法は、大学や専門学校でデザインを学習し、グラフィックデザイナーとして就職する方法です。専門学校では、就職の斡旋も行ってくれるので、確実にグラフィックデザイナーになりたいという人におすすめです。

また、参考書やインターネットを使ってデザインを学習したり、アルバイトや派遣社員として広告制作会社に入り、グラフィックデザイナーとしてスキルを身に着ける方法もあります。どの方法が自分に適しているのかを見極めてから、進路を決定しましょう。

グラフィックデザイナーに年齢制限はある?

結論から言うと、グラフィックデザイナーに年齢制限はありません。現役時代に一流のグラフィックデザイナーとして活躍していれば、年齢を重ねてからでも転職できる可能性がありますし、フリーランスとして独立して成功した場合、退職後も仕事ができる可能性があります。

しかし、異業種から転職する場合、一人前のグラフィックデザイナーになるには時間がかかることや、専門学校などに通うことなどを考えると、なるべく早い段階でスキルを身に着けた方がいいでしょう。

また、未経験者の場合は育成の観点から考えても、若い人の方が採用される確率が高いということを覚えておきましょう。

グラフィックデザイナーに向いている人、適正がある人

オリジナルの発想力を持つ人

見た人を惹きつけるようなデザインを考案するためには、他にないデザインを創造する能力が必要です。確かに、既存のデザインからヒントを得て、新しい商品広告を作り出すこともありますが、ライバルに差をつけるような個性やデザイン力は欠かせません。

「これは新しい発想だ!」「こんなの今までなかった」と思ってもらえるようなグラフィックデザインを生み出すためには、日ごろから広告媒体に注意を向けて自分のなりの想像力を高めておく必要があります。

自分の個性と感性を活かしながら、全く新しいデザインを作り出せるように頭を柔らかい状態に保っておくのは重要なことです。

逆境に負けない向上心

一つのデザインが完成するまでには、何度も修正と改善が加えられます。時にはクライアントから厳しい意見を受けることもありますし、上司から叱られることもあります。また、自分の中では自信を持って提出したデザイン案があっけなくボツになることもあります。

そんな時、自尊心を失ってしまい、仕事に対する意欲を失ってしまうようではグラフィックデザイナーとして業務を続けることは難しいでしょう。逆境に面しても負けないメンタル力、継続的に努力を続ける精神態度はグラフィックデザイナーに必要なものです。

流行やトレンドへの感受性

グラフィックデザイナーとして成功するためには、流行やトレンドへの感受性が必要です。ユーザーがどのようなものを好んでいるのか、市場で人気のあるデザインの傾向などを見極めることができなければ、人目に留まるようなデザインを制作することはできません。

グラフィックデザイナーに直接関係することだけでなく、多方面にアンテナを張り、さまざまな業種から情報を収集して、インスピレーションを新鮮に保てる人はグラフィックデザイナーとして活躍できる可能性があります。

コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーとして信頼され、売れる商品を生み出すにはコミュニケーション能力が欠かせません。

自分の作りたいものを作る、自分がいいと思ったものをデザインする、という考え方ではグラフィックデザイナーとして活躍することはできません。クライアントの意向を正確に把握して、商品の特徴やターゲット層を明確にするためには、良質な意思疎通が必要です。

近年、人工知能の開発技術が発達しており、プログラムされたことであればロボットでもこなすことができるようになっています。注文されたことをその通りにする程度のことであれば、将来AIもこなすようになるでしょう。

グラフィックデザイナーの仕事が淘汰されないためには、デザインのプロフェッショナルとしての意見を上手に相手に伝える技術も必要です。

グラフィックデザイナーになるための学校や講座

大学または専門学校でスキルを習得

グラフィックデザイナーになる一番の近道といえるのが、大学や専門学校でスキルを習得する方法です。未経験者でも一からデザインの基本を学ぶことができますし、専門学校では同じ夢を持った仲間と学習できるのでモチベーションを高く保つことできます。

デザイン系に特化した専門学校であれば、最新の設備機器を備えていますし、大手の広告代理店とのコネクションがあれば、就職も有利に進めることが可能です。

4年制の大学に進学する場合、グラフィックに特化した学習を受けることはできませんが、一般教養を深く学習できるため、グラフィックデザイナーとして斬新なデザインを生み出す助けになることもあります。

また、大手の広告代理店は大学卒業生を優先して採用している場合もあるので、どちらが自分にとって最適化を考えて進学しましょう。

学校の選び方が大きな分かれ道に

大学か専門学校。どちらを選ぶにしても、しっかりと調査したうえで決定する必要があります。友達が行くから…という理由だけで決めてしまうと、イメージしていた環境と違い、途中で断念してしまうかもしれません。

最近はインターネットで情報を収集することができますが、やはり重要なのは自分の目で確認することです。実際に学校に行って、体験学習などを利用するといいでしょう。余分の時間を努力を払うことで後悔しない学校選びができます。

独学でグラフィックデザイナーになるには?

独学でグラフィックデザイナーになるのは簡単な道ではありませんが、不可能ではありません。計画的に学習してスキルを身に着ければ一人前のグラフィックデザイナーになることが可能です。

グラフィックデザイナーになるには、まずデザインの勉強が必要です。

  • レイアウト
  • デッサン
  • 印刷知識
  • カラーコーディネート

参考書やインターネットを活用して、上記のスキルを身に着けましょう。

また、デザインソフトIllustratorやPhotoshop、QuarkXPressなどの使い方を習得すれば、特別な学校に行っていなくても、グラフィックデザイナーとして採用してもらえる可能性があります。

グラフィックデザイナーになるには?まとめ

独自の発想力やコミュニケーション能力などの適性が必要

グラフィックデザイナーになるには、資格や学歴は不要です。オリジナリティあるデザインや人の目に留まるようなデザイン力があれば、誰でもなることができます。

しかし、クライアントの意向を正確に把握するためにはコミュニケーション能力が必要になり、失敗や挫折を乗り越えるためには、強い精神力が必要です。

基本的には、大学や専門学校でスキルを習得することになりますが、参考書やインタネットを使って独学でグラフィックデザイナーになることは可能です。

グラフィックデザインのことを深く知り、自分の感性を磨きたいと思っているのであれば挑戦してみるといいでしょう。

グラフィックデザイナーの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グラフィックデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB