音楽家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

音楽家の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

一般的にクラシック音楽の演奏を行っている「音楽家」。一流の音楽家になれば安定した収入、さらには高収入を狙えるといわれていますが、一体どれくらいの収入を得られる職業なのでしょうか?本記事では、職業が音楽家として活動した場合の給与・年収についてご紹介します。

音楽家の初任給

音楽家の初任給は約5万円

音楽家の初任給について調べてみたところ、約5万円前後が相場となっていることがわかりました。一般的な平均初任給は約20万円前後となっているため、音楽家の初任給は他の職種とは比べ物にならないほど低めといえるでしょう。

ちなみに、現在プロの音楽家として活動している人でも、最初はこのような初任給を得ていたようです。そのため、音楽家だけでは生計を立てることができないので、音楽家の仕事と掛け持つをしてアルバイトをしながらプロになるための努力を行っていたという人が多いです。

ちなみに、その場合のアルバイトは音楽関連であったり、逆に音楽とは全く関係のない仕事であったりなど、人によってかけ持ちをする仕事は異なるといわれています。音楽関連であれば自宅の一部を職場にして、音楽教室を開いていたという人がいました。

他にも、ホテルや結婚式場などで楽曲を演奏するアルバイトもあります。そのようなアルバイトを選ぶ人は、どのようなときでも音楽に関わることを心がけているのでしょう。

有名になるまでは収入が少ない

音楽家として安定した収入を得るには、知名度を上げて有名な音楽家になることが大切です。

他の職業であれば初任給でもなんとか生計を立てられるくらいの収入を得ることができますが、音楽家の初任給では生計を立てることが難しいので、音楽家を続けるのであればできるだけ早く安定した収入を得たいと考えることでしょう。

そのためには、まず知名度を上げて有名な音楽家になることが大切ですし、有名になれば出演依頼も増えるので、収入アップに繋がるといえるでしょう。ですが、知名度を上げるのはそう簡単なことではないので、それなりの努力が必要になります。

収入を上げるにはコンクールでの入賞が必要

上記では収入アップのために知名度を上げることが大切だとお伝えしましたが、一体どのようなことをすれば有名な音楽家になることができるのでしょうか?

音楽家として知名度を上げる方法について調べてみたところ、積極的にコンクールへと出場して、できるだけ良い成績を収めることが有名になる方法だといわれています。

というのも、コンクールで入賞する難易度はとても高く、一般人の想像を超えるほど厳しい鍛錬が必要だといわれています。そんなコンクールで優勝することができれば、一流の音楽家として認めてもらうことができるので、知名度を高めることにつながるようです。

また、コンクールに出場する度に良い成績を収め続ければより知名度が上がり、有名なプロの音楽家として世の中に認めてもらうことができるでしょう。

しかし、先ほどもお伝えしたようにコンクールでの入賞は難易度が高く、努力を続ける根気と厳しい鍛錬に耐える精神力が求められるので、本気でプロを目指すのであれば信念を持つことが大切です。

音楽家の平均給与

音楽家の平均給与は約30万円

音楽家の平均年収について調べてみたところ、約30万円前後が相場となっていることがわかりました。

最初は音楽家とアルバイトのかけ持ちが必要になる場合がありますが、ある程度知名度が上がり、定期的に仕事を受けることができれば、音楽家だけでも生計を立てられる収入を得られるようです。

しかし、同じ音楽家でもソロで活動する人とオーケストラ団員として活動する人とで収入は異なるため、ご紹介した平均給与はあくまでも目安となる金額です。それぞれの平均年収については以下で紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

所属する音楽事務所によって給与が異なる

ソロで活動する音楽家のほとんどは、音楽事務所に所属しているといわれています。

音楽事務所に所属している場合、出演料から経費と源泉税を引いた金額が音楽家の給与になります。つまり、仕事の依頼が少なければ自分の取り分も少ないということになるので、場合によっては上記で紹介した平均給与以下の収入になる可能性があります。

ちなみに、音楽家の給与は所属する事務所によって異なるといわれているため、自分の知名度は高くても事務所の知名度が低ければ仕事を増やすことは難しいでしょう。しかし、有名な事務所であれば仕事の依頼数も多く、安定した収入を期待できるといえるでしょう。

そのため、将来音楽家を目指していてソロ活動を検討している人は、所属する事務所選びは慎重に行うことが大切です。契約する前にしっかりと事務所の下調べを行い、納得できる条件を提示してくれる事務所に所属してみましょう。

オーケストラ団員の場合は給与が固定されている

オーケストラ団員にプロとして所属している人の場合、ソロ活動を行う音楽家とは異なり、毎月の収入は固定給となっていることがわかりました。オーケストラ団体にはさまざまなところがありますが、固定給の平均は約40万円前後となっているところが多いようです。

固定給なので月によって収入が変わる心配がありませんし、安定した給与を毎月支給してもらえるので、音楽家として納得できる収入を得たい人は、オーケストラ団員に所属することを目標にするとよいでしょう。

ちなみに、オーケストラ団員として名楽器の演奏者を務めることができた場合、給与額の1割が手当として支給されるといわれています。この手当はどの団体でも支給されるといわれているため、名楽器の演奏者を目指してみてはいかがでしょうか?

音楽家の年収統計

音楽家の平均年収は約400~500万円

音楽家の平均年収について調べてみたところ、約400~500万円前後が相場となっていることがわかりました。日本の平均年収は約400万円といわれているので、比較しても音楽家の年収はやや高めといえるでしょう。

しかし、音楽家としての経験と実績が豊富な人は、平均よりも高い年収を得ていることもあるようです。そのため、音楽家を目指している人は業界でたくさんの経験を積むことはもちろん、積極的にコンクールに出場して良い成績を収めながら実績を作ることを意識するとよいでしょう。

一流の音楽家になれば高収入を得られる

プロの中でも一流と呼ばれる音楽家になることができれば、ご紹介した平均年収よりも高収入を得ることができるといわれています。なかには年収が約900万円という人もいますし、有名なNHK交響楽団で経験を積んで、約1,000万円以上と高額な年収を得ている人もいるようです。

音楽家として満足できる収入を得るのは簡単なことではありませんが、日頃からしっかりと努力を行っていれば実績が認められ、収入アップにつなげることができます。また、実際に音楽家として高収入を得ている人もいるので、根気強く頑張ることが大切です。

音楽家の給与・年収まとめ

音楽家の給与・年収レベルは実績次第。一流になれば安定した収入を得られる

クラシック音楽を演奏して活動を行っている音楽家ですが、実績がある場合は日本の平均年収と比較すると給与・年収レベルはやや高めとなっていることがわかりました。しかし、音楽事務所に所属するか、オーケストラ団員になるかで、毎月の収入が異なります。

オーケストラ団員になれば固定給ですが、音楽事務所の場合は出演料から経費+源泉税を引いた金額が収入となるので、仕事が少なければその分収入も少なくなります。そのため、安定した収入を得るのであれば、オーケストラ団体への所属がおすすめかもしれません。

また、一流の音楽家になれば高収入を狙うことも可能です。しかし、そのためには根気強く頑張り続けることが大切なので、日々努力を行っている方であれば年収1,000万円を狙うことができる夢のある職業と言えるでしょう。

音楽家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

音楽家の参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

音楽家の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB