コンサートスタッフの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

コンサートスタッフの給与・年収は?初任給や支給されるボーナスはどれくらい?

音楽などのコンサートを作り上げるコンサートスタッフの仕事は職種や働き方が多種多様です。ステージを作り上げるためには多くの専門家が関わりますが、給与や年収はどれくらいでしょうか。また、日雇いのコンサートスタッフの給与の相場はどの程度でしょうか。

コンサートスタッフの初任給

コンサートスタッフの初任給は働き方が多様なため、統計を出すのは難しい

新卒で未経験だと、就職先によって給与はそれなりに低くなってしまうかも

ステージを作り上げる専門家の働き方はさまざまです。音響・照明など専門プロダクションに所属する人も多いですが、独立開業して個人で仕事を行っている人もいます。

制作会社に入ってそれぞれの分野を担当したり、コンサート会場・劇場に正社員として雇われている人も多いです。そのほか、コンサート以外の仕事ではミュージカルや演劇を行う劇団に所属して安定的に仕事を得る人もいます。

このように働き方が多種多様なので初任給の平均を出すのは困難です。下積みが長く厳しい職業であるため、正社員として就職しても中小企業であれば手取りは一般的な大卒などと比べて低くなる傾向があります。専門学校などの新卒の初任給であれば15~20万円程度に収まる可能性が高いです。転職の場合、経験やスキルによって25万円前後の初任給がもらえることもあります。

コンサートを成功させるにあたって、企画・運営段階はかなり重要になります。制作会社など企画・運営も任される会社であれば業務内容と責任が増える分初任給や給与が増える可能性も高いでしょう。

コンサートを支えるのは日雇いのアルバイトや派遣?時給や日給の相場とは

コンサートを作り上げるためには、多くの労力が必要とされます。ステージ設営を中心に行うのは専門学校などで知識と技術を磨いた専門家です。しかし接客や設営にあたっての力仕事など、指示を出してもらえば特にスキルが要らない業務も多く、アルバイトや日雇いの派遣などで労働力を確保することも多いです。

例えばアーティストのグッズなどの物販スタッフやお客様の誘導スタッフ、野外ステージなどでステージや会場を大きな機材を組み立てる場合の力仕事です。イベント当日の仕事であれば土日に出勤することも多いため、大学生やWワークしている会社員が働いていることがほとんどです。

アルバイトや派遣の場合の時給は地方によっても異なります。都心部を中心に高くなる傾向があり、ほとんどの地域で時給1100~1300円ほどに設定されていることが多いです。日給は8000~1万2000円程度が相場です。時給・日給での待遇が良く、任される仕事によってはアーティストのコンサートを間近で観覧できたり、作り上げられていく過程を目の当たりにできるため人気が高い仕事です。

しかし、シーズンによっては仕事がほとんどなかったり、派遣会社が比較的若い層を中心に採用していることもあって、安定した収入は期待しづらい仕事です。

コンサートスタッフの平均給与

ステージを作る専門エンジニアとして働くコンサートスタッフの給与とは?

照明や音響など、専門技術を用いて仕事をするコンサートスタッフの給与は、どこに所属して働くか、業務の範囲などによって異なります。

専門プロダクションの中小企業に勤めた場合や大手制作会社に勤めた場合でも大きく異なるでしょう。また、下積みが長い職業で、一人前になるまでは収入がなかなか上がらないことがあります。そのため年齢別に給与平均の統計を出すのは難しいですが、上下の幅としては月収15~50万円前後が多いのではないかと推測できます。

キャリアを重ねて責任と仕事を任されるようになれば収入は増えます。もしくは制作会社やプロダクションなどで経験を重ねた後独立開業して成功した場合、収入は増えるでしょう。

独立した場合機材のレンタルや運搬、費用の見積もりや請求書作成など雑務が多くなり「何でも屋」のような状態になることも多いようです。収入が上がれば忙しさもさらに増し、休みがとりづらいという声も聞かれます。

また、正社員としてではなく自分で仕事を取ってくる自営業の人や、契約社員として雇われている場合、シーズンによって仕事がほとんど入ってこないこともあります。そのため、1年を通じて安定した収入を得ることが難しい仕事でもあります。

コンサートスタッフの平均年収

音響・照明エンジニアの年収は雇用形態やキャリアでさまざま。肉体労働も多い

コンサートスタッフとして照明や音響の専門的なエンジニアで働く人の年収は、どの会社に勤めているか、どのような雇用体系か、経験年数はどれくらいかなどで大きく異なります。

そのため統計を出すのは難しいですが、多くの人が250~600万円前後の年収を得ているのではないかと推測できます。下積みの間は年収が低くなる傾向があり、体力的にも重労働で休みが少ないため生活費を補うための副業をする余裕がない人も多いようです。

専門職は独立開業して収入を得る人も多い!仕事の獲得状況によって年収が変化

照明・音響のエンジニアとしてコンサートにかかわる人の中には独立開業している人が多いです。独立した場合、人脈やつてを使ったり自ら営業するなどして仕事を取ってくる必要があります。

また、すべての業務を基本的に一人でこなすため、雑務が多くなる傾向があります。場合によっては何か月もまともに休みが思うように取れないほど多忙になってしまうこともあります。

独立開業した場合、1年間に依頼される仕事量によって年収が変化しますが、それでも300~600万円前後がボリューム層ではないかと考えられます。仕事の幅を増やすなどした場合、より多くの収入が期待できます。

照明や音響はステージを演出する仕事です。クライアントに依頼された内容以上の仕事をこなした場合は継続して依頼してくれる可能性もあります。また、演出方法にはセンスも必要とされます。自分しかできない表現力や技術を磨くことによって仕事を増せる可能性も秘めています。

専門家として呼ばれているだけに「わからない」「できない」では済まされない責任も伴います。収入にかかわらず、ステージを作り上げる楽しさや演出する仕事に情熱を燃やせる人しか続けられない職業といえるかもしれません。

大手劇団や劇場・コンサート会場の運営として正社員雇用されれば安定するかも

音響・照明エンジニアなどの専門職はコンサートスタッフ以外に、劇場や会場を運営する会社に正社員として就職したり、劇団に所属して公演のための演出を担当したりすることもあります。

日本国内で有名な劇団に舞台関係のエンジニアとして就職した場合、280万円~500万円前後の収入が見込めるようです。その後、仕事ぶりによって年収が増えていきますが、年功序列ではなく、能力によって収入が増減します。

大きい劇団や会社に就職することによって、月々の収入が安定したり、会社の業績によってはボーナスが出たりと良いことも多いです。一方で、舞台エンジニアの仕事は体力が必要で力仕事も多く、体を壊して仕事を変えざるを得なくなる人も少なくありません。

年齢を重ねた後に、現場から離れて運営などを中心に仕事をしたいと思っている人は、コンサートスタッフとして経験を積んだ後のキャリアをしっかりと考える必要があるでしょう。

音響・照明エンジニアなどの専門職が独立した場合、コネや人脈は超重要事項

音響・照明エンジニアとして独立開業した場合、同じ業界内の人脈やコネが多い方が仕事を多く獲得できる可能性が高いです。地方に拠点を置いた場合、イベントやコンサートの開催頻度があまり高くなく、毎年開催されるコンサートはすでに決まった業者に依頼していることも多いです。

いかに人脈を作り信頼関係を築いて、仕事を多く受注できるかが収入に大きくつながります。

できることが多いと仕事の幅が広いので収入が増えやすいかも

音響エンジニアはコンサートやイベント会場のみで役に立つ技術ではなく、テレビやラジオなどメディア関係や、音楽自体に親しみのある人であれば音楽関係のコンテンツ作成会社やレコーディング会社などでも需要があります。

ミキサーの仕事がこなせたり、楽器の演奏について知識が豊富な人は選択肢が広がるでしょう。コンサートスタッフとしての仕事が少ない場合は、選択肢を増やしてみることで収入アップが期待できるかもしれません。

コンサートスタッフの給与・年収まとめ

コンサートスタッフの給与・年収は職種や働き方によって大幅に変わる

コンサートスタッフの仕事は多種多様で働き方もさまざまです。どの専門分野で仕事をするのか、どの会社に勤めているかなどは給与や年収に差が出る大きなポイントです。

専門職は下積みが長く、給与が低くなる傾向があります。指示を受けることでこなせる仕事は、日雇いの派遣スタッフやアルバイトで人員を確保することも多いです。地域によって異なりますが、時給が良いため人気の仕事です。

コンサートスタッフへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

コンサートスタッフの参考情報

平均年収250万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

コンサートスタッフの関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB