ダンサーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

ダンサーの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

ダンサーの給与や年収は、フリーでステージに立つ場合や、ダンスインストラクターとして活躍する場合、経営者として独立しスタジオなどを経営する場合などで、大きく変わります。ダンサーはスポーツ選手と同様に体が資本の職業です。将来どのように仕事をしていく人がいるのかご紹介します。

ダンサーの初任給

初任給はいくらくらい?1ステージのギャラの相場は?

ダンサーと一口に言っても、バックダンサーやショーダンサー、ダンスを指導する立場であるインストラクターなど様々です。一般的な会社員の初任給は初めて就職した時の給料なので、1か月の労働に対するお金であることがほとんどだと思います。ステージに立つダンサーの場合、1ステージにいくらというギャラという形でお金をもらいます。

バックダンサーとしてステージで踊った場合、どんなアーティストについて踊ったのか、ダンサーのスキルや経験などによってギャラが変わります。日給でギャラが支払われた場合6,000円~10,000円程度が相場です。

コンサートのバックダンサーを務めた場合でも相場は3~8万円とバラつきがあります。また、コンサートに向けてのリハーサルも1回につき1~2万円ほど支払われます。アーティストについてツアーを回った場合、リハーサルと本番を併せてまとまった金額が支払われることになります。

インストラクターとして働くダンサーの初任給はフリーか、会社員かでも変わる

インストラクターの場合、雇用契約によっても異なりますが、フリーの場合1レッスンにつきいくら、生徒1人に対していくら、というような固定制・歩合制の契約が交わされます。

どこかの会社や団体でインストラクターとして働き、収入のメインにしているダンサーもいれば、副業としてインストラクターを行っている人もいます。フィットネスクラブやスポーツジムに社員として就職した場合、初任給は17~20万円が相場です。

専門学校卒か、4年制大学卒業か、ジムなどでアルバイトをしたことがあるかなどで、初任給が変わってきます。フィットネスクラブやスポーツジムに就職した場合、ダンス以外を利用者に教える業務がある可能性が高いですが、毎月決まった給料を受け取ることができる安定感もあります。

フリーでダンスインストラクターをする場合、給料には固定制と歩合制があります。固定制の場合、1レッスン5,000円~8,000円が相場です。大会で実績があったり、有名アーティストと共演したりするなどの肩書となる経歴がある場合、1レッスン2~3万円となることもあります。

歩合制の場合、生徒がどれくらい集まったかによって変わってきますが、レッスン単価の半分が収入となるケースが多いようです。例えば1レッスン2,000円で生徒が5人の場合、5,000円が収入となるわけです。

テーマパークで働くショーダンサーの初任給はいくらくらいか?

遊園地に行くと、パレードやステージなどでキャラクターと一緒に踊っているダンサーを目にしたことがあると思います。子どものあこがれの職業の一つともいえるでしょう。テーマパークで働くダンサーの初任給に関しては、各社はっきりしたことを公開していません。

推測できるのは、経験やダンスの技能などによって初任給が左右されるのではないか、ということです。テーマパークによってはダンサーを大量に必要とするため、ダンススクールや専門学校から一括採用することもあります。

ダンサーに限らずテーマパークで正社員として働く場合、初任給は18~20万円ほどが多いようです。テーマパーク内には接客業や総合職のほか、調理や機械調整などの専門職も必要とされます。専門学校卒業の場合と4年制大学卒業の場合とでは、やはり4年制大学卒業の方が多少優遇されるようです。専門的な知識・技術を生かして仕事をする場合、手当てがつくこともあるようです。

ただし、誰もが知っている大手のテーマパークと、地方にある小さなテーマパークに勤める場合では、大手に勤めたほうが初任給は高くなる傾向があります。アルバイトなど時給で働く場合、900~1,500円ほどが相場ではないか、という話もあります。

ダンサーの給与はどれくらい?

ダンスインストラクターの平均給与は正社員かフリーランスかで大きく変わる

ダンサーといっても活躍する場や、正社員か、フリーランスか、独立開業して働くかなどで給与はかなり変わってきます。フィットネススタジオなどでは地域性もあり、東京・大阪の都市部より地方の方が安くなる傾向があります。

ダンスの知識や技能を生かして、ジムやフィットネスクラブでスポーツインストラクターとして就職した場合、平均給与は20代で約17万円、30代で約22万円、40代で約28万円です。就業先によってはボーナスが出る場合や手当が出る場合もあります。

フリーランスでインストラクターをする場合、固定制・歩合制に分かれる

固定制で契約しているフリーのダンスインストラクターの場合、1レッスンでもらえる額の平均は5,000~8,000円です。

例えば1日3レッスン週3回行った場合、単純計算で1か月に36回レッスンを行うことになり、18万~28万8千円程度の収入が得られると推測できます。常連の利用者が増え人気クラスになれば、安定した収入を得ることができます。フリーのダンスインストラクターが歩合制の契約をしている場合、1レッスンにつき利用者がどれくらいいるかで収入が変わるので、その月によって異なります。

テーマパークで働くダンサーは時給で働く雇用形態のダンサーも多い

テーマパークで働くダンサーは正社員ではなく、時給で働く雇用形態の人たちも多いです。その時給や給与については公開されていないため具体的な数字はわかりません。

テーマパークで正社員として働いている人は1割ほどで、残りの9割はパート・アルバイト・契約社員です。契約内容によっては基本給にボーナスや手当がプラスされます。また、大企業であるか都市部の大人気テーマパークであるかなども給与に大きく関係しています。

ダンサーの年収統計はいくらくらい?

ダンスインストラクターとしてフィットネクラブやジムに勤めた場合の年収は?

ダンスインストラクターの年収は、フリーで活動する場合、波があることもあります。多くのレッスンを受け持った場合はそれなりに年収が増えると言えます。そのため、一概に数字を出すのは難しいでしょう。

ダンサーにかかわらずフィットネスクラブやジムに正社員として勤めた場合の平均年収は20代半ばで250~300万円、30代半ばで250~350万円、40代半ばで330~440万円とかなり幅があります。

また、ある程度年齢が行くと、現場からは退き役職についてお客さんに指導するインストラクターではなく、運営や総務になるケースも多いようです。地域性もあり、都市部で働いたほうが、年収が高くなる傾向もあります。

テーマパークで働くショーダンサーの年収はほとんど公開されていない

テーマパークで働くダンサーは時給や給与が公開されていないので、年収は推測しがたいです。ダンスを踊る技術の高さや覚えるスピード、今までの経歴なども加味されて年収の上下があることが予測されます。大企業のテーマパークを運営している会社の部長職などは、年収900万円以上になります。

ダンサーはある程度年齢を重ねるとインストラクターや経営に移行する人が多い

ダンサーはスポーツ選手と同様、体が資本です。健康管理は重要で、体に故障を起こした場合、ダンサーとしてステージに立てなくなる危険もあります。また、若いうちの方が体力があり、才能の芽が出やすいです。

将来のことを見据えてフィットネクラブやジムでインストラクターや指導をしたり、独立のためスタジオを設立や経営したりすることを念頭に置く必要があります。ステージで活躍するダンサーを引退して、インストラクターとして生徒を指導する立場になると、それまで積み上げてきた経歴や経験は、生徒を集めるための肩書となり信頼も厚くなります。

独立が成功して経営拡大し、数か所のスタジオを手掛けるなど経営が順調に行った場合は、高収入につながります。一生を通じてダンサーとして活躍するために、多角的に活動の場を広げていくことが要求されてきます。

ダンサーの給与・年収まとめ

ダンサーとして活躍するため、将来を見据えて引き出しを増やすと収入増につながる

ダンサーの給料は活躍の度合いによって大きく変わります。人気商売なので、けた違いな収入を得られる可能性がある一方、ステージやショーだけでは生活できないことも多いです。そのような場合、ダンスインストラクターなどの仕事を組み合わせて安定した収入を得る必要があります。

また、ダンサーは体が資本の職業なので、年齢を重ねるとスタジオやジムの経営など裏方に回ることも考えていくと、将来設計が見えてきます。

ダンサーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ダンサーの参考情報

平均年収250万円~450万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ダンサーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB